1
/
5

だから開発は面白い〜3社合同アスニカハッカソンを開催!〜

皆さま、こんにちは。
アスニカPRチームの長谷川です。

先日の3/8(金)に、第二回アスニカハッカソンを開催しました。

↓ちなみに第一回の様子はこちら


しかも今回はワンスターさん、スタークスさんも参加しての3社合同!!!
めちゃくちゃ豪華です…!
さてその模様を簡単にご紹介しちゃいます。


そもそもハッカソンって?

【英】hackathon
ハッカソンとは、同じテーマ興味を持った開発者集まり協議協力しながら集中的にコーディングを行う催しである。ハッカソンという言葉は、ハックhack)とマラソンmarathon)を組み合わせ造語とされる
ハッカソンは、プログラマー個人作業になりやすいプログラミングを、大人数で賑やかに行う点に特徴がある。短時間集中して開発を進めることで、スキルの向上が促されたり意見出し合いながら進めることで、新しアイデア発見が得られたりといったことが期待できるという。

ハッカソンはプログラマー祭典として、あるいは、研修活動などとして行われる例えGoogleは、エンジニア研修として社内でハッカソンを催すことがある紹介している。



今回も優勝したチームには豪華な景品が用意されています。
そう、社内の人間でさえも、今日だけは絶対に負けられない!!!!!!!!!!!!!!



昨年の11月末にはハッカソンの開発合宿を開催してました👨‍💻👩‍💻

ようやく発表される時がきたんですね…!
楽しみです!



当日のタイムテーブルはこんな感じ。

18:40~18:50 挨拶

19:00~19:30 セミナー発表
 ・4名(各10分ほど)

19:30~19:40 休憩

19:40~20:40 ハッカソン発表
 ・4チーム
 (各チーム15分目安)

・優勝チーム発表(原戸さん)


セミナー発表スタート!

前半戦はエンジニアチーム・PRチームと、それぞれのセクションの代表者がこれまでに参加してきたセミナーの内容、学びを発表する時間です。
今回はワンスターの川島さんも発表してくれました!


エンジニア兼PRチームの斉藤からは「MEGURO. DEV 一周年LT大会」へ参加してきた際の内容とその感想を発表。



ワンスターの川島さんからは「テストコード未経験者がRailsでそれなりにRspecが変えるようになるまでの話」のセミナー内容を共有してもらいました。



引き続き弊社エンジニアチーム坂口からは「Google Apps ScriptでWebアプリケーション開発」してみよう、というセミナー内容。



そして最後、PRチームの渡辺からは、弊社の新サービスでもあるRPA業界の最新動向を共有してもらいました!とても面白かったです!


非エンジニアの私にとって、エンジニアさん向けのセミナー内容は殆どちんぷんかんぷんでしたが、外でインプットしてきた内容を、改めて自分で資料にまとめ、自分の言葉にしてアウトプットしていく作業ってこういった機会がないと中々できないと思います。📝



さてお次はいよいよメインコンテンツ…

アスニカハッカソンのプレゼン開始!


1組目はアスニカ坂口×スタークス鵜殿さんチーム!

発表テーマ:【スマートスピーカーを使ったアンケートアプリを開発してみた】

お小遣い稼ぎなどでも利用されるアンケートアプリ。それをスマートスピーカーでやっちゃおう!というもの。
スマートスピーカーにすることで入力する手間が省ける遠く離れたところからでも利用できるんです。


スマートスピーカーに話しかける坂口。

確かにこれだと家でテレビを見ながら、家事をしながら、、、などどうしてもスマホが見れない時や手が離せない時に気軽にアンケートができちゃいますね!




2組目はアスニカ佐藤選手!

発表テーマ:【プロジェクトマッピングを作ってみた】

佐藤はチームラボの展示に行った際、プロジェクトマッピングの映像にとても感動したみたいです。
そして何よりも、自分で作れるようになるとワクワクするのではないか!と思い立ち、今回の開発に至りました。

その映像が(一部ですが)こちら。

BGMもあいまって幻想的でした!
オフィスの大きい壁で見たかった!




各々の発表後には鋭い質問にも答えていきます…!
ここでどう切り返せるかも、肝になってきますよ!(笑)





3組目はアスニカ原田選手!

発表テーマ:【Unityを使って2D/3Dゲームを開発してみた】

皆さん一度はゲームを作ってみたいと思ったこと、ありますよね?」
そう言い放ちプレゼンを始めた原田。
いや、あるけれども!!!!!!笑

今回はUnityを使って実際に4つの自作ゲームを開発してきてくれました。
原田のデスクからたまに陽気な音楽が聞こえてきてたのは、これだったのか、と納得(笑)







4組目は、ワンスター千葉さん・川島さん×スタークス福傳さんチーム!

発表テーマ:【GASを使ってGmailとChatworkの連携をしてみた】

最終グループはワンスターさん×スタークスさんの発表。
GASを用いてGmailとChatwork間で自動送受信できるようにしたとのこと!
自分たちの日々の業務を振り返ってみて、「ここがこうなったらもっと便利なのに…」と思っていたことを開発してきてくれました!

自分たちの手でいかようにも業務効率化の仕組み作りができるエンジニアさん、本当に尊敬します。




さて、全チームの発表が終わりました。
審査員は代表の原戸、広報である渡辺、そしてわたくし長谷川です!!
ハッカソンは技術力の高さだけではなく、完成度の高さ、サービスの面白さ、そして実際にビジネスとして成り立つか?など様々な視点から審査していきます。



結果発表٩( 'ω' )و

さて、審査も終わり最後に原戸から、第二回アスニカハッカソンの総評と優勝チームの発表をしてもらいます…。









はえある優勝チームは……………


【スマートスピーカーを使ったアンケートアプリ】を開発した

👨‍💻🥇アスニカ坂口×スタークス鵜殿さんチーム!🥇👩‍💻


スマートスピーカーを持って記念撮影(笑)

いえーーーーーい!やったね!!!!!!!!!!
おめでとうございます🙌🎉

優勝チームには豪華なプレゼントが贈られます!!!!!!
この2人の見事な笑顔たるや!

みんな、本当に頑張ってましたもんね!!!!




どのグループ、メンバーもみんな、「これができたら楽しいよね」「こんなのが実際にできちゃったら、やばくない?」と、"ワクワク"を追求している姿勢がとても印象的なハッカソンでした。

また今回は、ワンスターさん、スタークスさんも交えてのハッカソンでしたが、今後はもっともっと色んな企業様とも是非合同でやりたいなと思っております!
こうして輪が広がれば広がるほど、生み出されるサービスはより幅広く、面白いものが増えるのではないでしょうか!

興味のある企業様(エンジニア、採用、広報の方どなたでも)がおりましたら、TwitterのDMからなどお気軽にご連絡くださいませ!
一緒に、開発する楽しさと、世の中をハッとさせるサービスを創り出して行きましょう!




また、引き続きエンジニアの方も募集中ですので、ハッカソンの発表テーマが気になった方やアスニカでエンジニアとして活躍したい!という方などなど、エントリーお待ちしております!

Webエンジニア
開発への情熱と好きが止まらない仲間と一緒に働きませんか?|Webエンジニア
アスニカでは「明日に繋がる架け橋をつくる」をミッションに掲げ、以下の事業を展開しています。 ◆EC特化型RPA「FULLTIME」 ◆ECの受託システム開発 【RPAとは?】 RPAとは、ロボットによる業務自動化(Robotic Process Automation)の略で、少人数で生産力を高めるための手段の一つとして、現在ではさまざまな業種、業界で導入が進んでいる。 【EC特化型RPA「FULLTIME」】 FULLTIMEは、EC通販運営によくあるパソコン業務を自動化することに特化したRPAツールです。受注処理や注文変更などの定型業務はFULLTIMEで開発したロボットが自動処理することで、EC担当者の皆様が「人にしかできない仕事」に注力できる時間と環境を作れます。 ##FULLTIMEについて https://full-time.info/ <FULLTIME メディア掲載実績> ▶︎通販新聞 「アスニカ、単品通販専門のチャットボット開発…23日から無償β版公開」 https://www.tsuhannews.jp/61077 ▶︎ECのミカタ 「単純作業はロボットにお任せ!EC事業向けRPAチャットボット登場」 https://ecnomikata.com/ecnews/21404/ ▶︎[ RPA HACK ] 2019年版RPAカオスマップに掲載されました https://rpahack.com/rpa-caosmap-2019 【EC受託システム開発】 通信販売(EC)のシステム開発を中心に、アプリ開発や基幹システム構築、保守などのビジネスソリューションを提供しています。幅広い業種のクライアント様に対応。
アスニカ株式会社
アスニカ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
アスニカ株式会社からお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?