1
/
5

ユース生インタビューvol.12 林 飛鷹


みなさんこんにちはー!

株式会社アスナロで広報担当をさせていただいている明石です^^

今回はユース生インタビューvol.12ということで、

11月にアスナロにジョインしてくれた林飛鷹くんにインタビューしましたので、

そのインタビュー内容を書かせていただきます!!

まず初めに、自己紹介をお願いします。

大阪府出身、近畿大学の経営学部1回生の林飛鷹です。

僕は、中学校、高校と6年間剣道部で剣道をしていました。

現在は大学で経営学を学びながらアスナロでCA/マーケ部署でユース生として

長期インターンをさせていただきながら、アルバイトでは塾講師をしています。


アスナロに入社したきっかけと経緯を教えてください。

元々インターンには興味がありましたが、業界や業種に関する知識もそれほどなく、

どの企業のインターンに参加したらいいのかがわからず

結局何もしないまま時間だけが過ぎてきました。

そんな時、バイトの先輩の東畑響さんにアスナロを紹介していただきインターン生として入社しました。


アスナロの社員とユース生の印象を教えてください。

入社前は、ユース生は年齢が僕と少ししか変わらないので、

部活の先輩って感じやと思っていたんですが、

入社してみると2、3歳しか変わらないとは思えないぐらいの「実力の差」を感じて、

今は先生っていう感じが強いです。尊敬できる先輩方ばかりで早く僕もそんな風になりたいです。笑

社員さんは入社前からすごい人っていうのは伝わってきていたんですが、

何かが起こったときに注意している感じであったり、

初めて面談してくださった明石さんなど僕にも結構マメに連絡をくださったりしている感じから

「ユース生にも敬意を持って接してくださってるな」っていう印象が強いです。


現在の仕事内容とその仕事に対するやりがいを教えてください。

今はCA/マーケという部署でマーケティングをさせていただいています。

LINEを使って学生の方に新しいインターンなどの情報を提供する仕事をしています。

そこの僕の上司の石松雅生さんが本当にすごい人で、

雅生さんもすごい量のタスクを抱えているはずなのに、

忙しい中僕に仕事のフローや、指示などに時間を割いてくださっていて、

僕も早く「雅生さんみたいになりたい!!」と考えると、仕事をしている時もワクワクします。


最後に、サプライズバリューの意味と体現したエピソードがあればお願いします。

僕が思うサプライズバリューは

「その立場の人には求められていないことまでする」ことだと思います。

僕自身はそこまでできていたのか考えたことはないですが、僕の高校時代の顧問の先生は

「普通、教師はそこまでしないだろ!!」ていうようなことまでしてくださりました。

毎日毎日「勉強にクラブ・私生活・礼儀作法・対人関係」などのたくさんのことを指導してくださり、

僕の意見を心の底から受け入れてくれて、ここまでするのが大切なんだと感じました。

求める以上のものを人からしてもらえた時の幸福感は半端ないので

僕も一人でも多くの人にサプライズバリューを体現できるように頑張ります!!

林飛鷹くんありがとうございました!!!

1回生から行動できるのは本当に素晴らしいことですね^^

これからもアスナロで大きく成長してくれることを期待しています!

株式会社アスナロ's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more