Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

CEO 黒崎賢一
国内独自、人力と機械の融合型のサービスです。
BearTailは「無駄な時間を減らし、豊かな時間を作り、人生の道標を示す」をビジョンとして掲げている会社です。 自動お金管理サービスの「Dr.Wallet」、クラウド経費精算システムの「Dr.経費精算」という2つのフィンテック事業を運営しています。2,000名のオペレーターが人力版AWSとして活躍し、GoogleやFacebookなど単なるIT企業では解決できない、社会課題を解決しています。 経費精算とは、出張、交通費の旅費や、物品の購入を従業員が一時的に立替え、その経費申請報告書を会社に提出することで、払い戻しを行うことを指します。 「領収書を撮るだけ」 オペレーターによって内容が入力代行されます。 また、クレジットカードや電子マネーも一度の設定で明細を自動取得。 入力の手間を大幅に削減できます。 「無駄な時間を減らし、豊かな時間を作り、人生の道標を示す。」 当ビジョンの下、さらなるイノベーションを起こし、社会に大きく貢献していきたいと考えております。 その人の人生にとって、価値ある時間となり、良い方向へ導くのがBearTailが作るサービスです。

なぜやるのか

創業メンバーとの距離も近いです!
社員一同、志高く日々の業務に取り組んでおります!
会社ビジョンは「無駄な時間を省き、豊かな時間を作る。北極星のように社会の道標となろう。」 社名の「BearTail」は熊のしっぽを意味する造語です。 夜空を見上げると、北極星が見えます。こぐま座のしっぽ部分に位置する北極星のように、世の中の道しるべとなるような、大きな価値を届ける存在になりたい。そういう思いをBearTailに込めました。 価値定義の、ものさしとなるのは時間だと思います。 いかに多くの時間を僕らのサービスに使ったのか、無駄な時間を減らせたのか、豊かな時間を作れたのか。 その人の人生にとって、価値ある時間となり、良い方向へ導くのがBearTailが作るサービスです。

どうやっているのか

風通しは良く、一人一人に裁量あるチャレンジングな環境です!
20代から40代まで、フラットな職場です!
■エンジニア、デザイナー、セールスコンサルタント、バックオフィス、様々な職種の社員がいます。フラットな社風で、どの職種の人でもアイデアを発表したり、難題には職種を超えてチームで解決できる環境が整っています。 ■CEO(27)、CTO(27)共に若く、エンジニアドリブンな社風です。大企業とは大局的な、合理的で無駄なプロセスがない組織を目指します。事業を前に進めるために必要なアイデアは、変化を恐れずすぐに取り入れられます。ひとりひとりがミニCEOとして裁量権を持って管轄業務をハックし続けています。理想と現状のギャップを工夫によって一つずつ仕組み 化する機会が多くあります。 ■2016年1月の法改正を受け、スマホでの経費精算が合法化された今、まさに日本の経費精算のあるべき姿は大きな変革を起こすことができるチャンスです。急激に増加する顧客と組織の成長を「他責NG」をキーワードに、顧客だけではなく自社の組織課題もハックして良くしていく。ゲームチェンジャーとして、力を集結させ、会社、事業、個人の成長を共に実現するチームで挑んでいます。 ■定期的にイベントを企画したり、新しい仲間が入社するとオフィスでWelcomePartyを開催するなど、社員の仲の良さと社内の活発なコミュニケーションも特徴です!