This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

Beer and Techのインターンに参加して

インターン参加前はどのような状態でしたか?

ざっくりと働くことや自分が情熱を注げるものを探すため、海外の日系旅行代理店や日本のNPOでインターンなどの活動に取り組んでいました。しかし、決められたことを徹底してこなすことに疑問を持ったり、何を解決しているのか何のためにやっているのかが実感できずにいました(そこで働いている方たちへの評価ではなくあくまで個人的な思いです)。

なぜBeer and Techのインターンに申し込んだ理由を教えてください

簡潔に言うと、上記の課題を解決できると思ったからです。元々目的意識が強いという性格もあると思いますが、HitoHanaの事業理念や内容、そしてそれを達成しようとする風土(仕事や人に対する考え方)に心惹かれました。入ってみないと分からない面もありますが、面接でオフィスに訪れた際に自分とは比べていけないくらい優秀なメンバーが食い入るように仕事をしている様子を見て、それらを体現できていると実感しました。 またオウンドメディアをゼロから立ち上げるという内容だったので、何もできない自分が何かできるようになるには良い経験になる、力をつけられる機会になると思ったことが参加の動機です。

インターン期間中はどのようなことに取り組みましたか?

主にオウンドメディア(https://hitohana.tokyo/note)のマネジメントに取り組んでいました。またオウンドメディアが一段落した以降は、オペレーションや追加商品の写真撮影、商品のコンテンツ作成など幅広く携わらせていただいています。

参加後の感想を教えてください ?

まず仕事の進め方を徹底的に学べたことが大きいです。何がしたくて何が課題になっているのか、何から解決していけば良いのか等の問題解決のための考え方です。この精度の違いで成果が変わってくることを実感しました(実行力も必要ですが)。メンバーは常に方法を改善していくので、ほぼ毎日学びの種が落ちているように思います(会社の推薦図書も役に立ちます)。 また事業を通して人に喜んでもらうという経験は純粋に嬉しかったです。立ち上げ当初からの試行錯誤の繰り返しに伴い、顧客ともに取引先が徐々に増加していく過程を見ることができたのは学びになりました。メンバーのように良いときも悪いときも、ブレずに一貫して重要なことから取り掛かり、実行できる強さを身につけていきたいと思っています。

Beer and Techのインターンはどんな方にお勧めしたいですか?

・実際に事業を作る経験をしたいという方 まだ改善中のことやこれからやっていきたいことが多々あるので、学習しながら実践したいという思いがある方には良い機会だと思います。

・経験の豊富な人たちと一緒に成長していきたいという方 最近聞き慣れた言葉で言うと、打席に立てる、立たせてもらえる回数は多いです。スピード感を重視するときにはすぐに交代されることもありますが、限界まで引っ張ってもらえる印象です。その中で沢山失敗しますし、やりきれず落ち込むこともありますが、自分ができない理由や課題を的確に指摘していただけるので学びの機会は多く得られます。落ち込んでいても間違いははっきりと指摘されるので、できないことよりも成長することに価値をおいている気持ちのよい方々です。

★Beer and Techでは以下の求人を募集しています!

CMO候補
植物業界のZOZOSUITを狙う!D2Cスタートアップ!CMO候補募集
Beer and Techは、ビジネスとテクノロジーの力で古い産業の未来をつくるというミッションのもと15年の年末に花卉業界に参入しました。 花卉業界では、3年でEC発の製造小売型のNo.1フラワー・グリーンブランドを作り、お客様と作り手を結びつける新しい流通インフラを創造することにチャンレンジしています。 具体的には、リリース1年で花卉業界でECサイトで3位のトラフィックを獲得するほど、急成長している植物EC事業『HitoHana(ひとはな)』とリアル店舗のショールーミング化を進める委託販売事業『HitoHana for Business』の2つの事業を運営しています。 【HitoHana(ひとはな)について】 まず、急成長中の植物EC『HitoHana(ひとはな)』は、インテリアとしての植物需要にフォーカスして、デザイン性の高い商品を次々にリリースしてきました。 いままで、町のお花屋さんやホームセンターでは気に入ったグリーンが見つけられなかったお客様の課題を解決し、お客様の手のひらに10000を超える商品を並べています。 今後、大量のアクセスにより得られた様々なデータをもとに、自社で企画、製造した商品を自社のECサイトで販売する「D2C(Direct To Consumer)」モデルに展開し、No.1フラワー・グリーンブランドを創ってきます。 【HitoHana for Businessについて】 『HitoHana for Business』はECの在庫と配送基盤を利用し、インテリアショップやリノベーション企業様に弊社の商品を在庫リスクゼロで委託販売してもらうサービスを提供しています。在庫リスクをなくし、売り場のPDCAを高速化することで魅力的な植物売り場を実現しています。既に大手インテリア店様の店頭に我々の商品が並んでいます。在庫リスクなく売り場の最適化を行えるメリットは呼び水に、花卉業界の流通基盤はECがもつ在庫と配送基盤が担うようになると考えています。長年変わらなかった卸売市場に大きな変革をもたらし、より多くの方が色々なグリーンインテリアの提案できるようになるはずです。 弊社のBusinessの詳細は各メディアの皆様がうまくまとめてくれていますので、御覧ください。 ■植物EC「HitoHana」提供元が1億円を調達――飲食予約からピボット、フラワー業界の課題解決へ http://jp.techcrunch.com/2017/10/04/hitohana-fundraising/ ■植物EC「HitoHana」運営Beer and Tech、GBとANRIから1億円を調達——フルフィルメント強化とデータドリブン手法で、ロングテールに対応 http://thebridge.jp/2017/10/beer-and-tech-jpy100m-funding
株式会社Beer and Tech
Rubyエンジニア
1年で業界3位!社員全員エンジニア経験者、植物ECスタートアップ開発者募集
Beer and Techは、ビジネスとテクノロジーの力で古い産業の未来をつくるというミッションのもと15年の年末に花卉業界に参入しました。 花卉業界では、3年でEC発の製造小売型のNo.1フラワー・グリーンブランドを作り、お客様と作り手を結びつける新しい流通インフラを創造することにチャンレンジしています。 具体的には、リリース1年で花卉業界でECサイトで3位のトラフィックを獲得するほど、急成長している植物EC事業『HitoHana(ひとはな)』とリアル店舗のショールーミング化を進める委託販売事業『HitoHana for Business』の2つの事業を運営しています。 【HitoHana(ひとはな)について】 まず、急成長中の植物EC『HitoHana(ひとはな)』は、インテリアとしての植物需要にフォーカスして、デザイン性の高い商品を次々にリリースしてきました。 いままで、町のお花屋さんやホームセンターでは気に入ったグリーンが見つけられなかったお客様の課題を解決し、お客様の手のひらに10000を超える商品を並べています。 今後、大量のアクセスにより得られた様々なデータをもとに、自社で企画、製造した商品を自社のECサイトで販売する「D2C(Direct To Consumer)」モデルに展開し、No.1フラワー・グリーンブランドを創ってきます。 【HitoHana for Businessについて】 『HitoHana for Business』はECの在庫と配送基盤を利用し、インテリアショップやリノベーション企業様に弊社の商品を在庫リスクゼロで委託販売してもらうサービスを提供しています。在庫リスクをなくし、売り場のPDCAを高速化することで魅力的な植物売り場を実現しています。既に大手インテリア店様の店頭に我々の商品が並んでいます。在庫リスクなく売り場の最適化を行えるメリットは呼び水に、花卉業界の流通基盤はECがもつ在庫と配送基盤が担うようになると考えています。長年変わらなかった卸売市場に大きな変革をもたらし、より多くの方が色々なグリーンインテリアの提案できるようになるはずです。 弊社のBusinessの詳細は各メディアの皆様がうまくまとめてくれていますので、御覧ください。 ■植物EC「HitoHana」提供元が1億円を調達――飲食予約からピボット、フラワー業界の課題解決へ http://jp.techcrunch.com/2017/10/04/hitohana-fundraising/ ■植物EC「HitoHana」運営Beer and Tech、GBとANRIから1億円を調達——フルフィルメント強化とデータドリブン手法で、ロングテールに対応 http://thebridge.jp/2017/10/beer-and-tech-jpy100m-funding
株式会社Beer and Tech
カスタマーサポート責任者
お客様対応は常に高評価!急成長中の植物ECのカスタマーサポート責任者募集
Beer and Techは、ビジネスとテクノロジーの力で古い産業の未来をつくるというミッションのもと15年の年末に花卉業界に参入しました。 花卉業界では、3年でEC発の製造小売型のNo.1フラワー・グリーンブランドを作り、お客様と作り手を結びつける新しい流通インフラを創造することにチャンレンジしています。 具体的には、リリース1年で花卉業界でECサイトで3位のトラフィックを獲得するほど、急成長している植物EC事業『HitoHana(ひとはな)』とリアル店舗のショールーミング化を進める委託販売事業『HitoHana for Business』の2つの事業を運営しています。 【HitoHana(ひとはな)について】 まず、急成長中の植物EC『HitoHana(ひとはな)』は、インテリアとしての植物需要にフォーカスして、デザイン性の高い商品を次々にリリースしてきました。 いままで、町のお花屋さんやホームセンターでは気に入ったグリーンが見つけられなかったお客様の課題を解決し、お客様の手のひらに10000を超える商品を並べています。 今後、大量のアクセスにより得られた様々なデータをもとに、自社で企画、製造した商品を自社のECサイトで販売する「D2C(Direct To Consumer)」モデルに展開し、No.1フラワー・グリーンブランドを創ってきます。 【HitoHana for Businessについて】 『HitoHana for Business』はECの在庫と配送基盤を利用し、インテリアショップやリノベーション企業様に弊社の商品を在庫リスクゼロで委託販売してもらうサービスを提供しています。在庫リスクをなくし、売り場のPDCAを高速化することで魅力的な植物売り場を実現しています。既に大手インテリア店様の店頭に我々の商品が並んでいます。在庫リスクなく売り場の最適化を行えるメリットは呼び水に、花卉業界の流通基盤はECがもつ在庫と配送基盤が担うようになると考えています。長年変わらなかった卸売市場に大きな変革をもたらし、より多くの方が色々なグリーンインテリアの提案できるようになるはずです。 弊社のBusinessの詳細は各メディアの皆様がうまくまとめてくれていますので、御覧ください。 ■植物EC「HitoHana」提供元が1億円を調達――飲食予約からピボット、フラワー業界の課題解決へ http://jp.techcrunch.com/2017/10/04/hitohana-fundraising/ ■植物EC「HitoHana」運営Beer and Tech、GBとANRIから1億円を調達——フルフィルメント強化とデータドリブン手法で、ロングテールに対応 http://thebridge.jp/2017/10/beer-and-tech-jpy100m-funding
株式会社Beer and Tech
株式会社Beer and Techでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
1924367 534038916739903 7933012691041516981 n
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
10422078 10152351632356384 9138249960790277616 n
20915398 890160161147318 8398431383216832375 n
Picture?1523215221
6 いいね!
Anonymous
1924367 534038916739903 7933012691041516981 n
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
10422078 10152351632356384 9138249960790277616 n
20915398 890160161147318 8398431383216832375 n
Picture?1523215221
6 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon