【出展してみた】俺たちは特化型サービスで勝負する!

皆さま、こんにちは!
アスニカPRチームの長谷川です。

5月8日(水)〜5月10日(金)の3日間、東京ビックサイトで開催されたJapan IT Week 【春】第7回 通販ソリューション展にFULLTIMEが出展いたしました!



今回は会社として初めての出展であり、準備から当日の営業まで何もかも手探りで進めて参りましたが、この3日間たくさんの方々にご来場いただき用意していたチラシも全て配りきれました!
私たちのサービスに興味を持ってお話を聞いて頂いた皆さま、資料やチラシを手にとってくださった皆さま、本当にありがとうございました。


今回のフィードでは、出展までの準備や流れ、当日の様子などをご紹介させていただきます。
あくまで「アスニカの場合」にはなりますが、もし今後イベント出展を検討している担当者様の参考にでもなれば幸いです。
特に「社員10名以下のベンチャだよー!」「初出展!」「うちはまだまだ駆け出しのサービス!」などに該当するご担当者さんは要チェックです!


|Japan IT Week 通販ソリューション展に出展申込(2018年11月)

通販ソリューション展には、昨年の11月下旬ごろに申し込みました。
なんとこの申し込みの時点では、、、、、、
まだサービス名も決まっていませんでした。(!!!!)

そしてシステムも完成していませんでした(ひょえー)
びっくりですよね。笑
翌年3月にはサービスをリリースする計画は立っていたとはいえ、名称すらも決まっていない段階で展示会への出展を決めたのは会社としても大きな決断でもありました。





|サービス名決定。「FULLTIME」βテスト版をリリース(2019年1月〜)

1月に入り、ようやくリピート通販専用RPAチャットボット「FULLTIME」というサービス名が決まりました!
この時期はティザーサイト作成やリリース作成、テレアポ用リスト作成などで手いっぱいに。




展示会準備 取り掛かり(2019年2月〜)

2月に入り、本格的に展示会準備に動き始めました。
まずはブース設営の業者選び。
3~4社の業者さんの選定作業を進めていきました。
そして最終的には3月上旬で1社に絞り、ブース設営業者が決定!



|FULLTIME、ついに本リリース。そしてひたすら招待券を送る(2019年3月〜)

さて!ついにFULLTIMEも本リリースとなり、営業での外回りも増えてきました。
そんな中、開催側から3000枚もの招待券が届く。。。。
いやぁ〜3000枚はえげつなかったです。
招待券はテレアポをした会社に毎週毎週送るようにしていたのですが、この送付作業が準備の中では一番地味にきつかったです(笑)
会社のエントランスにも招待券を置いていました。



|展示会で使用する備品、資料などの作成・調達(2019年4月〜)

4月に入ってからは展示会のブース図面作成、パネルデザイン・社名版デザインの作成、チラシ・資料の作成、オリジナルTシャツの発注やブースで使用する備品(商談用机やチラシを置く棚、布や梱包用のプチプチ、運搬用のレンタカー手配…などなど)の調達作業を着々と進めていきました。
あとは3日間のシフト調整や、デモ画面を来場者の方にお見せするための準備などなど。
FULLTIMEの営業活動と並行して行なっていたため、4月は光の速さで過ぎ去っていきましたね…。


また、出展お知らせのプレスリリースをWorkMasterさんやRPA BANKさんにも掲載していただきました!




<さてここでFULLTIMEのブースデザイン紹介>

FULLTIMEのロゴカラーに合わせてブースは赤一色!
床も壁も真っ赤です。
そして光るパネルと社名版!!!(ドンっっっ!!)

まだまだ認知度の低いサービスであるのと、来場者の方からは見えにくい位置、且つ小さいスペースというのもあり、いかに皆さまに印象付けれるかを考えた結果、赤一色のデザインにしてもらいました。
使っている色(基本的に赤と白)を最低限にとどめているのでそこまで奇抜な感じでもなく、しかし存在感はしっかりと出せていたのではないかなと思います。


パネルと社名版に関しては、社内広報チームでデザインしました。
「その手作業、自動化できます」というキャッチーコピーを大きく見せることで多くの方々の興味関心を引き出すことができました。


社名版に関しては、会社名よりも我々のサービスの特徴を覚えて欲しかったのでターゲットの方々に刺さりそうなキーワードを強調したデザインに。
当初は「情報量が多すぎたかな…?」と不安にも感じましたが、これが意外にも社名版に書かれている内容を読もうとしてブース前で歩くスピードを落とす方が多く、そのタイミングでお声がけするチャンスが増えました。

やはり光っているパネルや社名版は普通のパネルよりも目立つことができ、効果的でした。
超オススメです!



|GW明け…展示会スタート!

展示会期間中の3日間は、素晴らしい晴天に恵まれました。


開場してからしばらくは、来場者の方が思わずチラシを手にとってしまうような配り方などを全員で試行錯誤して行っていました。
しかし元々目立ちにくいブース位置だったのでそもそも人が通らない…。
そこで「なるべく大きく、トーンは高めに遠くまで通りやすいように」ということを意識して声出しを積極的に行うことに!

声出しでは「どのキーワードが一番刺さりやすいか」などA/Bテストを繰り返し行った結果、一番反応が良かったのは「通販専用のRPAです」でした。(結局はシンプルで端的なのが良し!)
”RPA”でFULLTIMEに目線を向けてくれる方が多く、徐々にRPAへの関心度が高まってきているのを実感しました。


ちなみに、RPA HACKさん、RPA BANKさんにイベントレポとしてFULLTIMEのご紹介もしていただきました!ありがとうございます!




そして当日は、社長や開発を担当しているエンジニアメンバーも参加。
なにせ全員で7名の会社なので総動員です。
全員営業」という、ベンチャーならではの素晴らしい経験でした。
(ちなみにオフィスには常に1人が在席するようにシフトを組んでいました。)

4月に新卒として入社した神名(写真右)も積極的に声かけやお客様への説明などを行ってくれて、何もかもが初めてで、戸惑うことも多かったかと思いますが、3日間、本当に本当に頑張ってくれました。
ありがとう!!!



|そして迎えた最終日

(斉藤の変顔はあえてです…なぜかカメラを向けたらやってくれました。)

展示会が終了する5分前の写真。
疲労と達成感の表情が垣間見えますね(笑)

3日間、ずっと立ちっぱなし、声も出しっぱなしだったので正直とても疲れました。
しかしブースにはTwitter経由やいつもお世話になっている方々、そしてわざわざ招待券を見てお越し頂いた企業様などのお陰もあり、無事乗り越えることができました。(声が枯れたけど)
この出展での反省点と経験を、無駄にはせずしっかりと今後の営業活動に活かしていこうと思います。


そして大変嬉しく展示会経由でご契約いただく企業様も続々と増えております!
本当にありがとうございます。
まだまだ頑張ってまいります!!!!



アスニカ公式Twitterとフルタイム公式Twitterのフォロー&いいねも是非よろしくお願いいたします🙇‍♀️!
泣いて喜びます!


▼Webエンジニア、セールスエンジニアなどなど積極採用中!!

Web engineer
特化型RPAのパイオニアとして活躍したいWebエンジニア、Wanted!
アスニカでは「明日に繋がる架け橋をつくる」をミッションに掲げ、以下の3事業を展開しています。 ◆自社開発RPAチャットボット(リピート通販専用RPAチャットボットFULLTIME) ◆自社アプリケーション開発(プロジェクト管理ツールTorioなど) ◆ECの受託システム開発 【RPAとは?】 RPAとは、ロボットによる業務自動化(Robotic Process Automation)の略で、少人数で生産力を高めるための手段の一つとして、現在ではさまざまな業種、業界で導入が進んでいる。 【リピート通販専用RPAチャットボットFULLTIME】 ECサイト運営における顧客対応と事務作業を自動化する、業界初のリピート通販専用RPAチャットボットです。ECシステム開発で培ったノウハウを生かし、特化型RPAの開発を実現しました。単純作業はフルタイムで働くロボットが行い、従業員はより「お客様のための仕事」に注力することができます。 ##FULLTIMEについて https://www.wantedly.com/companies/asnica/post_articles/152263 <FULLTIME メディア掲載実績> ▶︎通販新聞 「アスニカ、単品通販専門のチャットボット開発…23日から無償β版公開」 https://www.tsuhannews.jp/61077 ▶︎ECのミカタ 「単純作業はロボットにお任せ!EC事業向けRPAチャットボット登場」 https://ecnomikata.com/ecnews/21404/ ▶︎AINOW 「ECサイト運営の顧客対応と事務作業を自動化する! リピート通販専用RPAチャットボット「フルタイム」 1月23日より無償クローズドβ版テスト受付開始」 http://ainow.ai/2019/01/21/161180/ ▶︎RPA HACK 「2019年は特化型RPAの1年に。通販特化の「フルタイム」 https://rpahack.com/fulltime-rpa 【EC受託システム開発】 通信販売(EC)のシステム開発を中心に、アプリ開発や基幹システム構築、保守などのビジネスソリューションを提供しています。幅広い業種のクライアント様に対応。 【プロジェクト・タスク管理ツール Torioとは】 情報をためる。つなげる。自走する強いチームをつくる。 自社開発の新しいプロジェクト管理ツール。
アスニカ株式会社
オープンポジション
オープンポジション:成長業界で駆け抜ける。通販経験のある方、Wanted!
アスニカでは「明日に繋がる架け橋をつくる」をミッションに掲げ、以下の3事業を展開しています。 ◆自社開発RPAチャットボット(リピート通販専用RPAチャットボットFULLTIME) ◆自社アプリケーション開発(プロジェクト管理ツールTorioなど) ◆ECの受託システム開発 【RPAとは?】 RPAとは、ロボットによる業務自動化(Robotic Process Automation)の略で、少人数で生産力を高めるための手段の一つとして、現在ではさまざまな業種、業界で導入が進んでいる。 【リピート通販専用RPAチャットボットFULLTIME】 ECサイト運営における顧客対応と事務作業を自動化する、業界初のリピート通販専用RPAチャットボットです。ECシステム開発で培ったノウハウを生かし、特化型RPAの開発を実現しました。単純作業はフルタイムで働くロボットが行い、従業員はより「お客様のための仕事」に注力することができます。 ##FULLTIMEについて https://www.wantedly.com/companies/asnica/post_articles/152263 <FULLTIME メディア掲載実績> ▶︎通販新聞 「アスニカ、単品通販専門のチャットボット開発…23日から無償β版公開」 https://www.tsuhannews.jp/61077 ▶︎ECのミカタ 「単純作業はロボットにお任せ!EC事業向けRPAチャットボット登場」 https://ecnomikata.com/ecnews/21404/ ▶︎AINOW 「ECサイト運営の顧客対応と事務作業を自動化する! リピート通販専用RPAチャットボット「フルタイム」 1月23日より無償クローズドβ版テスト受付開始」 http://ainow.ai/2019/01/21/161180/ ▶︎RPA HACK 「2019年は特化型RPAの1年に。通販特化の「フルタイム」 https://rpahack.com/fulltime-rpa 【EC受託システム開発】 通信販売(EC)のシステム開発を中心に、アプリ開発や基幹システム構築、保守などのビジネスソリューションを提供しています。幅広い業種のクライアント様に対応。 【プロジェクト・タスク管理ツール Torioとは】 情報をためる。つなげる。自走する強いチームをつくる。 自社開発の新しいプロジェクト管理ツール。
アスニカ株式会社
アスニカ株式会社's job postings
Anonymous
3e27d67e 1410 4247 b081 17bfd9ff7d80?1542767295
206f3ea7 f3e4 403b bd25 755dcabfaf7b?1541657739
2 Likes
Anonymous
3e27d67e 1410 4247 b081 17bfd9ff7d80?1542767295
206f3ea7 f3e4 403b bd25 755dcabfaf7b?1541657739
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon