インターンだった僕が、大手新聞社を3カ月で辞め、戻ってきた理由。


※この記事は2018年に作成されたものです

皆さん、こんにちは!Aspole広報チームです。

第一弾の今回は、立ち上げメンバーでもありながら、一度大手新聞社へ就職したのち、幹部として帰還した石川朝貴さんにインタビューをしました。

プロフィール

石川朝貴(いしかわともき)
栃木県出身 栃木県出身 スポーツメディア事業マネージャー 
大宮アルディージャJr→JFA福島アカデミーU-15 & U-18でサッカーに明け暮れる 元U-14日本代表
大学4年時からAspoleの立ち上げにインターンとして参画。大手新聞社へ新卒入社も退職、再び参画。

Aspole Inc.とは?

「スポーツ産業のリーディングカンパニー」をビジョンに、現在(2018年8月)はスポーツメディアの運営をしております。急成長のスポーツメディアを通じて、様々な事業を現在準備中です。ビジネス/スポーツ共にトップクラスでやっていたメンバーが数多く在籍する、急成長のスポーツスタートアップです。

スポーツメディアSPOSHIRUはこちら▼

Aspoleに出会ったきっかけは何ですか?

大学4年生の夏、とある就活イベントのスタッフ懇親会にて、代表の中西と出会いました。お互いサッカーをしていたことから、多くを話さずともすぐに意気投合することができました。

後日ご飯を食べながら、会社のビジョン、スポーツ産業について熱く語ったことを覚えてます(笑)。

自分自身、3歳から高校卒業までサッカーをしていた経験から、スポーツに関わることをしたいと思っていたので、お話をいただいたとき迷いなくここで働くと決断できました。

その後すぐ、Aspoleの立ち上げメンバーとしてジョインしました。

一度新聞社に入社されましたが、再びメンバーとして戻ってきたきっかけを教えて下さい。

Aspoleにジョインする前の学生時代、新聞配達の仕事をしていました。新聞を配達していく中で、こんなにも新聞は世間から読まれているということを知りました。そこから新聞を通して世の中を変えていきたいと思い、新聞社に入社しました。

ですが、入社後に働いていく中で僕は大手企業は合わないと感じました。新聞を読んでいる人は多いですが、減ってきているのも事実としてあります。その雰囲気を盛り返そうと意気込み、逆転をしたいと考えていた新社会人の自分と、社内の雰囲気に温度差を感じてしまいました。

Aspoleの立ち上げメンバーとして、スタートアップの熱量やスピード感に慣れていた分、余計に感じてしまったのかもしれません。

入社前から、いつか「Aspoleに戻ろう」と考えていました。

今自分が戻ることにより、もっとAspoleの成長を速めることができる、また大手企業もより成長できると考えてました。役員や幹部メンバーの後押しもあり、3か月後幹部として戻ることとなりました。

この決断ができたきっかけは、一度他の企業の中で働く機会があったからこそです。新聞社での生活も貴重な経験になったと思います。

石川さんが考えるAspoleの魅力を教えてください。

自分が考える、Aspoleの魅力は「常に挑戦することができる」ところです。

僕自身「挑戦」は一番大切にしている点で、スタートアップだからこそ、取り組めることがたくさんあります。社員だけでなく、インターン生も分別なく一緒になって挑戦することができます。

自分たちで考え提案し、実際に実行まですることができます。その分悩むことも正直多いですが、だからこそ、日々学ぶことも多く、圧倒的な成長に繋がると思います。

また、個性豊かなメンバーの存在もあります。

役員をはじめ社員、インターン、業務委託を合わせると約20名が在籍してます。1人1人に色があり、個性豊かなメンバー達です。このメンバーと一緒にやることにより、非常に楽しく仕事をすることができています。

「何をやるか」ももちろん大切ですが、「誰とやるか」も大切だと思います。今では僕にとって「趣味=仕事」ですね(笑)



現在は、具体的にどんな業務を担当していますか?

現在はスポーツメディア事業を管轄しながら、インターン生のまとめ役としてチームを支えています。

インターン生は、学校がある日などはリモートで勤務していることもあり、オフィスで彼らとコミュニケーションを取る時間が少ないため、どうしたら代表や幹部が考えていることを共有できるのか、彼らを引き上げられるかを日々模索中です。

またスポーツメディアを運営しているので、スポーツ選手を始めスポーツ関係者などとのやりとりが多くなってきました。やることは日々増えていきますね!(笑)

仕事をする上でモチベーションとなっていることはありますか?

当時クラブチーム(=JFAアカデミー福島)で一緒に戦っていた仲間たちが、日本代表候補やなでしこジャパンのメンバーになり活躍している姿です。自分はフィールドを離れましたが、多方面で奮闘している姿をテレビやSNSを通して見ることが多くなりました。

その姿を見て、自分も「負けてられない」という気持ちになり、今のモチベーションに繋がっています。そんな彼らに良い刺激をもらいながら、ビジネスの世界で結果を出し、見返したいと考えてます。

今後の展望を教えてください!

事業を通じ、社会を変えていきたい

本気でプロを目指していた人が、どこの環境に行っても活躍できる環境を作りたいです。スポーツを本気でやっていたと言うと「体育会系だから○○」と言われることが多くあります。それはポジティブでもありネガティブでもあります。

社会に出て働くとなるとネガティブなことが多く出てくると思います。「体育会系だから営業や力仕事をする、スポーツしかしてこなかったから頭が悪い」など。その考えをを無くしていきたいです。

スポーツをやってきたからこそできることがもっとたくさんあると思います。

例えば、サッカー。サッカーはフィールド内でどこにパスを送るか、相手がどこにいるかなど瞬時に判断を求められる場面がたくさんあります。プロで頑張ろうと思って練習してきたからこそ、他の人より優れていると思います。そのように頑張ってきたからこそ身についた負けない部分があると思います。それを最大限活かせる、もっとポジティブにとらえて貰えるような社会に変えていきたいです。

さらに、現在運営しているスポーツメディア『SPOSHIRU』を社会のインフラに本気でしたいと考えています。

「メッセージといえば、LINE」

「通販といえば、Amazon」

「地図といえば、Google Map」

のように「スポーツといえば、SPOSHIRU」となるようにサービスを育てていきたいです。

これからメンバーとなる方たちへ

「スポーツに関わる仕事をしたい」「スタートアップで成長したい」「webマーケティングに興味がある」等、多くのモチベーションを実現でき、チャレンジでき、成長できる会社です。

常に最前線で動くことができ、スタートアップだからこそ経営陣からも直接学ぶことができます。だからこそ、普通の生活では経験できないことを経験し、多くを学ぶことができるのがAspoleの魅力です。

2020年の東京五輪はもちろん、スポーツ産業は今後目まぐるしく成長していく産業です。そんな大きな市場へ向けて、そんな私たちと一緒に戦う仲間を募集しています。やる気があれば大丈夫です!

メンバーみんなでお待ちしています!

応募はこちらから▼

愛の編集者
スポーツ愛が止まらないWEBメディアの編集、ライター募集!
私たちは『歩み続ければ、世界はもっと輝く。』を会社のビジョンとして、「D2C事業」「SportsTech R&D」「WEBプラットフォーム事業」の3つの事業を行っています。 ・D2C事業 ・スポーツ技術を応用した “コンディショニング・ツール”を提供しています。莫大な広告宣伝費をかけて商品を販売するスポーツメーカー業界の仕組みを、テクノロジーによって現代社会に最適化し、たユーザーのメディア接触データをもとに、 ユーザー一人ひとりのスポーツ、体格、嗜好性に適したプロダクトを見定め、開発していきます。 ・Webプラットフォーム事業 スポーツに興味関心のあるユーザーを中心に、月間数十万PVを超えるサービス「SPOSHIRU」を運営しています。 現役アスリートやチームと連携をしながら、質の高いコンテンツを生み出しています。 ・SportsTech R&D 「SPOSHIRU」を開始以来、徹底した内製化によりサービス開発ノウハウを蓄積し、細やかなサイト改善に注力しています。。毎月、数十万人を超える来訪者の属性データや、流通1000万を超える購買記録を社内で管理・共有し、日々ノウハウを蓄積しならがら、データ分析を行っています。
株式会社TENTIAL
デザイナー
D2Cスポーツブランドをデザインの力で成長させる!デザイナー大募集!!
私たちは『歩み続ければ、世界はもっと輝く。』を会社のビジョンとして、「D2C事業」「SportsTech R&D」「WEBプラットフォーム事業」の3つの事業を行っています。 ・D2C事業 ・スポーツ技術を応用した “コンディショニング・ツール”を提供しています。莫大な広告宣伝費をかけて商品を販売するスポーツメーカー業界の仕組みを、テクノロジーによって現代社会に最適化し、たユーザーのメディア接触データをもとに、 ユーザー一人ひとりのスポーツ、体格、嗜好性に適したプロダクトを見定め、開発していきます。 ・Webプラットフォーム事業 スポーツに興味関心のあるユーザーを中心に、月間数十万PVを超えるサービス「SPOSHIRU」を運営しています。 現役アスリートやチームと連携をしながら、質の高いコンテンツを生み出しています。 ・SportsTech R&D 「SPOSHIRU」を開始以来、徹底した内製化によりサービス開発ノウハウを蓄積し、細やかなサイト改善に注力しています。。毎月、数十万人を超える来訪者の属性データや、流通1000万を超える購買記録を社内で管理・共有し、日々ノウハウを蓄積しならがら、データ分析を行っています。
株式会社TENTIAL

株式会社Aspoleでは一緒に働くメンバーを募集しています。

株式会社TENTIAL's job postings
19 Likes
19 Likes

Weekly ranking

Show other rankings