This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

スキルを拡げて次世代型デザイナーへ!挑戦できる環境が、ここにはある。

みなさんこんにちは!

株式会社ベーシック開発部デザイナーの小林ひかるです。

まだ社員が5〜6人の立ち上げ間もない頃から、現在の規模に至るまでWeb業界の目まぐるしい変化と、ベーシックの凄まじい成長スピードを体感して来ました。

その中でデザイナーに求められる役割も大きく変化して来ていますね。今の企業が望んでいるデザイナーとはどんなもの何でしょう?


デザイナーが不足してるって本当?

昨年、ベーシックのデザイン部主催のデザイナーイベントを行った所、参加者みなさんが口々に言っていたのが、

「デザイナーが足りない。」

求職中のデザイナーさんは、実感があるでしょうか?

実は「デザイナーが不足している」のではなく、デザイナーに求められる領域が幅広くなり、それに対応できるデザイナーがいない、と言う事なんですね。

今のデザイナーに求められるスキルセットは、「Webdesign×コーディング」はもとより、マーケティング知識、ディレクション能力、システム理解など実に幅広い。

カメラ上手かったり、ちょっとJS書けたり、Rails解ってたり、マス向けで使えるレベルのグラフィック作れたら良いよねー、なんて話も聞いたりします。

そして、複数のプロジェクトをスピード感を持って走らせるとなると、そのスキルセットを持ったデザイナーが1人では足りない、と言う事なんです。


でも、それだけ多くのスキルを新たに独学で増やすとなるとなかなか難しい

しかも実践で身につける機会は今の職場では実現しない、と言うデザイナーさんも多いのではないでしょうか?


新しいスキルに挑戦できる環境

ベーシックは自社サービスを企画・開発・運用する会社。

事業形態もマーケティングツール、Webメディア、ECサイト、飲食チェーンの海外進出支援など、実に幅広いのです。

そして、職種もwebマーケターから、システムエンジニア、営業やカスタマーサービスまであらゆる職種のメンバーと1つのプロジェクトを一緒に作り上げています。

そして何より社員一人ひとりに求めるものが「成長」

なので、自分の過去のスキルを活かしながら、新しいスキルに挑戦する環境が整っています。


私も今まで4つの部署と数え切ないプロジェクトを経験する中で、

業界で言うとウエディングから、留学、スマホケース、海外飲食事業、Webマーケティングまで、

制作物はアプリ、ECサイト、コンテンツメディア、ツール、管理画面、LP、ポータルサイト、パンプレット、イベントブースまで幅広く携わることが出来ました。


どうしても乗り越えられなかった壁

元々、紙のデザインから入った私。

本当にシステムアレルギーで、htmlやcssの勉強は何度も挑戦して見たもの、毎回挫折し、実務レベルまで行かずじまいでした。

なので長年LPやバナーなど、グラフィック部分の制作を担当。

ペルソナ設定や大まかな分析のマーケティングを少々、キャッチコピーやコンセプト作り、コンテンツの企画・アイデア部分というスキルセットで通して来ました。

しかし、Webマーケターの人数が増えマーケティングも本格化し、今度は制作部隊が足りないという状況に。

そこでferret One部への異動、段階的にCSSを書いたり、システム環境構築すると言う機会を与えられました。


githubすら初めて使った私は、ドキュメントを読んでもチンプンカンプン。

「ディポジトリをフォークする?主語も述語も解らない;;」

「ヴェイグラント?板前?What’s??」

…みたいな状態でしたが、今では無事にステージング環境まで上げてエンジニアさんに渡せるようになって来ました。

逆もしかりで、

・サイト制作はできるけど、グラフィックをちゃんと学んだ事がない

・マーケティングに関してこれから学びたい


と言うデザイナーさんにもその成長機会が与えられます。

「絶対自分には出来ない!」と思っていたことを乗り越えた経験は成長を実感でき、次なる挑戦への意欲に繋がっています。


自社サービスの醍醐味

ベーシックで一番面白いのは、サービスを成長させている実感が持てること!

自社サービスなので、ユーザーの反応がリアルタイムで解ります。

入社当時は、IT業界初心者という立場を逆手に取って、webリテラシーの低い人でも解りやすい、受け入れ易い画面作りを考えたりしていました。


ユーザーの反応が明らかに好転するとモチベーションも上昇!

もっともっと良くしたい、他の元気のないサイトも改修したい!と欲が出て来ます。

これは、提出すれば終わりのクライアント仕事では味わえない面白さでした。

一方、作り終わってもビジネス貢献できなければ仕事をした事にはならない、と言う厳しさも実感しています。

どんなに考えても、目的とズレていたり、またローンチするタイミングが遅れてしまっては、ただ作業をしただけになってしまう。仕事をしなかったと同じになってしまう。

そんな厳しさを肝に銘じながら制作をしています。


ベーシックでチームの面白さを知る

もともと一匹狼でマイペース。

さらに小さな組織でしか働いたことのなかった私は、

プロジェクトを「自分事」として捉える意識は人一倍強い反面、

仕事を抱え込む自分の成功体験に捉われ過ぎる、という欠点がありました。

いわゆる「属人化」しやすい体質だったんですね。


ベーシックと言う会社が猛スピードで拡大して行くのと共に、チームとしての仕事の面白さを発見して行きます。

・色んな視点がインプットできる

・1社で色んな事業を知る事ができる

・1社で色んな技術や知識を学ぶ事ができる


そして前述のように「1人ではどうしても乗り越えられなかった壁が乗り越えられる」と言うのは、本当に大きいです。

なので、「スキルには自信があるけど、チームとしての仕事の仕方も学びたい」

と言う人にもオススメの環境です。


チーム仕事で心掛けていること

私の中で大切にしているのは、チームメンバーを信用して制作を進めることです。

基本的にはロジカルに考えるデザインチームですが、現実の仕事の中では理論だけでは割り切れない「主観」や「感性」が必要な時もあります。


その際に起こりがちな「主観」と「主観」のぶつかり合い。

十分に話し合った上も決まらない時は、「誰が最終ジャッジをすべきか」を定めること。

最終的にはその人の判断に従い、その判断に基づいて全力で良いアプトプットを出すというルールにすれば、プロジェクトが止まってしまう事もありません。


どれだけ綿密に計画を立てても、やってみなければ判らないことなんでいくらでもあります。であれば、主導する人の判断を信じ、運用してみて結果が思わしくなければ他の案を試せば良いだけです。



これもデザイナーの大きな役割

また、時として私はデザインのアウトプットを「認識のすり合わせ」の道具として活用してもらうようにしています。

頭の中で考えてもまとまらない時、ワイヤーフレームで抜け落ちているポイントがある時、

・AとBの要素を同時に伝えるなら、このデザイン

・Aだけにフォーカスし、まずはインパクトを与えたいなら、このデザイン

というように、複数案を提案します。


視覚的に明示することで、改めてユーザーの受け止める印象がイメージできるので、より的確な判断ができるのです。

そうして作られた制作物はユーザーの心を掴むことが出来るので、

「結果の出るデザイン」となるのです。


デザイナーのキャリアを考える

対応できるスキルを増やす事で、デザイナーが貢献できる事はまだまだ沢山あります。

ベーシックではひとり一人のキャリアを一緒に考えてくれる環境があり、新たに身につけたいものがあれば、チャレンジする機会も与えてくれます。

スキルを増やして成長する意欲のある人、ただ作って終わるだけのデザイナーを卒業したい人はジョインして見ませんか?


UI/UX デザイナー
ネクストステージに行きたいデザイナーWANTED!
8業種の比較サイト事業からスタートし、「Webマーケティング」と「問題解決」をキーワードに事業を推進。現在はマーケティングオートメーションツール「ferret One」と国内最大級のWebマーケティングポータル「ferret」を軸に、Webマーケティングの大衆化を見据えたプロダクト展開をしています。 特にferret Oneでは、ビジネスの成果にフォーカスしたコンテンツマーケティング環境をワンストップで提供しています。米国で先行し上場企業も生まれている領域ですが、これを日本で普及させるための挑戦的なプロダクト開発が急務となっています。
株式会社ベーシック


マーケティング
目指すはWebマーケティングの大衆化!BtoBマーケターWANTED!
「Webマーケティング力で世の中の問題解決をする」 https://basicinc.jp/ 各種比較メディアの運営、イベント開催からWebマーケティングツールの提供、オウンドメディアの運営、スマートフォン向けデザインケースの製造販売、うどんチェーンの東南アジア進出支援など、多岐にわたっています。 一見、脈絡なく事業を展開しているように見えますが、共通して「Webマーケティング」で「問題解決」を行っています。 ★自社開発Webマーケティングオートメーションツール「ferret One」 https://ferret-one.com/ ★Webマーケティングに強くなるメディア「ferret」 https://ferret-plus.com/ ★スマホケースECサイト「phocase」 https://phocase.jp/
株式会社ベーシック



マーケティングディレクター
「ferret」とともに成長したいマーケティングディレクターWANTED!
ferretは、2014年9月のリニューアル以降順調に成長し、現在では34万会員、270万PVまで成長しました。そしてその間、会員に向けて、記事だけでなく多くのサービスリリースをリリースしてきました。 そして2017年はより大きな目標に向けて、サービスを加速させていこうと考えています。 今回は、一緒にサービスの成長を担ってくれるマーケティング・ディレクターの募集を始めます。 日本に400万社もあると言われている企業体のWeb担当者が本当に必要としている情報はどんなものなのか、そして使いやすいサイトとは。そんなことに思考を巡らせながら、業務を推進していける環境です! SEOやTwitterやFacebook、LINEを活用した集客だけでなく、サイト改善によるUI/UX改善にも着手していきます。 ぜひ一緒に仕事をできる人を募集しています! 【参考記事】 「ウェブマーケティングの大衆化」を掲げ、ベーシックがマーケティング総合サイト Ferret(フェレット) をオープン http://thebridge.jp/2014/09/basic-start-ferret-for-the-masses ferretがWeb担当者向けに最適なツールを比較できる新サービス「Marketer’s STORE」β版の提供を開始 http://thebridge.jp/2016/01/ferret-start-marketers-store 記事作成クラウドソーシング「サグーワークス」とwebマーケティング総合サイト「ferret」が業務提携 http://thebridge.jp/2016/05/sagooo-ferret ferretがnotariと提携して企業のInstagram運用をサポートする解析ツール「ナビスタ」をリリース http://thebridge.jp/2016/06/navista
株式会社ベーシック


マーケティング
サービスをグロースハック!成果を導くWEBマーケティングトレーナー求む!
「Webマーケティング力で世の中の問題解決をする」 https://basicinc.jp/ 各種比較メディアの運営、イベント開催からWebマーケティングツールの提供、オウンドメディアの運営、スマートフォン向けデザインケースの製造販売、うどんチェーンの東南アジア進出支援など、多岐にわたっています。 一見、脈絡なく事業を展開しているように見えますが、共通して「Webマーケティング」で「問題解決」を行っています。 ・自社開発Webマーケティングオートメーションツール「ferret One」 https://ferret-one.com/ ・Webマーケティングに強くなるメディア「ferret」 https://ferret-plus.com/ ★スマホケースECサイト「phocase」 https://phocase.jp/
株式会社ベーシック


Webライター
ferretでWebマーケを学びながらライターをやりたい人WANTED!
Webマーケティングメディア「ferret」は、2014年9月にオープンして以降、順調に成長を続けています。 現在は会員数35万人、月間300万PVと、国内マーケティングメディアでは最大の規模となりました。(2017年5月現在) 運営母体である株式会社ベーシックは、比較サイトやスマホケースのECサイトの運営など、Webマーケティング力を駆使して売り上げを増やしてきた会社です。 自社で培ってきたWebマーケティングのノウハウをferret上で発信することで、一人でも多くの方がWebマーケティングを実践できるよう日々試行錯誤しています。 新規事業にも積極的に取り組んでおり、今年4月にはマーケティングツール・ソリューションの比較サービス「Marketer’s STORE」をリリースしました。
株式会社ベーシック


セールス
Webマーケティングで革命を起こす!新規事業のセールスメンバーWANTED
ベーシックは中期ビジョンとして『Webマーケティングの大衆化』を掲げています。 国内N0.1のWebマーケティングポータルサイト「ferret」を始めとし、Webマーケティングを誰でも簡単かつ効果的に実践することができるマーケティングオートメーションツール「ferret One」を注力事業に据えています。 「ferret」は現在、会員数35万人を超え、メディア立ち上げ以来、右肩上がりの成長を続けています。新規事業にも積極的に取り組んでおり、今年4月にはマーケティングツール・ソリューションの比較サービス「Marketer’s STORE」をリリースしました。 「ferret One」は来期以降の上場を目指すベーシックの最注力事業。開発から販売、サポートまでを一貫して自社で行い、『世界一Webマーケティングを簡単にする』ツールを目指しています。 【参考記事】 Webマーケティングの大衆化で、社会のあらゆるものを“問題解決”する https://www.pr-table.com/basicinc
株式会社ベーシック


株式会社ベーシックでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Picture?height=40&width=40
0c343d9a b072 455a 9057 10023ab56007
D0c704d1 0279 450d 8d28 7e418dc3abc5
A236ca4a 89c2 4f44 b223 e8f748de661f
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
18 いいね!
Anonymous
Picture?height=40&width=40
0c343d9a b072 455a 9057 10023ab56007
D0c704d1 0279 450d 8d28 7e418dc3abc5
A236ca4a 89c2 4f44 b223 e8f748de661f
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
18 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon