売上やアクセス数だって見る。開発だけしてればOKじゃない環境が僕を成長させる

こんにちわ(`・ω・´)

株式会社ベーシックのEC事業部のエンジニアをやっております川又です。

2014年の新卒として入社しました。そろそろベーシック歴、社会人歴ともに4年目になるエンジニアです。

前に記事を書いた森さんと同期になります。森さんが書いた記事はコチラ!

なぜferretで働くのか〜まっさらなferretが宝の山に〜


ベーシックのEC事業部というと、phocase、original-case-factoryやcanvathといった事業が有ります。この中のphocaseというサービスをメインに見ています。


phocaseは主に女性をターゲットにしたかわいらしいデザインのスマホケースや、スマートフォンアクセサリーを販売しています。

2013年2月4日からサービスがスタートしていまして、もう4年も続いているサービスになります。

ぼくがphocaseに携わり始めたのが2015年夏頃になりますので、phocaseとは2年弱の付き合いになりますね。

そこでぼくはエンジニアという枠を超え、様々な働き方をしています。

この記事では、ぼくが会社でどのように働いているのか。

もし入社したらどのように働くことになるのかという雰囲気や、将来はエンジニア以外のキャリアを考えているという方に読んでもらえれば幸いです。



エンジニアもマーケティングを考える。ディレクターとあれこれ白熱する

phocaseは4年もサービスを運営しており、4年も運営していれば色々とあります。

それは大きく売れて喜ぶときもありましたし、売上が下がり始めたときには何が悪かったのかと四苦八苦するときもありました。

良いときも悪かった時もGoogle Analyticsなどのツールを用いて数字を見て、何が良かったのか、悪かったのか調べます。

その後、ディレクターが仮説を立て、エンジニアが案を深掘りしながら、より良くするための手段を考案していきます。

必要なら、エンジニアだってPVやCVもチェックしますし、売上だって気にします。せっかくの機会を棒に振るにすることはしません。数字を見て一緒にディレクターと頭を悩ませ、あれやこれやと話し合います。

しかし毎回噛み合う、なんてこともなく、ときには数字に対する感じ方、仮説や意見が噛み合わず論争になる時もあります。

例えば、クリックするボタンの色や大きさについての細かな点についてだったり、ユーザーをより多く呼ぶためのアイディアを考えるときだったりもします。

また、ユーザーの趣味や動きについて「phocaseにくる彼・彼女はきっとスマホケースに関しては〇〇が趣味に違いない!」「いや、こういう柄が好きで今のトレンドがこうだから、導線はこっちのページに寄せたほうが良い!」と目指したいサービスの形を語る大きなテーマの時の論争のときもあり、このときはなかなか白熱しました。

エンジニアだからと意見を飲み込むのではなく、互いに遠慮せず納得できる結論にたどり着くまで話を繰り返します。なので、仕事には納得感を持って取り組むことが出来ますね。


そうした話し合いの中で良いアイディアが生まれます。そのアイディアを実現し、ユーザーの反応が良くなり、サービスが良くなったときに喜びややりがいを強く感じることが出来ました。

数字を見て、検証し、次の実験へ

ぼくはどんなことでも気づいてしまったら、「とりあえずやってみよう」と試してみたくなってしまいます。そのほうがあまり考えず出来て楽ですし。

なので、インフラの仕様変更やユーザーに見えない部分の改善は日々行っており、かなり自由にやらせてもらっています。が、フロントとなるとそうは行きません。

Webサービスをやって行く上でUI、UXは欠かせません。

「どうやったらユーザーは気持ちよく買い物ができるだろう」

ということを常に考え、実装した後には数字がどう動いたか検証し、次の作戦を立ててから実装へと動き出していきます。


ぼくらのやりたいことがユーザーのやってほしいこととは限らない。エンジニアだからこそ、ユーザーが求める動作を追求し、提供しないといけない。

ここをきちんと抑えて動かなければ、サービスの価値やパフォーマンスを引き上げることは出来ない。

ベーシックで働いていると、ディレクターと話す機会が増え、ユーザーのことを考える時間も増える。しっかりインプット、アウトプット繰り返し続けることで自然とユーザーのことを考え続ける癖が身につきました。

数え切れない成長の機会。やればやるほど、「次」が見えてくる環境

よくエンジニアは「物」を作るスキルはある。技術があるから何でも作れるよね。と言われます。

だけれど、いざ物を作ろうと思うと、なかなか何を作って良いのか分かりません。

四苦八苦してようやく「物」を生み出しても、それがゴールではありません。ユーザーに使ってもらえず、運用して行けずに脱落してしまうこともよくあります。



ぼくはこの3年間、ベーシックでかなり自由に、幅広くやらせてもらいました。ときにはサーバーが一瞬落ちたりと、やらかしてしまうこともありました。(その節は本当にすみませんでした!)

そのおかげか、サービスを構築して物を完成させ、さらには運用も脱落せずに続けられる技術が身についたなと感じています。


フレームワークを使ったサービスづくりや、その基盤となる部分をAWSを用いて、0からインフラを構築するところからやらせてもらいました。

ベーシックには様々な事業部がありますので、ときにはメインで携わっていないサービスの開発にヘルプとして参加させてもらうこともありました。

ときにはphocaseという枠を飛び出て、他事業部の様々な職種の方々と話し合う機会もたくさんあります。感じ方や仕事の仕方の違いに、多様な刺激を受けました。これは話すことでしか得られない貴重なものだと感じています。


まだまだエンジニアとしては未熟ですが、数多くの開発に用いる技術力を身につけることが出来ました。それに加え「どうやったらユーザーのためになるだろうか」ということを考える思考力も手に入りました。

この3年間で、入社したときには黒い画面に抵抗感を覚えていたぼくが、人並みにはWebサービスを構築して運用する事ができるくらいのレベルにはなれたかなと思います。

そして、力を身に着けると次にやるべきことがどんどん見えてきます。

エンジニア力と思考力が合わさること見えなかったものが見えるようになり、「あれ?ここもっと、こねくり回せばもっと良くなりそうだぞ?」と突然アイディアが降ってくるようにもなりました。

ぼくらと一緒にアイディアをひねり出しながらサービス運用やりませんか?

EC事業部はそれなりに歴史が長い事業部です。

細かな技術的な負債がまだまだある状態で、全てが最新の技術という訳にはいきません。

しかし、それは「まだまだ改善の余地がある」ということ。やるべき箇所が多すぎて大変で、それは寧ろ、やりがいがあります。


それに、ベーシックでは新しい概念やツールは積極的に取り入れていける土壌があります。全てが最新ではないかもしれませんが、常に新しい技術に触れる機会が散りばめられてます。

ぼくが飽きること無くベーシックでエンジニアを続けられているのもこの自由な開発部の土俵があるおかげであると思っています。


ぼくだちと一緒にベーシックで開発をしてみませんか?

少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ、募集ページへ!


Ruby | PHPエンジニア
めっちゃ売れてるオリジナルグッズ作成ECをもっと魅力的にするエンジニア募集
スマホケースの専門サイト「phocase ( https://phocase.jp/ ) 」は、女性をターゲットに、おしゃれなデザインケースを展開しています。Androidのおしゃれなケースがない、という問題解決から、2013年にスタート。多くの女性のお客様に支えられ、今年で5年目に入ります。 オリジナルグッズを1個から安価に作れる「Canvath ( https://canvath.jp/ ) 」は、minneやCreemaなどの、誰でも簡単にネットショップが作れるサービスでオリジナルグッズを販売するネットショップオーナーさま向けのサービスです。2015年から正式にスタートし、ベーシックのなかでも驚異的な成長率を誇るサービスです。
株式会社ベーシック



UI/UX designer
ネクストステージに行きたいデザイナーWANTED!
8業種の比較サイト事業からスタートし、「Webマーケティング」と「問題解決」をキーワードに事業を推進。現在はマーケティングオートメーションツール「ferret One」と国内最大級のWebマーケティングポータル「ferret」を軸に、Webマーケティングの大衆化を見据えたプロダクト展開をしています。 特にferret Oneでは、ビジネスの成果にフォーカスしたコンテンツマーケティング環境をワンストップで提供しています。米国で先行し上場企業も生まれている領域ですが、これを日本で普及させるための挑戦的なプロダクト開発が急務となっています。
株式会社ベーシック


マーケター
「ferret」とともに成長したいマーケターWANTED!
ferretは、2014年9月のリニューアル以降順調に成長し、現在では37万会員、420万PVまで成長しました。そしてその間、会員に向けて、記事だけでなく多くのサービスリリースをリリースしてきました。 そして2018年はより大きな目標に向けて、サービスを加速させていこうと考えています。 今回は、一緒にサービスの成長を担ってくれるマーケターの募集を始めます。 日本に400万社もあると言われている企業体のWeb担当者が本当に必要としている情報はどんなものなのか、そして使いやすいサイトとは。そんなことに思考を巡らせながら、業務を推進していける環境です! SEOやTwitterやFacebook、LINEを活用した集客だけでなく、サイト改善によるUI/UX改善にも着手していきます。 ぜひ一緒に仕事をできる人を募集しています! 【参考記事】 「ウェブマーケティングの大衆化」を掲げ、ベーシックがマーケティング総合サイト ferret(フェレット) をオープン http://thebridge.jp/2014/09/basic-start-ferret-for-the-masses 自社メディアの集客アップ ベーシックが運営指南 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26527280V00C18A2XY0000/ 100人以上から質問された『なぜベーシックに入社したんですか?』にお答えします https://recruit.basicinc.jp/blog/whychoosebasic
株式会社ベーシック



Marketer
目指すはWebマーケティングの大衆化!BtoBマーケターWANTED!
「Webマーケティング力で世の中の問題解決をする」 https://basicinc.jp/ 各種比較メディアの運営、イベント開催からWebマーケティングツールの提供、オウンドメディアの運営、スマートフォン向けデザインケースの製造販売、うどんチェーンの東南アジア進出支援など、多岐にわたっています。 一見、脈絡なく事業を展開しているように見えますが、共通して「Webマーケティング」で「問題解決」を行っています。 ★自社開発Webマーケティングオートメーションツール「ferret One」 https://ferret-one.com/ ★Webマーケティングに強くなるメディア「ferret」 https://ferret-plus.com/ ★スマホケースECサイト「phocase」 https://phocase.jp/
株式会社ベーシック
株式会社ベーシック's job postings
17 Likes
17 Likes

Weekly ranking

Show other rankings