1
/
5

WAKUWAKU人財戦略室に潜入!!採用の裏側を徹底解明!! ~新入社員インタビュー#1~

こんにちは。20年入社の小山です。

現在新型コロナウイルスで大変な状況ではありますが、無事入社式を終えることができ、念願のWAKUWAKUの社員になることが出来ました!

この度、Wantedlyの記事を通じてWAKUWAKUの魅力を伝えるべく、新入社員が一年以内に入社された先輩社員の方々を中心にインタビューをすることになりました!
初めての先輩社員の方々との交流を、20年入社の10人で十回にわたって掲載していきたいと思います。

今回は、WAKUWAKU人財戦略室の立花さんに採用裏話を聞いていきたいと思います!
最後までお楽しみください!

【目次】
1、人財戦略室 立花さんはどんな人?
2、採用時どんなところを見ているの?
3、立花さんから見たWAKUWAKUの魅力


~人財戦略室 立花倫子さんはどんな人?~

小山(以下、小) 「こんにちは。先日は素敵な入社式を開いていただき、ありがとうございました!人財戦略室の方には就職活動の際からとてもお世話になっています。改めて立花さんの自己紹介をお願いしてもいいですか?」

立花(以下、立) 「こんにちは。入社おめでとうございます!人事としてのキャッチフレーズをつけるとしたら、私は迷走人事です(笑) 実はこの会社が6社目なんです。なので自己紹介を始めると終わらない・・・でも、一応。新卒1期生として入社した会社が1年で倒産という衝撃的な社会人生活のスタートを皮切りに、2社目のITベンチャーで激動の人事を経験、3社目で人材大手のリクルートエージェントへ。リーマンショックと結婚・出産をはさんで、4社目で初めてリフォーム営業の世界へ。仕事が楽しくて育児との両立を悩んで5社目へ。子供が小学生にあがったタイミングで、もう一度自分自身のキャリアを考えて6社目となるWAKUWAKUへ。それぞれの詳しい経緯は、また別のタイミングで(笑)」

小「様々な企業を見てからのWAKUWAKUとの出会いだったんですね!多くの企業を見てきたからこそ今の仕事に活きていることなどはありますか?」

立「結構迷走してきているのですが、結果的にWAKUWAKUの事業展開を理解できる業界経験が出来ていたこと。それから、色々な考え方やキャリアに対してフラットに受け止められていることだと思います。
学歴とか社歴はあんまり気にしていなくて、何をしてきたか何をしたいかをまずは聞いてみようというところは意識しています。」

小「なるほど。立花さん自身の色々な経歴が今のWAKUWAKUの採用に活かされているのですね!」


~採用時どんなところを見ているの?~

小「実際、採用の面接の時はどういったところをみているのですか?」

立「“”がはっきりしているかどうかです。WAKUWAKUに入って本当によかったと思ってほしいので、今回の転職で何を得たいのか、何が嫌で転職するのかが明確な人。そこがはっきりしていないと、フィールドしか用意できない今のスタートアップのタイミングでは、お互い幸せになれないのかなと思っています。」

小「入ったばかりですが、WAKUWAKUは、皆さん将来の夢を持っている印象を受けていました!」

立「あとは、前職の成果や、それをするために何をしたのかというところの具体的なプロセスは見ています。
そして、WAKUWAKUの求めている人財については開示するようにしています。応募者の方にも自分とWAKUWAKUが合っているかを判断してもらいたいので!転職や副業が当たり前な世の中になってきていますが、やっぱり長く働いてほしいし、結果を出してほしいので。そのためにもその人と会社とが同じベクトルであって欲しい!」

小「同じベクトル!大切ですよね。新卒の採用に関してはどうですか?」

立「私は全国一位になりました!みたいなものは、なくていいと思っていて、‟何かをするためにちゃんと考えてきたか”とか。‟失敗した経験があるか“とか。‟それを乗り越えてきたか”というところは結構見ています。皆さん、よくそこまでストイックに出来るな、みたいなことを当たり前にやっていて、よく驚かされます(笑)変態な人ほど自分のこと変態だと思ってないんだよね(笑)」

小「私たち変態でしたか?(笑)」

立「うん(笑) でも、人と違っていてもいいって思っているような自己肯定感の高い人が私たちはいいと思っていて、そういう子たちは素直だから。素直なことが一番大事!!」

小「素直か~。そんな風に見てもらえていたんですね!ちょっとうれしいです(笑)」


~立花さんから見たWAKUWAKU の魅力~

小「最後に人財戦略室にいるからこそ思うWAKUWAKUの魅力について教えてください!」

立「魅力か~。私、会社大好きだからな~(笑)でも一番はだよね!WAKUWAKUって会社に入ってきているくらいだから、みんな‟想い“がある!嫌な人がいない!個性は強いかもしれないけど、みんなとってもいい人!男女とか年齢とか役職とか変なヒエラルキーがなく、フラットなところも凄く自慢できます!あとは、この人数でこれだけの事業を展開していることも面白いなと思っています。目指す世界観を作っていくために、とても難しいことをしているけど、為し得たときにWAKUWAKUすごいな!って言われると思っているので、大変だけど取り組みがいがある、そこが魅力です!」

小「ありがとうございました!立花さんのWAKUWAKU愛がとても伝わるお話でした!」



―――――――――――――――――――――――

WAKUWAKUが目指す世界観を一緒に作る一員になれて私もワクワクしています!
自分自身もなにがしたいのか、その芯の部分をずらすことなく頑張っていきたいと思います!
今週は、人財戦略室 立花さんにお話を聞かせていただきました!

それでは次回の記事もお楽しみに!

株式会社WAKUWAKU's job postings
17 Likes
17 Likes

Weekly ranking

Show other rankings