理系大学院からスタートアップに就職。師岡は求められるサービス作りのために、数字を追い続ける

こんにちは。BEの人事、ネサキングです。今回はいぶし銀オーラを醸す、メディア事業部マネージャー兼マーケティングチーム立ち上げ責任者のもろくんこと、師岡 真成くんにインタビューしました。

理系大学院を卒業したのにも関わらず、ビジネス系のキャリアを歩むもろくん。メディアを運営するスタートアップでディレクターとして活躍後、2017年3月にBEに転職してきました。

今回はどうして理系大学院からスタートアップの道を選んだのか。自身もプログラミング・デザインスキルなどを持ちつつも、どうしてビジネスサイドの責任者として事業開発に挑戦をするのか。もろくんのキャリアの背景について聞いていきます!

【トップの写真は左がネサキング、右が師岡】

大学院生時代出会ったスタートアップ、そしてBEへの転職

ネサキング:まずはじめに、現在の業務内容について教えてください。

師岡:現在は、Branding Engineerのメディア事業部マネージャーと、マーケティングチームの立ち上げをやっています! 前職がメディア事業部だけの会社で、ディレクターとしてメディアに関わる業務は営業以外ほぼ全部経験してきました。

その経験を生かして、マネージャーという新たな視点からメディア事業部を見ています。自分がジョインしたときはまだ体制化もしっかりできてない状態だったので、少しずつ組織を作ってる段階です。

ネサキング:前職もスタートアップ企業だったと思うんだけど、BEに転職したきっかけ、理由についても教えてもらえますか?

師岡:もともとのきっかけは大学院生時代です。理系だったのでIT系大手に行こうと思っていました。でもベンチャー企業にも興味があったので、スタートアップでインターンしてみるとがっつりハマってしまって。

そのままメディア系スタートアップに入社してメディア運営の知識を身につけました。その後、色々な会社を見たいと考えてフリーランスとして仕事をしているうちに、BEに出会いました。

ネサキング:複数の会社に出会ったのに、BEに入社した決め手はなんだったの?

師岡:最初は何社か仕事を受けているうちの1社だったのですが、他の企業よりもすごく勢いがあることに気づきました。それに、自分の経験を活かせる事業を展開しているし、より経営に近いところで仕事ができる環境に惹かれて、転職を決意しました。

エンジニア向けメディア「Mayonez」急成長の立役者はまさかの「二足のわらじ」

ネサキング:BEに転職してから苦労したことはあった?

師岡:前職もスタートアップだったので、環境や空気感は馴染みやすかったですね。一方で、事業開発の方では苦労もありました。具体的には2点あります。

1つ目が、メディア事業部の体制作り。 2つ目が、メディア事業部と並行して行なったマーケティングチームの立ち上げです。

ネサキング:現在は徐々に解決の方向に向かっていると思うのだけど、もろくんはどうやって対処したの?

師岡:1つ目に関しては、自分が今のメディア事業部に入ったときは、社員各々が持っている数字に対して漠然と動いていました。前職で、大枠のKGIをKPIに落とし込むことを学んでいたので、まずはKPI設計から始めました。 KGIが達成できない、数字が伸び悩んでいる状態でどこがボトルネックなのかを見つけ方やそれに対してどういうKPIを置くかなどをディレクターに落とし込んでいきました。

更に、事業部全体的にKGIからの分解から出したKPI毎にチーム作りをして、体制を作っていった結果メディア事業が最初に決めていた目標達成に貢献できたと思っています。

ネサキング:目標を達成するためのチーム作りを着実に行なったんだね。もろくんのおかげでMayonezはKPIを達成して、Webエンジニア向けのキャリア情報メディアとしては最大規模のメディアにまで成長したから、本当にすごいなあ。

師岡:ありがとうございます。2つ目に関しては、メディア事業部の体制化が終わったタイミングくらいで、他事業部のサービスの広告運用をインハウス化したいと代表から言われ、社内でマーケティングチームの立ち上げを始めました。

自分自身広告運用自体は経験がなかったので、以前広告運用をしていた子にどういうふうにやっていたかを聞いてそれをベースにまずは自分自身で広告運用を経験しました。

そこで、メディアと広告運用の両立が始まったのですが、両方共なかなか片手間にはできないことなのでとても苦戦してました。ここで、メディア事業部でいかに自分の手伝いがなく事業部が自走して成長できるかを意識して体制作りをしてきました。それもあって、広告運用の方にも少しずつ工数を避けるようになり、ある程度のパフォーマンスを出すことができました。

ネサキング:本当に忙しそうで、もろくんが倒れるんじゃないかって心配してたんだよ(笑) 無事壁を乗り越えられてよかった!

師岡:僕も倒れるかと思っていました(笑) まだまだ、マーケティングチームもメディアチームも人不足なので、事業拡大のために共に戦ってくれるメンバーは引き続き募集していきたいと思っています。

ネサキング:しなやかな採用PRだね(笑)

今後の目標は、ユーザーに求められるプロダクトを作りきる

ネサキング:最後に目標について教えてください!

師岡:メディア事業部としては、より大きな目標にむかって数字に強い事業部を作ることを目標に日々体制を作っています。 マーケティングチームも、広告運用だけでなく、各サービスの改善のための分析、KGI、KPI設計を始めています。 マーケティングチームは数字の強さ、思考の柔軟性、枠にとらわれない発想、深い分析力を日々身につけていき、少人数精鋭で構成したいと思っています。

個人的な目標は、少人数でもいいから、ユーザーに求められ、使われるプロダクトを作りきることですね。

ネサキング:ちなみに、BEのメディアチーム・マーケティングチームにはどういう人が向いてると思う?

師岡:疑問に思っていることを突き詰められる人、数値を見るのが好きな人、情報のキャッチアップが好きな人ですね。とにかく数字を見ることが多い事業部で、それに対して素早く的確な対処をする必要があります。

ただ、それらを実直にやれば必ず成果は出る。マーケティングやメディアに関心があって、急成長したいという人は向いていると思います。

ネサキング:なるほど。もろくんらしく、的確な回答をもらえたと思います。本日はありがとうございました!

▼師岡 真成

=====
株式会社 Branding Engineer メディア事業部マネージャー、マーケティングチーム立ち上げを担当。早稲田大学大学院を修了後、スタートアップのメディア運営会社に入社。エンジニア(rails)、メディアディレクション、webマネタイズを経験。 その後フリーランスで数社でのエンジニア、メディア、収益化コンサルに従事。2017年3月より現職。
=====

▼ネサキング▼

=====
人事を担当。大和証券を経てリクルートに入社。リクルートを退職後、Branding Engineerに人事として入社。現在は新卒から中途まで、全体の採用統括を行なっている。代表の高原に命名された「ネサキング」というポ○モンみたいなあだ名で採用活動頑張ってます。
=====

▼師岡と共にメディア・マーケティングチームを作り上げる方を募集中

「1000万PV超を含む複数メディアを運営するBEで「SEO」学びませんか?」

▼新卒も募集中!

<19卒・全職種>新卒から事業創造に挑戦したい学生募集!

株式会社Branding Engineer's job postings
Anonymous
Anonymous
Ab0e6aa2 dfb8 4f96 b0bb f9729fe55a0e?1548667196
Picture?1522980232
109ac6c2 3250 435d b559 9987de3a2d5b?1516378627
E23ee60d e644 4982 b2a9 c286e600729e?1547028034
5 Likes
Anonymous
Anonymous
Ab0e6aa2 dfb8 4f96 b0bb f9729fe55a0e?1548667196
Picture?1522980232
109ac6c2 3250 435d b559 9987de3a2d5b?1516378627
E23ee60d e644 4982 b2a9 c286e600729e?1547028034
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon