Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

アールビバン株式会社2016年度内定者 第1回熱烈!内定者インタビュー

こんにちは。アールビバン2016年度内定者の小峯一徳です。
昨日は2016年度内定者である清水・小泉・小峯・設楽・茂木で集まり、新宿のうどん屋で17卒向けのインターンシップについての会議をしました!

数時間に及んだ会議の中で、途中リフレッシュを兼ねて就職活動をする中で感じていたことをインタビュー形式にして内定者のみんなに質問をしてみました!
インタビュアーは僭越ながら私、小峯が努めさせていただきました。

小峯「第一回熱烈!内定者インタビューということで、みんなにいろいろ聞いちゃいますねー!」

Q.1 就職活動全体への不安
小峯「じゃー質問したいんだけどみんなは就活していてどんなことが不安だった??」
茂木「自己アピールとか自己分析とか、うまくできるかといかく不安だったな・・自分の学歴がすごくコンプレックスだったわ」
清宮「私は音大卒だったから、専門的な分野でしかやっていけないんじゃないかな~ていう不安があった。。。」
小泉「途中から一社に絞ったから落ちたらどうしようって不安はあったな。」
小泉「でも、それが自分にとって良かったのかもしれない。一本に絞ることでアールビバンに専念できたし、本気になれた感はある。」
小峯「学歴よりも人!っていう雰囲気有るじゃん、実際就活してて周りの奴らとか見ててもあんまり学歴関係ない感はあったね。一概には言えないけど」

Q.2 アールビバンの雰囲気
小峯「アールビバンって会社はどんな会社だと思う?」
設楽「とにかくみんな目標を持ってるよね、仕事に対して全員が情熱を持ってる。」
清宮「みんな仲良くて和気藹々してるよね、仕事やらされてる感がまったくない!」
小泉「内定者同士も仲良い。いやな奴が一人もいないな。」

Q.3 アールビバンの選考の流れ
小峯「みんなどんな感じに選考進んだ?」
茂木「面接が3回あって、メンターとの面談が数回あったかな。面談で自分の経験とかやる気を語るvisibiliteを作ったな。いわゆるただの自己分析とは違ってアールビバンのことを理解してほんとに自分に合ってるかってのを見極められる!」
小泉「人によって進み方はそれぞれだよな。4月に決まったやつもいるし」
小峯「俺半年かかった。だけどその分アールビバンのこと知れたし、社員の人と絆を深められたと思うし、選考過程自体がいい経験になった。」

Q.4 アールビバンに決めた理由、決め手
小峯「最後に聞きたいんだけど、みんななんでこの会社に決めたの?」
小泉「俺は経営理念に共感したからかな。情熱に心打たれたよ。」
設楽「矛盾がないよね、会社のやっていることと理念に。私の場合は、それに加えて絵が好きだったからって感じかな!」
小峯「俺は、人かな。目標になる人ができたから」
茂木「両方かな。理念のスケールのデカさに衝撃を受けて共感したし、社員の人の誰を見てもかっこいいって思った!」

まとめ
小峯 「以上でインタビューはおしまいです。僕もみんなのことを聞けてなんか新鮮でした。アールビバンのインターンシップは営業やマネジメント全般のことについて深く学べる充実した内容になっているので17卒の皆様、是非足を運んでみてはいかがでしょうか?」

112927ac db30 42d4 95ac 2c47b82bb07f

Page top icon