1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

From Cameroon to Atrae! - カメルーンからアトラエへ!

※日本語訳を下部に記載しています。

目次

  1. English edition : From Cameroon to Atrae!
  2. 日本語版:カメルーンからアトラエへ!

English edition : From Cameroon to Atrae!

Life is pretty interesting, today you are in slump somewhere in Africa, tomorrow you are working in one of the best tech companies in Japan. Today you are in need and tomorrow you have in abundance.


My name is Alfred Nfor, I am from Cameroon and I am a server-side engineer at Atrae. Today I will be writing about a brief summary of my life up to the point of joining Atrae.


I was born in the city of Douala in Cameroon. Cameroon is a country in central region of Africa. After losing my parents, I started living with my grandparents in the small locality of Mambanda in Douala. Mambanda, well known in Douala and Cameroon for its insecurity, due to its juvenile delinquency. Growing up there from a very young age forged me into who I am today, a very ambitious young man.


In spite of the financial situation of my family, I really wanted to study abroad and learn new technologies so I can someday be the Elon Musk of Cameroon and be a role model for the kids in Africa living in the same condition as I did some many years back.

So, I decided to study really hard so I could be the best in my class and somehow end up getting a scholarship.


I started looking for scholarships from middle school but couldn’t find any that is fully funded including the flight ticket. I didn’t give up. I would sometimes use food money to buy some internet time at an internet café to search scholarships I knew will be very difficult to get at the least. It is by doing this that I learned how to use a computer, and do some internet searching.


referenced from http://www.cameroon-info.net/

My friends always thought I was crazy, but in my mind, there wasn’t any other option, so I had to keep searching. It finally paid off because I indeed get a scholarship years later. Up till today my friends are still amazed at how it happened.

I had a fully funded (including flight and living expenses) scholarship to Japan form the Japanese Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology.


I came to Japan, enrolled in a Japanese language school where I studied Japanese for about a year with foreign students from other countries. It was a great experience and I really liked it there. After language school I got into the National College of Technology, Sasebo College where I studied electrical and electronics engineering. I graduated from there with a bachelor’s in engineering.


While in the Sasebo College, I started job hunting just like every Japanese college kids prior to graduation. I had various plans in mind but joining an IT firm wasn’t really one of them.

Up till one of my very good friends invited me to take part in Atrae’s information session, luckily for me I did. What really poked my interest in the company was the company’s philosophy, “We place the utmost importance on continuing to be a company that we can proudly talk about with our families, friends, and other people we consider important at all times”. I still had my doubts though, I mean, almost every company talks about their vision, but a few make an effort to live up to it.


So, I did a deep dive into the company, searching on the internet every information I could find about it. The more I searched, the more I fell in love with the company. Till the point where it became the only place I want to work at. I finally got an offer and I accepted on the spot! There was nothing more to think about. I just wanted to join the team! And now here I am now an engineer here at Atrae!


That’s how I left the slums of Mambanda in Cameroon to now working at Atrae. I am really ready for this company and can’t wait to take it to the next level. Expand it internationally, make it a global brand in the likes of Tesla and Netflix. The lesson we can all learn from this blog today is that no matter where you start from and no matter how limited your resources may be, great dedication to your goal and vision will definitely take you to places you never thought possible in your wildest dreams.


日本語版:カメルーンからアトラエへ!

人生はめちゃくちゃ面白い。今日はアフリカのどこかでスランプに陥っていても、明日には日本で最高のテクノロジーカンパニーで働いている。今日は困っていても、明日には豊かになっている。


私の名前はアルフレッド・ンフォー。カメルーン出身で、アトラエでサーバーサイドのエンジニアをしています。今日は、アトラエに入社するまでの私の人生を簡単にまとめて書いてみたいと思います。


私は、カメルーンのドゥアラという街で生まれました。カメルーンはアフリカの中央部に位置する国です。両親を亡くした後、私は祖父母と一緒にドゥアラのマンバンダという小さな地域で暮らし始めました。マンバンダはドゥアラでもカメルーンでも、少年の非行による治安の悪さでよく知られています。幼い頃からそこで育ったことで、非常に野心的になったと思います。


家庭が豊かな経済状況ではなかったですが、私は留学して新しい技術を学び、いつかカメルーンのイーロン・マスクになって、私と同じような境遇にあったアフリカの子供たちのお手本になりたいと思っていました。

そこで私は、クラスで一番になって何とか奨学金を得られるよう、一生懸命勉強しようと決めました。


中学時代から奨学金を探していましたが、航空券を含むものはありませんでした。しかし、私は諦めませんでした。

奨学金を取得することは非常に難しいと知っていましたが、私は奨学金を調べるために食費を使ってネットカフェでインターネットをすることもありました。そうすることで、コンピューターの使い方や、インターネットでの検索の仕方を学びました。


画像は http://www.cameroon-info.net/ より引用

友人たちは私のことをおかしいと思っていましたが、私の中では他に選択肢がなかったので、探し続けるしかなかったのです。その結果、数年後には本当に奨学金を得ることができました。今でも友人たちは、なぜこんなことになったのかと驚いています。

私は文部科学省から日本への全額(飛行費と生活費を含む)の奨学金を得ました。


日本に来て、日本語学校に入学し、他の国からの留学生と一緒に約1年間、日本語を勉強しました。日本語学校では、他の国から来た留学生と一緒に約1年間日本語を学びましたが、これはとても良い経験になりました。日本語学校の後、私は国立佐世保工業高等専門学校に入学し、電気・電子工学を学びました。そこで電気・電子工学を学び、工学の学士号を取得しました。


佐世保工業高等専門学校では、日本の大学生と同じように、就職活動を始めました。いろいろなプランを考えていましたが、IT企業に入ることはあまり考えていませんでした。

しかし、親友の一人がアトラエの説明会に誘ってくれたので、幸運にも参加することができました。私がこの会社に興味を持ったのは、「私たちは、家族や友人など、大切な人たちに胸を張って語れる会社であり続けることを最も大切にします」という会社の理念でした。しかし、私はまだ疑問を持っていました。ほとんどすべての企業がビジョンを語っていますが、それを実現するために努力している企業は少ないと思っていたからです。


そこで、私はこの会社を深く掘り下げ、インターネットであらゆる情報を検索しました。調べれば調べるほど、私はこの会社を好きになりました。そして、この会社でしか働きたくないと思うまでになったのです。そして、ついに内定をいただき、その場ですぐに承諾しました。もう何も考えることはありませんでした。とにかくこのチームに入りたかったのです。そして今、私はアトラエのエンジニアとして働いています。


このようにして、私はカメルーンのマンバンダのスラム街を出て、今ではアトラエで働いています。私はこの会社で働く準備ができており、この会社を次のレベルに引き上げるのが待ち遠しいです。

国際的に展開し、アトラエをTeslaやNetflixのようなグローバルブランドにしたいと思っています。今日のブログから私たちが学べることは、どこから始めようと、どれだけリソースが限られていようと、自分の目標やビジョンに向かってひたむきに努力すれば、夢にも思わなかったような場所に必ず行けるということです。






株式会社アトラエでは一緒に働く仲間を募集しています
29 いいね!
29 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング