1
/
5

自分のミッションと会社のミッション

どーもー!リカルドです!

2回目のブログ書かせていただきます。今回のテーマは

Beyond cafeのValueを体現する為にしていることです!


・Be crazy

常に熱狂している自分を追求し

自分と会社のミッションをリンクさせること


・Beyond Next

もう一歩少しでも良い状態になるよう思考を続ける

新しい文化を作る主人公となること


・Share the Moments

社内外にミッションを共有し

周りを共犯者にすること

の三つがあります。


特に自分として自然と取り組めているのは

Be crazy

常に熱狂している自分を追求し自分と会社のミッションをリンクさせることです!


今の仕事をしている理由とも繋がってくるのですが、

「若者が働くことを通じ夢中になれる場所創りをする」


自分も多くの知人から影響を受け夢中になれる場所を見つけたことから、

受信する側から発信側へ移行したいという思いがきっかけです。


高校卒業まではサッカーばかりだった自分はサッカー関係の人間のみと友達で、

いつも同じ層の人間と繋がっていたと今になって思います。

そういったコミュニティではサッカーがうまい奴が偉く関係のない学校生活でもなぜか、

上手い奴が全てのヒエラルキーの上に位置する特殊なコミュニティにいた気がします。

もしかしたら、スポーツやってた人は気持ちわかるかもwwww



大学生になり、先輩や友人などいろいろな考え方の人たちと出会い

考え方や視野の広さに影響を受けたことを覚えています。


サッカーしか脳になかった自分がコミュニケーションを取りやすい人間と時間を供にし

話す内容の領域も興味あるものもほぼ同じといった、コンフォートゾーンにずっといた気がします。


大学での出会いの新たなコミュニティ、新たな考え方の人々との接触は

最初は居心地の悪さを少しは感じるかもしれませんがポジティブに考えると、

これまでいた小さなコミュニティの中のヒエラルキーの中から抜け出すいい機会になったと思ってます。

※僕がいたのはサッカーうまい奴が偉いというヒエラルキー



そんな新たな価値観と出会い続けていた大学生のある日、久しぶりに高校のサッカー部のメンバーと集まりました。

久々の再会の人間もいたので色々話しましたが、上から目線とかそういう訳ではなく変わってないな、、、と思いました。

サッカーというものには必死になれたが、サッカーを引退し魂を燃やせるものに出会っていないのでは?

と感じたのです。


僕の高校はサッカーでいうと強豪校だったので、みんなレベルは府や県の代表ばかり

自分の熱中した事を極める力があるのに次に必死になれるものがない

本当に「もったいない」!!と思いました。



だからこそ自分は発信する側になりもったいない人は減らしたい。きっかけを作りたい。

力があるのに頑張る方向性がわからない

やる気はあるのにやり方がわからない

そんな人たちにきっかけを与えれるよう仕事を続けたいと思います。


ビヨンドカフェの理念を世の中へ

伝え続けると、もったいない人が減るのではと思っています。


では!!!!!!!!!!

株式会社Beyond Cafeでは一緒に働く仲間を募集しています
12 いいね!
12 いいね!
今週のランキング