オックスフォード大学の学生がAvinton Academyに参加してくれました。

こんにちは、人事担当の逸見です!今回は夏休みを利用してインターン【Avinton Academy】に参加してくれた秋本さんにインタビューさせていただいたので、皆さんにもシェアさせていただきます。

秋本さんはオックスフォード大学からコーネル大学へ転校する際の夏休み期間を利用してAvinton Academyに参加してくれました。なぜ彼がAvintonのインターンを選んだのか、そして実際に受けてみてどうだったのか、Avinton Academyに興味のある方必見です!

自己紹介

こんにちは。今回、Avinton Academyを経験させて頂いた秋本です。1年過ごしたイギリスのオックスフォード大学から転校し、アメリカのコーネル大学へ行くまでの約6週間、インターンさせて頂きました。

週1回の午後のみという限られた時間でしたが、多くのことを学び、同世代の将来のエンジニアと交流することができた大切な経験になったと思います。過去にインターンを経験したことはなく、今回が初めてでしたが、何の支障なくうまくこなせたことは講師をはじめ、Avintonの方々のおかげだと思います!

Avintonのインターンを選んだ理由

オックスフォードからの転校を決めた一つの大きな理由は、専攻となっていた「数学・統計」が理論的な内容を非常に重視し、自分の興味のあるものと食い違いがあったことでした。そのため今回の夏休み期間で、数学や統計の理論を使用しつつプログラミングなどに活用できるインターンを探していました。

Avintonのことを知ったのはWantedlyで、自分が学びたいものと一致している、ということをとても充実した説明と会社の紹介で確認できました。個人的にはITに関する専門的な知識は英語の方が自信があるので、英語と日本語の両立した職場を求めていました。また、Avinton のホームページのプロフェッショナル性、そして、短期間でも参加させて頂けることからAvintonでインターンすることに決めました。



インターン(Avinton Academy)で学んだこと

高校や大学で基本的な知識を少しは勉強したものの、今回のインターンで学んだものはほとんどが全く新しい内容でした。

まずはインターン生全員の環境を統一するため、それぞれのパソコンにOracle VM VirtualBoxというソフトを使い、LinuxのOSを使用した仮想マシーンをセットアップしました。その後はAvintonコンサルタントの講師の方にその日の与えられた課題をできる限り自力でこなし、ときには調べたり、周りに教えてもらいながら実践的な学び方で進めていきました。

内容はデータベースの管理や整理の仕方、画像の識別、Webアプリケーションのフロントエンド・バックエンドなど様々でした。 私は個人的にはデータ分析に興味があるということで、基本の課題を終えたあとは、PostgreSQLというデータ管理システムをメインに使用し、ネットに公表されている日本の市区町村ごとの人口、アメリカの選挙に向けた世論調査や地域ごとの貧困、各航空会社の事故率、メジャーリーグのPitchF/XやStatcastによる追跡などのデータを使い、より自主的な課題に取り組みました。これらのデータから得られる結果をPostgreSQLで分析し、表や地図などにしてウェブページに表示する作業に挑戦しました。

全てが上手くいくにはLinux、Python、HTML、Bootstrap、D3.jsなど、様々な内容を連携させる必要があるので何度も間違いを繰り返しましたが、最終的に理想的な結果が得られると非常に達成感があります!

Avintonの印象

Avintonのインターンは少人数制なのでお互いに協力し、とても内容の吸収が早く進む環境になっていると感じました。講師は非常に幅広い知識を持っていて、理論的な内容も実践的な手法も丁寧に説明してくれます。個人的には、講師であるコンサルタントと直接話せたことによって自分の将来の仕事に求めるものや今後の授業をどのように選択し、活かせるかに関して今までとは違った理解ができたと思います。

初日には社内の英語研修にも参加し、Avintonで働く方々の国際性に向けた努力や常に新しいものを学ぶ姿勢を強く感じました。

インターンをお勧めしたい理由

私がたったの6週間で、全く何も分からない状況から最後には他人に説明する立場になれたのは、インターンを通していかに多くのことを学べたか、という証明だと思います。

大学で経験できるものとは全く違い、実際のコンサルタントから実践的な知識を身に着けられるとても貴重な経験に、誰にとってもなると思います。私の唯一の後悔は、より長く続けることができなかったことです!

専攻が何であれ現代社会において、プログラミング能力は必要で、その他の能力と掛け合うことでとても大きな力になると思います。プログラミングの楽しさは、基本さえ学べば何にも応用できる柔軟性にあると思うので、楽しくかつ実践的に課題に取り組めるAvintonでのインターンはどんな方にもお勧めします!


まとめ

いかがだったでしょうか?

AvintonのインターンではAvinton Academyとして、世界の名だたる企業様から指名されるTOPコンサルタントが直々に指導をしてくれます。

基本的な内容から応用、そして異なる技術への連携方法など、幅広い知識をあなたに教えてくれます。とにかくプログラミングが好きで、技術に興味のある方にはたまらない世界が待っています!

インターン生が過去に書いたブログはコチラ

【技術職インターン内容紹介】Object Detection
【技術職インターン内容紹介】Linuxコマンド



アビントンジャパンのご案内

アビントンは国内外のIT企業様へコンサルティング、システム開発・サポート、IT英語教育を提供しています。事業拡大に伴い、弊社は若手の育成、中途採用を積極的に行っています。もし興味を持っていただければ、ぜひご応募ください!引くほどに高い志を持つ仲間がお待ちしています。

アビントンとは

アビントンジャパン株式会社

アビントンアカデミー(技術研修)


求人募集

文系・第二新卒歓迎!未経験から世界で通用するエンジニアになりたい人募集!
未経験でもいいじゃないか!エンジニアに興味がある人 歓迎!!
Avintonジャパン株式会社's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings