1
/
5

【代表インタビュー(前編)】新社名にかける思い、そして製品を取り巻く市場やユーザの変化とは。

オートメーションラボ株式会社は2011年に創業し、主に経理・財務領域においてテクノロジーによる業務改善のコンサルティング事業を行ってきました。このノウハウをもとに、2018年12月に受取請求書の自動処理クラウド「sweeep」をリリース。社会情勢の変化とともに、順調に顧客数を増やし企業の経理部門における自動化やリモート化を実現し、同社のメイン事業へと成長させました。

創業10年を越え、2021年6月にオートメーションラボ株式会社はsweeep株式会社へと社名を変更し新しく生まれ変わります(※1)。今回は弊社代表の村山に、新社名にかける思いと新オフィス移転、また市場とユーザの変化について、詳しくお話してもらいました。

(※1:現在変更手続き中のため、Wantedly内ではオートメーションラボ株式会社の表示となっております。)

新しい期を迎えるタイミングで、社名をsweeep株式会社へと変更しました。

受取請求書クラウド「sweeep」の運営がメイン事業として確立し、体外的にも製品名の認知が進みました。より一層ブランディングの強化を図るため、この度サービス名と社名を統一することにしました。今後は「sweeep」事業を中心に展開し、お客様の生産性向上と新たな価値創出への貢献に取り組んでいきたいと思います。

弊社は2011年に創業し、BPO事業やBPR事業、RPA導入の支援を通して業務改善の提案を行い、企業の効率化を推進してきました。この事業を通じ、最大限に効果を発揮するには新たな業務フローの構築から取り組む必要があると感じていました。

「sweeep」では、お客様にとって最も実効性のある業務フローを定義しています。この製品を使うことでストレスなく請求書の処理が自動化でき、本来経理部がやりたかった時間を創出できるようになります。弊社としては、「sweeep」事業に方向を絞り、サービスの品質をさらに高めるよう注力していきたいと考えています。

社名変更とともに本社を移転しました。その背景は何でしょうか。

弊社のビジョンは「働くを楽しく」です。これには、最も働きやすい環境で、最も効率的に働くことが肝心だと思っています。そのため、創業当初から場所を固定しない「分散型オフィス」で会社運営をしてきました。個人の状況や目的にあわせて、自宅やコワーキングスペースなど、働く人自身が働く場所を自由に設定できるようにしています。

そのような方針をとってきたことで、社員の住まいは本社がある東京近郊に固まらず、関西や沖縄、海外にも散らばるようになりました。今回、移転先としてWeWorkを選んだ理由のひとつが、多拠点をカバーしているということです。全国各地にいる社員がコワーキングスペースで仕事をしたいと思ったときに、WeWorkを選択肢のひとつとして選べたら便利ですよね。将来的にはそのような選択ができるようにしたいと思っています。リモート時代に適合した新しい働き方を進めたい弊社にとって好相性なスペースだと思いました。

コロナによって働き方に多様性が生まれましたよね。同様に、sweeepがいる市場も大きく変化したのではないでしょうか。

はい、一変しましたね。2018年リリース当時は同業者はおらず、受取請求書の自動化といえばsweeepだけでした。その後、2020年にコロナの感染が広がりバックオフィスのリモートワークの遅れが問題になると、一気に参入が相次ぎました。

2020年にDeepworkさんのinvox、SansanさんのBillOne、2021年にはLayerXさんも同様の製品を出しています。BillOneの登場は、大企業がそれまで主力であった紙媒体の事業から電子化の事業へと軸足を移すという、時代の変化を象徴する出来事と感じました。

請求書に限らず、多くの場面で「DX(デジタルトランスフォーメーション)」という言葉もよく使われるようになりました。政府が積極的に企業に向けてアナログからデジタルへ移行するように促していることも関係しています。

請求書の電子化サービスの盛り上がりも、こうした政府の取り組みに後押しされてのことです。電子帳簿保存法はこの1年で大幅な改正が行われ、紙での保管を問わないばかりか電子への移行が推奨されるようになりました。このことで請求書の受け取りが紙である必要もなくなり、サービスが生まれやすい土壌ができあがりました。

市場の移り変わりとともに、お客様であるユーザ側にも変化はありましたか。

ここも以前とは急変しました。まずは、システム導入に対する「意識の変化」です。それまで経理部はどちらかというと、変えることを厭う側面があったと思います。毎月締切があり、ミスなく正確に間に合わせようとすると、どうしてもやり方を変えることに躊躇してしまいますよね。しかし、今の経理部の方にその傾向はありません。業務フローを変える前提、もしくはシステムに業務フローを合わせる前提でサービスを選ぶようになりました。ここは大きな違いですね。

もとより、システムを選ぶ段階から変わりました。今まででしたらパンフレットを取り寄せ、対面で営業を何回か行い、検討をするという段階を踏んでいたのが全てオンラインで完結するようになりました。弊社含めSaaS製品を提供している企業にとっては、ずいぶんと前よりもお客様へのアクセスがしやすくなったのではないでしょうか。

それと関連して、次に変化を感じているのは弊社のシステムを検討していただくお客様の「業種の変化」です。IT企業や広告業などの日常的にフロントでITを利用している業種よりも、最近では対人でサービスを行う業種のお客様のご利用が多くなってきています。具体的には不動産、建設、理美容室、ホテルといった業界の方々です。規模も様々で、大企業だけでなく中小規模のお客様へも裾野が広がってきています。

今回は新年度を迎えるにあたり、変更した社名やオフィスのこと、またsweeepを取り巻く市場やユーザの変化についてお話を聞きました。次回はそういった変化にも対応できるsweeepの強みと将来代表が描く社会について聞いてまいります!

ただいま、採用を大幅に(本当に大幅に!)強化中です。チャレンジしたい方には積極的に場をご用意しています。特に、カスタマーサクセス、マーケティング、セールス、フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニア、アプリ開発者の方々で弊社のビジョンに共感頂けた方は、必ずご活躍頂けるかと思います。

皆様のご応募お待ちしております!

▼社名変更及び本社移転のプレスリリースはこちら

▼積極採用している職種はこちら。他職種も募集中ですので、企業ページからご確認ください!

カスタマーサクセス
バックオフィスをワクワクさせるカスタマーサクセスを募集!
AI-OCRと機械学習を用い、受取請求書の経理業務を劇的に効率化するサービス「sweeep(スイープ)」の開発・運営を行っています。 ▼受取請求書クラウド「sweeep」 https://sweeep.ai 「sweeep」は毎月の煩雑・アナログな企業の請求書処理を自動化することで、経理担当者の負担を大幅に軽減するサービスです。 受け取り請求書の経理処理は、従来のクラウド会計ソフトや経費精算システムではOCRの読取精度が出なかったため効率化することができず、令和の時代になっても手作業が多く残る業務でした。 弊社では、請求書に特化した独自のAI-OCR技術により、従来できなかったフォーマットの自動認識を実現し、様々なレイアウトの請求書を高精度で、且つ100枚3分のスピードで読み取ることができます。さらに搭載AI-OCRが読み取った情報から仕訳の自動判定と登録、振込データの自動作成を行います。仕訳、振込以外にも帳票としての保管・管理、過去仕訳との比較、承認、源泉税計算など、経理担当者の請求書にまつわる業務をワンストップで提供し、業務効率化を実現しています。 また、withコロナの現代において、経理部署でのリモートワーク推進が企業の課題になっております。 sweeepを利用すれば、請求書の処理のために出社する必要がなくなるため、IT、人材、不動産、広告、会計事務所など、業界・業種を問わず幅広い企業様よりご反響をいただいています。
オートメーションラボ株式会社
Pythonエンジニア
意欲重視の会社です!急成長中AIサービスのバックエンドエンジニア募集中!
AI-OCRと機械学習を用い、受取請求書の経理業務を劇的に効率化するサービス「sweeep(スイープ)」の開発・運営を行っています。 ▼受取請求書クラウド「sweeep」 https://sweeep.ai 「sweeep」は毎月の煩雑・アナログな企業の請求書処理を自動化することで、経理担当者の負担を大幅に軽減するサービスです。 受け取り請求書の経理処理は、従来のクラウド会計ソフトや経費精算システムではOCRの読取精度が出なかったため効率化することができず、令和の時代になっても手作業が多く残る業務でした。 弊社では、請求書に特化した独自のAI-OCR技術により、従来できなかったフォーマットの自動認識を実現し、様々なレイアウトの請求書を高精度で、且つ100枚3分のスピードで読み取ることができます。さらに搭載AI-OCRが読み取った情報から仕訳の自動判定と登録、振込データの自動作成を行います。仕訳、振込以外にも帳票としての保管・管理、過去仕訳との比較、承認、源泉税計算など、経理担当者の請求書にまつわる業務をワンストップで提供し、業務効率化を実現しています。 また、withコロナの現代において、経理部署でのリモートワーク推進が企業の課題になっております。 sweeepを利用すれば、請求書の処理のために出社する必要がなくなるため、IT、人材、不動産、広告、会計事務所など、業界・業種を問わず幅広い企業様よりご反響をいただいています。
オートメーションラボ株式会社
インサイドセールス
ただいま営業力強化中|成長の中心となるSaaSインサイドセールスを募集!
AI-OCRと機械学習を用い、受取請求書の経理業務を劇的に効率化するサービス「sweeep(スイープ)」の開発・運営を行っています。 ▼受取請求書クラウド「sweeep」 https://sweeep.ai 「sweeep」は毎月の煩雑・アナログな企業の請求書処理を自動化することで、経理担当者の負担を大幅に軽減するサービスです。 受け取り請求書の経理処理は、従来のクラウド会計ソフトや経費精算システムではOCRの読取精度が出なかったため効率化することができず、令和の時代になっても手作業が多く残る業務でした。 弊社では、請求書に特化した独自のAI-OCR技術により、従来できなかったフォーマットの自動認識を実現し、様々なレイアウトの請求書を高精度で、且つ100枚3分のスピードで読み取ることができます。さらに搭載AI-OCRが読み取った情報から仕訳の自動判定と登録、振込データの自動作成を行います。仕訳、振込以外にも帳票としての保管・管理、過去仕訳との比較、承認、源泉税計算など、経理担当者の請求書にまつわる業務をワンストップで提供し、業務効率化を実現しています。 また、withコロナの現代において、経理部署でのリモートワーク推進が企業の課題になっております。 sweeepを利用すれば、請求書の処理のために出社する必要がなくなるため、IT、人材、不動産、広告、会計事務所など、業界・業種を問わず幅広い企業様よりご反響をいただいています。
オートメーションラボ株式会社
オートメーションラボ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう