1
/
5

僕自信が経営者でありながらBESで仕事をする理由。

代表へのリスペクトがBESで働く最大の理由

SNSスクールでは、いくつかの企業で講師と、研修カリキュラムの設計から研修全体のコントロールを行うディレクター業務をメインにやっています。

それ以外にも、新規顧客を獲得するためにセミナーを企画したり、セミナーを開催するためのパートナー企業を開拓したりといった営業活動や営業企画、採用活動にも携わっており、面接と入社後の初期教育まで担当しています。

僕は自分自身で会社を経営していて、BESとは業務委託契約を締結して業務に関わっているのですが、理由は単純に「代表の田中さんと一緒に仕事がしたい」と思ったからです。

本業はメディア露出したい企業が顧客を獲得するお手伝いという、いわゆるPR関連の仕事をしていますが、BESが提供するSNS関連のサービスと絡めていきたいという戦略的な部分ももちろんありますが、それをする上でも代表の田中に対してリスペクトがあってのことです。

自分の会社のサービスをより良いモノにしていくためには、こうして一緒に仕事ができるパートナーも必要ですが、田中と関わることでより自社のサービスはもちろん、自分自身も成長したりスキルを伸ばしていけるのではないかと思っています。

SNSはルールが常にアップデートされる。これが面白さの最大の理由。

SNSはルールや成功事例、正解が毎日変わるというところに面白さがあると思っています。その毎日変化するモノを扱っているからこそ、常に新しいことを追求することができるというのが、個人的は楽しいと感じることですね。

また、メンバー全員がそれぞれに経営者感覚をもって業務を遂行することが求められる環境なので、責任ももちろん伴いますが、裁量ある役割を担えるということも大きな魅力の一つではないかと思います。

サービスも会社も立ち上げフェーズで、常に変化があったり担える仕事の幅が広かったりしするので、それをメリットに感じられる人にとっては、とても面白く仕事ができる会社だと思います。

マーケティングはもちろん、コンサル力が求められる環境

SNSを使っているクライアントのターゲット顧客をどのように集めるかということを、常にクライアントの立場に立って考える必要がありますし、もちろん企業ごとに課題も違って売上や業績を伸ばすための手法も異なりますので、売上を伸ばすために必要な能力やコンサルタントとしての能力は必然的に求められる業務ばかりです。

また、マーケティング的な視点も持ちながら戦略設計や運用、改善など求められるので、努力すればするほど、コンサルタントや講師として、いずれの業界でも求められるような基礎的な能力が付いていくと思います。

個人的にSNSマーケティングの業界の中でこうありたいと想うビジョンとして、どんなモノでもどんなコトでも流行らせることができる人になることを目標に掲げています。

そういう意味で、現代においてはSNSの知識や最大限活用できる能力は必要になるのは間違いないですよね。この仕事でその力を存分に身につけていきたいし、それをBESのメンバーに教えていきたいと思っています。

一緒に働きたい最大の条件は「明るい人」

一緒に働きたいと思える人は、まずは明るい人ですね!

それ以外にも、高い目標を掲げることに対してワクワクできるような人や、とりあえず一回はチャレンジしてみよう!と思える人がいいなと思います。

BESに限らずスタートアップの会社では、「自分に対しての責任を取れる人」「仕事自体を楽しめる人」が活躍するための最低条件だと思っています。

何事にもポジディブに行動してチャレンジすることを恐れず、しっかり責任感をもちながらも仕事を楽しめる人がいたらBESの仕事にチャレンジしてもらいたいですね!

株式会社BES's job postings

Weekly ranking

Show other rankings