【SESの誇り】圧倒的臨場感の中で戦うPL

こんにちは、アジアクエストです!

システムエンジニアリング課(SE課)のサブマネージャー兼 現場のPL (プロジェクトリーダー)である
片岡さんにインタビューをしてきました!

「アジアクエストのことちょっと気になるかもしれない」
「この人と一緒に働いてみたいな」と思ってくださった方、
是非画面下に表示されている"話を聞きに行きたい"ボタンを押してみてください☕
コーヒーを飲みながら まずはカジュアルにお話しましょう!


ITコンサルティング部 システムエンジニアリング課 サブマネージャー/3Gリーダー
片岡 資博 (かたおか もとひろ)
2016年8月にアジアクエストに入社
趣味は筋トレとゲームで、身体と頭脳の両方の鍛錬を怠らない。


■ これまでの経歴を教えてください

元々は北海道の大学で教員を目指して勉強していましたが、
「色んな価値観の人が集まるところで生活したい」「最新技術に触れたい」
という気持ちが強くなり、東京でシステム開発をしたいという憧れが強くなりました。

それで、思い切って大学卒業目前で家出しました。時間がもったいなかったので(笑)
最初は家も土地勘もない状態でスタートしましたが、
生き抜く気持ちと成功する確信があったので問題なかったですね。
その後色々あって1社目からシステム開発の会社に入ることができて、
そこで2年間の修行をした後にアジアクエストに入社しました。


■ 現在の仕事内容を教えてください💻

入社してからほとんどずっと、お客様先でコールセンターで使用する
CRMシステムの開発と導入支援をしています。
平林さんと同じ案件です!

平林さんの記事はこちら ↓


僕は導入支援の方をメインとして取り組んでいました。
始めはお客様先の社内で知名度ゼロの状態からスタートしましたが、
今では社内の標準システムとして確立するまでになっています。
また前任から引き継いで、今は現場のPL (プロジェクトリーダー)として
さらなる導入支援や開発を進められるように動いています。

社内では今年からサブマネージャーになり、
特にSESで出ているメンバーがパフォーマンスを発揮できるよう
個々のフォローをしたり、営業活動のサポートも行っています。
僕は物理的に離れたところにいますが、マネージャー同士密に連携しながら仕事ができていますね。


使用している社内システム

・Slack(コミュニケーションツール)
・Mattermost(コミュニケーションツール)
・Redmine(課題管理)
・Team Foundation Server(進捗管理)

使用している技術

・C#
・WPF

役割、立ち位置

現場:プロジェクトリーダー
社内:サブマネージャー


■ 働く中で意識していることはありますか?

実は他の方のインタビューもしっかり見ていまして、みんなと大体被っているんです(笑)
企業文化が出てるなーって思いますよ。後になればなるほどユニークなのを出すのが厳しいです……
とはいえこういう時まだ出ていなそうなことを言いたいタイプなので、
いい感じなのを2つチョイスしますね!

1つ目は、「自分は最高の才能を持っていると思うけど、まだ完成していない」と思うことです。
僕は自分の潜在能力に疑いがなくて、やればなんでもできると思っています。
でもそれと同時に今自分が完成しているとは思っていないので、
いつもチャレンジする仕事を取りに行くスタンスでやってます。

2つ目は、「楽しめる環境・雰囲気を作る」ことですね。
仕事って人生の中でも多くの時間を占めるので、楽しめないと非常に損しますよね。
なので自社のメンバーだけでなく、お客様も巻き込んで
「アジアクエストと仕事をすると楽しい!」と思ってもらえるような雰囲気作りを心がけています。
数値で見える成果だけじゃなくて、「一緒に仕事をして楽しい!」と感覚に訴えかける成果を
両立してこそ本物だと思うんです。


■ SESの良さを教えてください👜

一番は、臨場感を持って仕事できることだと思います。
取引先のお客様、ユーザー、行った先の組織の良いところも痛みも常に近いところにあるので、
自分たちがなんとかしなければという当事者意識を持ちながら仕事ができるし、
仕事をやりきったときの感謝もダイレクトに伝わります
僕はその臨場感が好きだからSESを長くやっていますね。

あとやはりいろんな人と関わることができる点ですね。
過去お客様先で一緒に仕事をした方の中で、退場した後でも連絡を取り合っている方とか結構います。
そういった関係をたくさん構築していくと、いずれお互い困ったときに助け合える瞬間が来るんじゃないかなと思っています。


■ アジアクエストに入社した理由を教えてください💻

外に出ている情報と、その場の雰囲気のパワーがあまりにも強かったからですね。

まず最初に運命を感じたポイントは、当時転職エージェントで働いていた友達からの紹介でした。
転職の相談をする度に「アジアクエストっていう面白そうな会社があるよ!」って言われたんです。
彼が名指しで強く推すことは珍しかったので驚きました。
このように外に出ているアジアクエストについての情報にパワーがあったから、
惹かれるものがあったのだと思います。

その後実際に面談に挑んだとき、社長の桃井さんと社員さんたちのパワーに圧倒されました。
先に話した特殊な経歴も全部話したのですが、それも全部受け入れてくれたので
その場で強く入社したいと思いました。
ただあまりに圧倒されすぎて、経験とスキルの足りなさを痛感して
その日は「出直してきます!」といって退出したんです(笑)
採用されるまで何度もやり直す気満々でしたが、オファーが来たときはびっくりしましたね。


■ 実際アジアクエストに入社してみてどうですか?

前職でもずっとお客様先で仕事をしていましたが、
会社が評価されることは一度もありませんでした。
それがアジアクエストに入社してからは、
会社としての個性が評価されるようになったことが一番印象的ですね。

期待値以上の成果が出せるとか、技術力が高いとか、はっきりとした理由もあります。
でも一番は、面談のときにも感じたアジアクエストのパワーを
お客様先でも表現できているからだと思います。
成果はもちろん出すけど、不思議と感覚に訴えかけるような何かがある。そんな会社です。


■ 一緒に働きたい人の特徴を教えてください

まず来てください!最初は入社する気がなくてもいいです。
これまで何回も言ってきたパワーを感じてもらうことからだと思います。
カジュアル面談でも世間話でもなんでもオープンな会社なので、
実際に来て、それでいいなと思っていただけた人と働きたいですね。

はっきりとした特徴をあげるなら…人のために動ける方と働きたいです。
アジアクエストの社員はみんな個性的ですが、いつもお客様や周りのメンバーのために動いています。
いや、愛していると言った方がいいかもしれません笑 それくらいの熱量です。

とにかくまずアジアクエストに来てみてください!


いかがでしたでしょうか?

PM (プロジェクトマネージャー)やPL (プロジェクトリーダー)として働きたい方、
片岡さんのような方と一緒にチームで働いてみたい方、
是非こちらの採用サイト、もしくはWantedlyの求人一覧からエントリーをお願いします!



皆様のご応募お待ちしております!

アジアクエスト株式会社's job postings
【SESの誇り】圧倒的臨場感の中で戦うPL
Nana Kuratomi
アジアクエスト株式会社 /
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more