1
/
5

【代表インタビュー】新卒が社長に色々聞いてみた

こんにちは!
本日は、新卒のSosuke.KKazuya.Mから代表信太に自由に質問してみました。
信太の若い頃のエピソードから、現代の若者へのメッセージが垣間見えるインタビューとなりました。
ぜひご一読ください。

アウン設立前のどのような経験が、今の仕事に活きていますか?

全ての経験が活きていると思います。
中学高校時代は父の材木屋の手伝いをする中で、年上の方との関わり方を学びました。
大学時代はバイトをたくさんしました。
広告代理店、テント張り、引っ越し、絨毯張り、ファミレスなど、種類は様々です。
数々の職業を経験しておきたかっことと、社会人になってからではできない仕事もあると思ったため、アルバイトは色々やりました。
また、「30歳までに起業する」という目標があったので、大学2年生からは逆算して動いていました。
在学中に営業を勉強するために大手求人広告の会社でインターンを行い、そのまま就職し、4年間学びました。
その後、経営を学ぶため、その頃の上司に紹介いただいたコンサル会社に入社しました。そこでは「経営戦略」「事業戦略」「営業戦略」など戦略コンサルを行いました。
その後は、小売業の会社で店舗開発や情報システムの構築、採用教育などの責任者を担当していました。
振り返れば、若い頃に経験した全てのことが今の仕事に活きていると思います。

若い時期にやっておいて良かったと思う経験、やりたかったと思う経験はありますか?

若い時期は、何かを選択するときは苦しい方を選ぶようにしていました。
苦しい経験はその後の人生の糧になりますし、それ以降同じことが起きても困難と思わないほど強くなれるので。
やりたかったと思う経験は、カバンひとつで海外に行き、イチから現地でアルバイトをしてどこまで上り詰められるか、というような経験はしたかったと思います。
言語も通じない日本より厳しい環境で、自分がどこまで通用するのか知りたかったです。

お客様に自社のサービスを紹介する際に意識していたことはありますか?

基本的なことですが、3C分析ですね。
お客様の自社環境はもちろん、市場環境、競合環境もしっかりと分析していました。
また、決済者やキーマンとなる方、決定のタイミングなど、お客様の状況を理解するように心がけました。

社長になる前と今で変わったことはありますか?

私は、アウンを設立するまでリーダー(学級委員や部長など)を経験したことがありませんでした。
組織のトップになるのはアウンの代表が初めてで、それが大きな変化だと思っています。
その中で、やはり人をまとめることの難しさを痛感しました。
生き方が全く異なる人が集まる組織をどう導いていけばよいのか、
「人の心を動かすためにはどうしたら良いのか」は日々模索していました。

経営者同士のやり取りやコミュニケーションはありますか?

サラリーマン時代から企業の社長さんとのコミュニケーションは多かったと思います。
知り合う手段としては、昔は知人からの紹介が多かったですが、今はSNSも多いですね。
テレビで特集されている社長さん宛に、放映中にメッセージを送ったりします。
その連絡の中で、テレビの感想と共に意見交換のアポを取ることもよくあります。

尊敬する経営者、起業家の方はいらっしゃいますか?

たくさんいますが、中でも尊敬しているのはヤマト運輸『クロネコヤマトの宅急便』の生みの親である小倉昌男さんです。
小倉さんは宅急便というモデルを日本全国に普及させ、引退後は社会福祉に従事されていました。
私自身、世の中にないサービスを生み出すことや社会貢献に関心があるので、その点でとても尊敬しています。
また、もう1人はみなさんご存知のスティーブ・ジョブスです。
彼も、世の中にない独創的なものを生み出し、亡くなってもなおその遺伝子が受け継がれ、会社として進化を遂げています。このような組織を作り上げたことは大変素晴らしいと思います。

いかがでしたか?
インタビューも和気あいあいと進み、改めて代表と社員の距離の近さを実感しました。

少しでもアウンが気になった方は話を聞きにいらしてください。

アウンコンサルティング株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
14 いいね!
14 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング