【社内制度】ベルフェイスの『5Value』とは?本当の意味で社員に根付くValueの創り方

こんにちは!人事広報チームの小正です。

今日はベルフェイスの社内制度のひとつ、ベルフェイス『5Value』についてご紹介します!

実はもともとベルフェイスのValueは12個あったのですが、あまり社員に根付いておらず、、、

Valueの内容は、Recruiting / Use Strength / Think Different などなど。
私もすっかり忘れてしまいました(^^;)ベルフェイスの社員がいくら暗記力があると言っても12個は流石に無理!

そもそも12個って多すぎだったのでは…というツッコミはさておき、例えば企業のバリューが根付いているメルカリさんは3つのバリュー、ユーザベースさんは7つのルール。

そこで改めてValueを見直し、最も大切な5つに絞りました!
このValueはベルフェイスの社員として働く上でこうありたい、こうあってほしいという想いを込めた5つの共通の価値観です。

『うちの会社にもバリューとかビジョンってあるけど、実際形だけでしょ、、、』と思っているそこのあなた!
ベルフェイスの5Valueは入社前の採用基準として、また入社後の昇給制度の一環として使われている、とても重要な制度なんです!!!

① Ownership

仕事は自ら創るもので、与えられるものではありません。必要な情報は自ら取りに行き、顧客・事業・チームが求めていることを自分の頭で考え、発信し、主体的に行動します。

② High Speed

ビジネスにはスピードが必要です。あらゆるシーンで速さは誠実さの証であり、信頼の根幹です。スピードが速ければ多くのPDCA を回すことができ、成功の確率も高まります。ベルフェイスはあらゆる物事を速く行います。

③ Kaizen

完璧なやり方など存在しません。今日のベストは明日には劣化します。常に「今よりもっといいやり方」を模索し、チームに提案します。そのアイデアを得る為に本を読み、人に会い、自ら学び続けます。

④ Details

成功は細部に宿ります。メール1字・コード1行・写真1枚・デザイン1mm・顧客対応・企画まで徹底して細部にこだわり、関わる業務を詳細に把握します。無駄とも思えるそのこだわりが積み重なり、事業と人生を成功へ導きます。

⑤ for Friends

スピード成長の中、どうしても一人ではやり切れない時があります。そんな時は個人の業務範囲を超え、部内はもちろん、他部門であっても互いに手を差し伸べます。ベルフェイスメンバーは決して、「それは私の仕事ではありません」と口にしません。

これらがどのように使われているか具体的な例を4つご紹介します!

1.人事評価

ベルフェイスでは全社員半期ごとに5Valueから自分が注力する2つのValueを選択し、具体的にどんな行動で体現していくかを定めます。
そしてこれらの達成率をもとに給与を決めていて、達成者はなんと最大5万円の月額給与アップが設定されています!
以下のMission&Valueシートに沿って、毎月上長との1on1を行い、達成に向けた進捗確認や行動へのフィードバックをしています。

2.採用基準

どんなに輝かしい経験や優れたスキルのある方でも、5Valueに沿わない価値観を持った方は採用をしていません。皆が同じ方向を向いて事業を拡大していくため、価値観の共有を大事にしています。
弊社では面接の際5Valueに沿った質問を行い、5段階評価をして判断をしています。

そうすることで企業と個人間での価値観によるミスマッチをなくし、双方でハッピーな採用ができると考えています!

3.社内コミュニケーション

ベルフェイスでは社内コミュニケーションのSlackにて5Valueのスタンプを作っています。
そしてメンバー間のコミュニケーションの中で5Valueを体現している行動に皆でスタンプを押して、称賛しています!
例えば・・・

このように日々の小さな行動でも5Valueに結びつけて称賛し合うことで、『こういった行動が評価されるんだ!』と感じ、5Valueを身近なものと感じられます。

4.表彰

ベルフェイスでは毎月5Valueを体現したメンバーを表彰しております。そして今回から表彰社員のインタビューを連載していくことになりました!

どんな行動が評価されたのか、ベルフェイス社員が日々どんなことを考えながら仕事をしているのか、リアルな仕事ぶりも見られる内容となっていますので、ぜひご覧くださいませ!!

ベルフェイス株式会社's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more