【UX003】社員インタビュー『しゅふJOBパート』フルスクラッチでのサイトリニューアル

はじめに: これまで、会長の三原による「UX001」IT開発部門の立ち上げ秘話「UX002」これ転開発プロジェクトを取り上げてきました。今回は第三弾、しゅふJOBパートの開発プロジェクトである「UX003」について、社員インタビューを行いました!

【登場人物】(写真左から) 加藤さん、河村さん、岡川さん

■「UX003はどんなプロジェクトですか?」

(加藤) 一言で言うと、「しゅふJOBパート」のサイトリニューアルプロジェクトです。 もともとは他社のパッケージを使っていました。ただし、セキュリティのさらなる強化やデザインの改善など、会社としてリニューアルをしていく必要性はみんなが感じていたので、そこに本格的に着手していこうということで始まりました。 フルスクラッチでの開発やDBの移行も行うような、とても大きなプロジェクトになりました。

■「最初に行ったことは何ですか?」

(加藤) UX002と同じですが、まずは一緒に進めてくれるメンバーを集めるところから始めました。 コワーキングスペースでやっているCakePHPのユーザー会へ頻繁に足を運んで、人脈をフル活用しながら地道に人集めをしていました。そこで知り合った方たちに色々なアドバイスをいただきながら制作を進めてきました。その時のメンバーで今もSESや契約社員として働いている人もいらっしゃいます。合わせて正社員の採用も進めていました。

(岡川) 僕はGreenの求人がきっかけで入社しました。 当時「PHP ウェブエンジニア」と検索したらビースタイルの求人がでてきたんです。 自社サービスを持っていることと、エンジニアチームの立ち上げに関われるというのが魅力的でした。

(河村) 自分もGreenがきっかけです。 2015年の10月ですが、既にプロジェクトは始まっていて翌年の1月にローンチ予定ということだったので、正直現場はバタバタしていましたね。 以前の経験からも、時間が少ないしバタバタするのは承知していましたが、ドキュメントがあまり揃っていなくて、「これでやるのか~」と思いながらやってましたね(笑)。 そこはチームの雰囲気のよさに救われました。

■「メンバーが入社してからは、どんなことに取り組みましたか?」

(加藤) まずは現場の意見を元に設計を進めていきました。 「しゅふJOBパート」のような求人サイトはとにかく機能が多く、ざっと500くらいでしょうか。実装までにはだいぶ時間がかかりました。 開発チームに求人媒体の機能を理解している人がほぼいない状態だったので、内容把握や設計に時間がかかり、実装にもしわ寄せがきて・・・中途半端なままリリースするわけにはいかないと、結局ローンチは5月まで遅らせたのですが、大きな事故なくリリースはできました。 少しテストが甘かったという反省はありつつ、管理画面上の大きな事故がなかったのは本当によかったです。

■「何とかリニューアルまでこぎつけた「しゅふJOBパート」。仕事の中で一番大変だったことは何でしたか?」

(加藤) 実はリリースしてからの方が大変でした。 思いもよらぬバグが出てきたり、サーバのパフォーマンスが追い付かずに急きょ改修したり、その場しのぎの対応になってしまうこともありました。理由としては、「しゅふJOBパート」の約500の機能が複雑に絡み合っているためです。 現場からバグの報告がどんどん上がってくるので、問い合わせに答えるのが大変でした。現場の人たちもとても大変だったと思います・・・ いったん収まってからも改修したい項目は100個以上あり、「グラウンド・ゼロ」という新しいプロジェクトを立ち上げ、現在も改修を続けています。

(河村) 人材業界への転職そのものが初めてのことだったので、業務フローの中でどのような使われ方をするか、理解することを難しく感じていました 。しかも制作にあたってのドキュメントがないので、現場へのヒアリングの連続でした。こまめにヒアリングしながら作っていくことが大変でしたね。

(岡川) 元々は外部のパートナーに依頼していたメールの機能。これを一部分までしかお願いできずその後を引き継ぎました。 メールを実装した経験がなかったので、どのように作ったらいいか苦労しました。当初はメールの仕組みを理解していなかったので、加藤さんたちに相談しながら作っていました。 「しゅふJOBパート」にとってメールは本当に重要な機能なので、テストの時もメールが届かなかったら・・・とドキドキしていました。

■「どんな時に仕事の中でやったことが社会の役に立っていると感じますか?」

(加藤) 応募があったときですね。 1日に100人とか150人とか入ってくると、たくさんの雇用機会を生み出している実感があります。 もちろん、それはシステムだけの成果というわけではありませんが、自分たちの活動が実を結んでいる実感がわきます。

(河村) 運営局から「使いやすくなった」という声を聞くと嬉しいです。 以前、メールのテンプレートを作ってほしいというリクエストがあったので、テンプレートを作るだけでなく、すぐにコピーできるボタンも作ったところ、好評だという声をいただきました。 現場の「したいこと」に対して、自分が「何ができるか」や「どれだけ出せるか」を考えて、プラスアルファでの提案をし、それが受け入れられるととてもやりがいを感じます。

(岡川) 新機能を追加する際にリリース案内のメールをするのですが、そこに「使いやすくなった」などの返信をもらった時は嬉しいですね。 今まで経験してきた仕事は、社内システムなど、外部の人たちには見せたりすることができないものばかりでした。 「しゅふJOBパート」はいろんな人に見てもらえるので、うれしいです。

■「今後、このチームでこんなことをしていきたい。このチームをどうしていきたいなどの展望を教えてください。」

(加藤) 次の世代に頑張ってもらって自分はどんどんラクになりたい・・・といいつつも、実際は次に取り組むPJが待っているから、常に新しいことに挑戦していくんだと思います。いつかやるなと言われるまでやり続けるだろうなと思いますね。 ただ、エンジニアの分野にはどんどん若い世代が出ているし、これから、もっとそういう人たちとも仕事ができたら嬉しいですね。

■「最後に一言。これだけは言いたいということや、U-003の未来について語ってください!」

(加藤) このチームは、「しゅふJOBパート」がある限りは続いていくチームです。 女性の働き方の多様性はこれからもっと重要になっていくテーマだと思います。 女性の多様な働き方のニーズにシステムとしてもっと応えていく必要性を感じています。

(岡川) もっともっと「しゅふJOBパート」の認知度を広げていきたいです。 地元が札幌なのですが、北海道の求人はまだまだ少ないのが現状です。 なので、もっと日本全国に求人が広まるサービスにしていきたいです。

(河村) 私も、地元の名古屋の求人は増えたらなと思いますね。 あとは、前職がゲーム業界でユーザー層が全然違っているので、そういったユーザーの特性を理解して如何にシンプルに分かりやすく作っていけるかに面白さを感じています。 もっと「しゅふJOBパート」がユーザーから見てわかりやすいサイトにしていきたいです。

■お忙しい中インタビューに答えていただき、ありがとうございました!

株式会社 ビースタイル's job postings
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
20476521 1490894557638296 8587649100990396454 n
Picture?1522979415
10354686 10150004552801856 220367501106153455 n
2d8e1ec5 7100 46e8 87ae be9a4b64cf91
5 Like
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
20476521 1490894557638296 8587649100990396454 n
Picture?1522979415
10354686 10150004552801856 220367501106153455 n
2d8e1ec5 7100 46e8 87ae be9a4b64cf91
5 Like

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon