1
/
5

このツールを使えたら高評価(!?)実務で使いこなしたいITツール3選

こんにちは!採用・広報担当の清川です。弊社は受取請求書の処理を自動化するクラウド「sweeep」を開発・提供しています。お客様に効率化の提案をするだけでなく、社内でも積極的に効率化や自動化に取り組み、業務のスピードアップを図っています。

実は、人事査定でも「効率化に取り組んでいるか」は評価を決める際のひとつのポイントです。それは、エンジニアだけでなくビジネスサイドのスタッフにも求められます。

では、具体的にどんなツールを使えたら良いのでしょうか?ビジネスサイドのスタッフからの視点でご紹介いたします!

Salesforce(セールスフォース)

世界でも圧倒的シェア率を誇るSFAシステム。用途は幅広く、営業支援、顧客管理、情報分析などマルチなソフトウェアです。効率化に繋がる機能もたくさん。営業職、マーケ職であればとことんSalesforceを使いこなしたいですね!もちろん、使えるだけでなくデータをもとにして業績アップまで繋げていくこと、ここが大事です。

Zapier (ザピアー)

今は、エンジニアでなくても自動化できる時代。巷にはノーコード開発ツールがあふれ、言語を知らなくても簡単な操作で自動化を実現できます。私もいくつかの仕事をZapierで自動化をしていますが、本当に簡単!「このデータが入力されたらSlackに通知する」など、API公開されているツールとツールを簡単に組み合わせることができます。

営業職、マーケ職だけでなく、コーポレート部門のスタッフでもぜひ使いこなしたいツールです。

▼sweeep magazineでもZapierを使用した自動化の例をいくつかご紹介しています。

Google Analytics (グーグルアナリティクス)

直接的な効率化に結びつくわけではありませんが、ビジネスサイドのスタッフであればGA(Google Analytics)も使いこなし、次の打ち手をスピーディに考案できるようになりたいですね。

ぱっと思いつく「使いこなしたい」ツールを簡単にご紹介しました。目新しいものではないので、普段から使っている方は多いかもしれませんね!面談などで、ツールを活用した効果や実績などをぜひお聞かせくださいね。

現在、オープンポジション含め、各職種を募集しております!みなさまのご応募お待ちしております。

インサイドセールス
ただいま営業力強化中|成長の中心となるSaaSインサイドセールスを募集!
AI-OCRと機械学習を用い、受取請求書の経理業務を劇的に効率化するサービス「sweeep(スイープ)」の開発・運営を行っています。 ▼受取請求書クラウド「sweeep」 https://sweeep.ai 「sweeep」は毎月の煩雑・アナログな企業の請求書処理を自動化することで、経理担当者の負担を大幅に軽減するサービスです。 受け取り請求書の経理処理は、従来のクラウド会計ソフトや経費精算システムではOCRの読取精度が出なかったため効率化することができず、令和の時代になっても手作業が多く残る業務でした。 弊社では、請求書に特化した独自のAI-OCR技術により、従来できなかったフォーマットの自動認識を実現し、様々なレイアウトの請求書を高精度で、且つ100枚3分のスピードで読み取ることができます。さらに搭載AI-OCRが読み取った情報から仕訳の自動判定と登録、振込データの自動作成を行います。仕訳、振込以外にも帳票としての保管・管理、過去仕訳との比較、承認、源泉税計算など、経理担当者の請求書にまつわる業務をワンストップで提供し、業務効率化を実現しています。 また、withコロナの現代において、経理部署でのリモートワーク推進が企業の課題になっております。 sweeepを利用すれば、請求書の処理のために出社する必要がなくなるため、IT、人材、不動産、広告、会計事務所など、業界・業種を問わず幅広い企業様よりご反響をいただいています。
オートメーションラボ株式会社
Pythonエンジニア
意欲重視の会社です!急成長中AIサービスのバックエンドエンジニア募集中!
AI-OCRと機械学習を用い、受取請求書の経理業務を劇的に効率化するサービス「sweeep(スイープ)」の開発・運営を行っています。 ▼受取請求書クラウド「sweeep」 https://sweeep.ai 「sweeep」は毎月の煩雑・アナログな企業の請求書処理を自動化することで、経理担当者の負担を大幅に軽減するサービスです。 受け取り請求書の経理処理は、従来のクラウド会計ソフトや経費精算システムではOCRの読取精度が出なかったため効率化することができず、令和の時代になっても手作業が多く残る業務でした。 弊社では、請求書に特化した独自のAI-OCR技術により、従来できなかったフォーマットの自動認識を実現し、様々なレイアウトの請求書を高精度で、且つ100枚3分のスピードで読み取ることができます。さらに搭載AI-OCRが読み取った情報から仕訳の自動判定と登録、振込データの自動作成を行います。仕訳、振込以外にも帳票としての保管・管理、過去仕訳との比較、承認、源泉税計算など、経理担当者の請求書にまつわる業務をワンストップで提供し、業務効率化を実現しています。 また、withコロナの現代において、経理部署でのリモートワーク推進が企業の課題になっております。 sweeepを利用すれば、請求書の処理のために出社する必要がなくなるため、IT、人材、不動産、広告、会計事務所など、業界・業種を問わず幅広い企業様よりご反響をいただいています。
オートメーションラボ株式会社
オープンポジション
オープンポジション!あなたの強みを活かせるポジションを一緒に考えます!!
AI-OCRと機械学習を用い、受取請求書の経理業務を劇的に効率化するサービス「sweeep(スイープ)」の開発・運営を行っています。 ▼受取請求書クラウド「sweeep」 https://sweeep.ai 「sweeep」は毎月の煩雑・アナログな企業の請求書処理を自動化することで、経理担当者の負担を大幅に軽減するサービスです。 受け取り請求書の経理処理は、従来のクラウド会計ソフトや経費精算システムではOCRの読取精度が出なかったため効率化することができず、令和の時代になっても手作業が多く残る業務でした。 弊社では、請求書に特化した独自のAI-OCR技術により、従来できなかったフォーマットの自動認識を実現し、様々なレイアウトの請求書を高精度で、且つ100枚3分のスピードで読み取ることができます。さらに搭載AI-OCRが読み取った情報から仕訳の自動判定と登録、振込データの自動作成を行います。仕訳、振込以外にも帳票としての保管・管理、過去仕訳との比較、承認、源泉税計算など、経理担当者の請求書にまつわる業務をワンストップで提供し、業務効率化を実現しています。 また、withコロナの現代において、経理部署でのリモートワーク推進が企業の課題になっております。 sweeepを利用すれば、請求書の処理のために出社する必要がなくなるため、IT、人材、不動産、広告、会計事務所など、業界・業種を問わず幅広い企業様よりご反響をいただいています。
オートメーションラボ株式会社
オートメーションラボ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう