1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【Why Asteria?】情シス部門での経験を活かして営業職に転身。パートナーと良好な関係を築く、アステリアの営業とは

”つなぐ技術” で社会に貢献する、アステリア株式会社(東証一部上場)の社員インタビューです。今回は、エンタープライズ本部・西日本事業所の所長として、関西エリアの法人営業チームを引っ張る三田さんにアステリアの営業のお仕事についてお話を伺いました。

ー 2017年にアステリアに入社された三田さんですが、前職ではどのようなことをされていたんですか?

私はもともと製造業の情報システム部門で、パソコンのセットアップからネットワーク、アプリ開発からデータベースの設計まで、ITまわりで様々な経験をしていました。今まで得た経験をもっと広く活かして働けないかと考えていたときに、アステリアの執行役員の共通の友人にアステリアを紹介してもらい、転職を検討し始めました。

ー 企業の情シス部門からの転身だったのですね! 営業未経験での転職、さらに西日本事業所の所長となると不安や苦労されたことなどあったのではないでしょうか?

そうですね… 大変なことは色々ありましたが(笑)、今までの自分の知識や経験が生かせる仕事だと前々から感じていましたので、現在も楽しく仕事しています。どちらかというと、”自ら考えて活動する” というベンチャー気質なアステリアの企業風土に慣れる方が大変だったかもしれません。

ー 現在の西日本事業所のメンバーや業務内容について教えてください。

現在は、主に関西から西のエリアを私を含めて3人の法人営業メンバーで担当しています。若いメンバーも多く非常に前向きなチームです。

アステリアの製品を販売してくださっているパートナー企業さんとの協業施策を考えたり、製品の既存ユーザー様に向けて、定期的にユーザー会を開催したり…。また、新バージョンや新機能のご案内、他社事例のご紹介など、製品の満足度向上を目指した活動をしています。新規のお客さまから問い合わせがあった際には、製品のご提案に伺うこともあります。

法人営業というと新規のテレアポや飛び込み営業などのイメージが強い人もいるかもしれませんが、アステリアの法人営業は、既存のクライアントさんや製品の販売を担当するパートナー会社さんと、良好な関係をしっかり構築していくための活動という側面が強いです。

ー なるほど。マニュアルに沿って営業するというよりも、各クライアントさんやパートナー会社さんの必要に応じて臨機応変に対応していく必要がありそうですね。

そうですね。自ら考え、自分の裁量で仕事ができる現場なので、幅広い業界の知識やトレンドを把握することが必要です。そういった情報を、ポジティブにインプットしていける力のあるメンバーが活躍しているように感じます。新型コロナウイルス以前は、一緒に食事などに行く機会も多く、非常に和気あいあいとした職場ですよ!

ー 西日本事業所のメンバーの今の働き方はどうでしょうか?

現在は東京の本社同様、全員テレワークで仕事しています。会社からテレワーク補助金が毎月個人に出ていますので、在宅勤務の環境をしっかり整えられていますよ。

現在大阪市内に構えているオフィスも4月には移転予定です。今後もリモート主体の働き方になっていくと思いますので、より生産的に仕事ができるように環境を整えていく予定です。

ー 未経験からの転職であった三田さんですが、今こうして営業職に就いてみて感じた、働く楽しさや営業職の醍醐味はありますか?

製品が売れることは当然ですが、何よりも販売パートナー様と一体となって、ビジネスを伸長できるように協業することには非常にやりがいを感じますね。また幅広い業界の知識やトレンドをしっかりキャッチアップしていくことで、世の中の変化も最前線で感じることができています。

ー 有難うございました。それでは最後に、未来のアステリアメンバーに一言お願いします!

アステリアは、自ら考え、新しいことにもどんどん挑戦できる会社です。
システムや人をつなぐアステリア社の製品を世の中に広めていける仲間をお待ちしています!

アステリア株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう