1
/
5

ITスキル・医療知識ゼロの私がバックテックにジョインしたきっかけ〜代表との出会い〜

みなさんこんにちは!バックテックでインターンをしている中央大学の岡部です。
今日は、私がバックテックでインターンをしようと決意した理由について伝えていきたいのですが、その理由を一言でいえば「バックテックなら自分が求めていた経験ができる!」と思ったからです。

夢にはお金がかかることを学んだNPO・バイト時代

私には将来の夢とは少し違うのですが、中学生くらいの頃から「のどかな土地で家族や友人と楽しくくらしたい」という思いがありました。このように思うようになったのも、中学生当時、参加していたキャンプなどをするNPO等の影響なのかもしれません。

これは働きたくないという意味ではなく都会の喧騒から離れたところを拠点に地方創生的な仕事をするもよし、山にこもって農業をするもよし、というような柔軟性の高い生き方というイメージを持っています。

しかし、NPOの活動や、大学に入ってから一番時間を割いた映像関係の仕事を通じて、色んな人と出会い話を聞くうちに「夢ややりたいことをやるにはお金がかかる」という現実に直面しました。

バックテックとの出会い

そんなことを考えていた頃。
私が通学している中央大学のある講義の特別講師としてやってきたのが、今私がインターンをしている株式会社バックテックの代表をしている福谷さんでした。

ぶっちゃけて言えばここで講義聞いて「あ、この人いいな」と思いインターンを決意しました。

決め手は「福谷さんの人柄」8割、「IT系ベンチャー」であることが2割くらいです。

経営理念とかは二の次でこの人と仕事してみたいな、と思い応募することを決めました。
(福谷さんについての詳しい情報はこちらから

このとき、福谷さんがゲストとしてきた特別講義のテーマは“起業”でした。
自身の生い立ちや起業に至った経緯や起業についてのメリット・デメリットなどを話されている中で、スタートアップという分野に確かな将来性を感じました。特に、スタートアップのEXITや株式の話など、お金にまつわる話は「なるほどたしかに」と納得しました。

なんにせよ都会の生活がしみついたシティボーイである私が、前述したように、自然の中で暮らすことなど、永遠に不可能でしょう。もしそうなったら、コンビニや飲食店などを自分で設けなくてはならないかもしれません。もしかしたら、自分で会社を起こして、どこぞの田舎の「OO商会」みたいに地域に根差した企業を経営しなくては、ご飯を食べていけないかもしれません。

これまで、そんなときに通用するような経験を、普通に大学に通学して、卒業して、普通に就職して、普通に働くという一般的な進路を通っただけでできるのか、と疑問に思っていました。

実はこの疑問はずっと頭の中にあったんです。

周りの先輩や同級生が就職していく様子を見ていて、またNPOの活動や映像関係のお仕事を通じて「本当に必要な経験というのは、ただ”普通”に働いていては獲得できない」という漠然としたイメージを長いこと自分の頭の中に寝かせていたのです。

自分が会社の経営や事業に関わる感覚を経験するにはどうすればいいのか、といった疑問の答えも福谷さんの講演の中にありました。

そうか!!ベンチャーなら事業全体に関わる経験を積むことができ、経営を肌に感じながら実感し、やりたいこと実現していく個人のスキルや自信を身に着けていけるんだと、サブイボをたてながら講演聞いていました!

ちょうど大学に入ってから続けていた映像関連の活動も休止し、何か新しいことを探していた私にとってはまさに天啓だと思い、講演の最後に「インターンを募集している」という話を聞き、バックテックにジョインしたいと思ったのがきっかけでした。

医療もITもわからないけど、この人と働きたいしこの人とならやっていけるだろうと強く感じました。

エンジニアとしての道をスタート!

7月からインターンをしている私が今バックテックで主にしていることはエンジニアとしての開発業務です。エンジニアは未経験なのですが、福谷さんから『たぶん岡部くんは、エンジニアになったら大活躍しそうな気がするから、エンジニアになろうか』と初日に言われて、すぐに『はい!』と答えている自分がいました(笑)

おそらくこの言葉がけは、前述したような将来田舎で働きたいという夢があること、これまで映像関連の仕事もしてきていてPCの前にいると作業に没頭するという話を少ししていたので、今後の将来の方向性や性格を考慮した上での言葉だったと思っています。

プログラミングは、プロダクトマネージャーの金丸さんに教わりながら、日々自分でも模索しながら学習を進めています。それに伴い、エンジニアとしての学習の手順を記録しつつ、総括しておく作業も私の仕事になっています。だから、今からエンジニアとして、インターンしたい人も安心ですね!

今は学期末のためプログラミングの実務を踏まえた勉強のみに絞っていますが、今後は、事業戦略やマーケティングなども含め、事業全体に関わって、バックテックを成長させるキーマンになっていこうと考えています。

バックテックは、チームが非常に良い雰囲気で、インターンが来ても必要な機材や席等を用意してくれます。楽しくしっかりITスキルを身に着けることができるのでめちゃくちゃおすすめです!

まだ数回しかオフィスで稼働できていませんが、短期間でIT業界やベンチャー界隈についての知識が増えました。ベンチャー企業にいることで、質の良い情報も早いうちに入ってくるため、今後のキャリアにも活かしていけそうだと考えています。

他にもオフィスに行ってない時間もリモートで作業し、各メンバーとも連絡を取りながら自宅や大学からエンジニアとしてのスキルを上げていっています。医療、ベンチャー、自社サービス開発などに興味がある方や将来ガンガン働きたい学生さんはとりあえず連絡とって福谷さんと会ってみるといいと思います。

今後も、僕の成長日記をブログ配信を通して公開していきますので、今後にご期待ください!

株式会社バックテックでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社バックテックからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?