"燃えない退職"ってどうやればいいの?--BE人事ネサキングが送る、初めての転職

Branding Engineer(以下BE)人事のネサキングです。

月60名近く面談や面接をしていると応募いただいた方から様々な相談を受けます。

その中で意外と多いのが『今の会社がなかなか辞めさせてくれないんです、、、どうしたらいいでしょう、、、』という相談です。

もちろん、今の仕事が大変すぎるから楽な仕事に転職したいと考えているようであれば、一時の感情で行動をしてしまうのを避けたら? という親心で止めてきている会社もあるでしょう。しかし、自らのキャリアに確信を持って退職を決意したのであれば、会社には気持ちよく送りだしてほしいですよね。

ですが、優秀な方であればあるほど引き止めたくなってしまうのも、よくわかります・・(人事心も複雑なんです)。

一方で、私も何度か転職を経験している身なので、辞めると伝えるときの緊張感、後ろめたい気持ちが出てきてしまうことも知っています。

会社と退職希望者の間では、複雑な思いとすれ違いから、退職する際に「燃えてしまう」なんてことも、しばしば・・。

でも、せっかくお世話になった会社には、気持ちよく送り出してもらいたいじゃないですか! そこで本日は「燃えない」辞め方について、ネサキング的ポイントをお伝えします!

ポイント① 決定事項として『報告』する

辞めると決めた貴方。上司に『相談』するのではなく『報告』してしまいましょう。

『お話ししたいことがあるのでお時間もらえますか?』から始まり、(相談したいことではありません!)こう伝えましょう。

『突然の報告でご迷惑をおかけしますが、●月末で退職したいです。引き継ぎ先のなどの調整をお願いしたいです。』

明確に伝えることで、有無を言わせないのです。決意が堅いことを伝えるといいでしょう。

ポイント② 期日を明確に決める

いつが退職日で、有休消化を含むといつが最終出社日なのか、事前に自分で決めて挑みましょう。

ただし、会社の人事異動のタイミングなどもあるので、有休消化の仕方は上司と相談です。

私が前職を退職する際も、11月末最終出社、12月末退社というスケジュールを考えていたのですが、担当していた大きな商談の結論が出るところまでいるということになり、最終出社日を1週間後ろ倒し。その分、間にちょこちょこ有給消化するという調整をした経験があります。

ですが、最初に期日を決めていたことで大きな遅れにはならなかったのです。

ポイント③ 期初に伝えて期末退社

燃えない退職のためには退職時期・タイミングも重要です。

期末退社の場合、人事異動のタイミングも重なりやすいので、欠員補充がスムーズです。また、期初の早い段階で伝えることにより、会社も上司も自らも十分に引き継ぎ準備をすることができます。

もちろん、退職は1ヶ月前に伝えればいいと多くの会社がなっているとは思いますが、退職日までの期間が短ければ短いほどに周りに迷惑がかかりやすく、引き止められやすくなります。目安としては2ヶ月-3ヶ月前に伝えてくといいでしょう。

●4月に伝えて6月末退社
●7月に伝えて9月末退社
●10月に伝えて12月末退社
●1月に伝えて3月末退社

業界にも寄りますが、10月に伝えて12月末退社というパターンが、比較的引き継ぎしやすいと思います。

ポイント④ 現在の仕事への不満や不安は言わない

何かしら思うことがあるから辞めるわけですが、それを会社に伝える必要はありません。

伝えることで一時の感情なのでは? 冷静になれば考えが変わるのでは?と思われてしまい、説得されることになります。

ポイント⑤ 未来のキャリアを語る

前述の④と近しいものがあるのですが、現在の不満を語るのでなく、あくまでも未来について語りましょう。

将来の大目標は何か、そしてそれを達成するために重要な、直近の1-2年をどう使うか。その1-2年で何をしなくてはいけないと感じているのか。しっかりと自分の言葉で伝えることが必要です。

未来へのキャリアを言語化できているという事は、転職の面接も重要なポイント。転職活動・退職活動両方で使う「未来のキャリアパス」については、本格的に動き始める前に考えをまとめておくことをオススメします!

退職後を考えて、誠実な退職コミュニケーションを。

実際、私も一度「退職する」と伝えて、燃えかけた経験があります。その時は結局「辞めることを止める」ことになりました・・。

その際に足りなかったのは⑤の未来のキャリアを語ること。何となくぼやっとした理由を伝えていると説得された際に自分の意思がどんどん揺らいでいくのです。

結果としてその時の勢いで辞めていたら、今のようなキャリアは描けていなかったと思うので、そのような考えの甘い私を止めてくれた当時の上司には感謝しています。

せっかくの新しいキャリアへの門出。お世話になった会社、これからお世話になる会社、そして自分が納得している気持ちのいい状態を作りたいものですね!

Branding Engineerでのカジュアル面談ではこうした退職についてもフランクに相談に乗りますので、まずはお気軽にオフィスに遊びに来てください!

▼ネサキング▼

=====
人事を担当。大和証券を経てリクルートに入社。リクルートを退職後、Branding Engineerに人事として入社。現在は新卒から中途まで、全体の採用統括を行なっている。代表の高原に命名された「ネサキング」というポ○モンみたいなあだ名で採用活動頑張ってます。
=====

[編集:大沢俊介]

株式会社Branding Engineer's job postings
Anonymous
Ab0e6aa2 dfb8 4f96 b0bb f9729fe55a0e?1548667196
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?1523103692
3b1862c2 6002 4561 9865 3ce05520969a?1550042012
19 Likes
Anonymous
Ab0e6aa2 dfb8 4f96 b0bb f9729fe55a0e?1548667196
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?1523103692
3b1862c2 6002 4561 9865 3ce05520969a?1550042012
19 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon