新卒10ヶ月で転職した僕がBEYOND CAFEに入社した理由

初めまして!

株式会社Beyond Cafeに2月から入社しました、小田井(オダイ)です!

上の写真、グレーのスーツのやつです笑

普段、BEYOND CAFEでは主に営業として活動し、
企業様と学生様との出逢いを創らせていただいております。

そんな私のBEYOND CAFEに出逢った経緯とジョインした理由をお伝えできればと思います。

・就活生の頃の自分

大学生の頃、ベンチャー企業で長期インターンをしていました。

長期インターンをしようと思ったのは社会人になる前に営業を経験して、他の大学生より成長し、就職が有利に進むようにと考えたのが理由です。

そこで営業を経験し、就職に関しては深く考えることなく、前職の大手IT企業に就職しました。

就活生の時の自分は、自分がインターンしていたベンチャー企業が持っていない一方で大手企業が持っている綺麗なオフィスや、サービスの多様性、与えるインパクトの大きさや、知名度、そんなものになんとなくの憧れをを持っていて、そんな憧れの大手企業に自身の経験が買われ、何も考えずに就職先を決めてしまいました。

今から思うと、バカだなと思います。

でも、それまで何も一生懸命努力をせずに生きてきた僕は、それまでの様に、就職先でもそれなりにやれるという自信を持っていて、社会人になってもインターンの時みたいにガンガン営業で数字を作って行くんだ!と思っていました。

・前職で直面した現実と理想の違い

何も考えずに就職先を決めたにしては、僕は働くことに対して意欲的だったと思います。

さぁ!営業だ!新規で営業してどんどん数字を作るぞ!
そんな風に意気込んで入社した僕が配属されたのは、新規営業の部署ではありませんでした。

配属されたのは、既存営業の部署で、自分がイメージしていた「新しい売り上げを作って行く」
花形の営業職ではなく、既存の契約で赤字になってしまったものを黒字に戻すための営業でした。

そこでは、自身の強みだと思っていた、行動力が全く活かせず、苦手だった正確性ばかりを求められ、入社して2カ月で早くも仕事に対して違和感を感じていました。

俺はこの先もここで働くのだろうか?と。

そんな疑問を胸に抱いていたものの、僕は「自分で動かないと!」と思い、当時の部長に直談判し、新規営業に一定期間移してもらいました。

そこで、自分なりに工夫し、動いたにも関わらず、全く成果が出ませんでした。
そして元々の約束の期間を終えて既存営業に戻ることに。

焦りだけが募る日々でしたが、新規営業での経験を買われてか、元の部署にもどってから大きな案件を任せて貰えました。

ですが、そこで自分の中の糸がプツンと切れてしまったんです。

え?大きな案件を任されたのに切れちゃったの?って思われる方もいらっしゃることでしょう。

なんで切れてしまったのかというと、新規営業に移って、全く成果が出なかった頃も、既存営業に戻って大きな案件を任された時も、周りになんの評価もされなかったからです。

それは叱責も、賞賛も、激励も、全てを含めてのことで、全く、何も言われなかったのです。

今思うと、周りの人も、自分の仕事で手一杯だったんだと思います。

ですが、当時の自分は、「私ってここにいる意味がありますか?」と本部長の前でそれを直談判して、泣き崩れたんですね。

そしたら、返って来た言葉は「そんなことを言っている暇があったら、もっと自分で周りを見て、周りのサポートをしろ」でした。

今思うと、この言葉には、いろんな意味があったんだろうな、と思うのですが、その時の自分には、「お前なんていなくてもいい」と言われている様に感じてしまい、そこでプツンって切れてしまったんです。

それが、入社10ヶ月目のことでした。

・転職活動を機に自分を見つめ直す

そんな経験を経て、転職をしようと思いたったのですが、
まともに就活生をしたわけでもないので、やり方もわかりません。

だからこそ、基本的な転職活動を調べることから始めて、就職というものをやり直そうと思ったんです。

転職活動を始めて、オファーが来た企業にすぐに、4社の内定をもらえました。それは、前職やインターン時代に立てた成績や、営業!っていう外見のイメージもあったのかと思います。

1回も面接に落ちることなく、転職活動は順調でした。

そんな風にまたしっかり考えずに転職活動をしていた私は、その頃に1人のキャリアカウンセラーの方に出逢いました。

その方と話す中で、初めて自分の過去や思いをしっかり掘り下げられ、「小田井くんってそうじゃないよね。もっと理念とか、思いとかが大事なんじゃないの?」といわれ、初めて自分の心の奥にある『利他性』の様なものに気づきました。その方から、そういう理念や思いを大切にしたいなら、人材とかいいんじゃない?という風勧められたことをきっかけに、人材業界に興味を持ちました。

人材業界を勧められた時、私が思い出したのは、前職の同期たちの存在でした。

僕だけでなく、前職の同期もみんな辛そうで、「仕事を辞めたい」といつも言っていて、毎日辛そうに、でも生きていくために働いていることを思い出したんです。

なんでこんな辛い思いをしなきゃいけないんだろう、と、そんな純粋な疑問を初めて抱いたんですね。

この自分の疑問を解消するためには、そんな理不尽をなくすためには、人材の中でも、採用に関わる仕事をしたい、と思う様になりました。

そんな風に思う様になった頃、私はBEYOND CAFEに出逢いました。

・「成長」って言葉に逃げていた自分


去年の11月後半。

弊社代表の伊藤と初めて面談をすることになりました。

私はその時、伊藤を前にして、堂々と「成長したいんです!」と伝えました。

前職での経験や、自分の様な後悔をする人を減らしたい、という自分の想い。
前の会社の環境では成長できないから、成長できる環境を探しています!と。

私がそういうと、伊藤は、「成長ってどういう意味?」と聞かれたんです。

その質問に対し答えられませんでした。

そこで初めて、自分が「成長」という耳障りのいい言葉でちゃんと考えることから逃げていたのではないか、ということに初めて気づいたです。

このままではダメだと。

ちゃんと考えないといけない!と危機感を感じて、「自分が働く意味」についてしっかり考え始めました。

自分のことについてしっかり考えて働く意味ってなんだ?って考えるとき、ひたすらBEYOND CAFEの人に対して聴き込みました。

なんでみんなそんなに一生懸命働けるんだろう?なんのためにみんなそんなに頑張れるんだろう?

前職で仕事は辛いものだ、という刷り込みを受けてしまっていた私にとって、ハードワークであるにもかかわらず一生懸命楽しそうに働くBEYOND CAFEの人たちが不思議でしかなかったからです。

そうすると、BEYOND CAFEの皆は、口を揃えて「目標があるからだよ!」というんです。

その時、僕は今まで自分が目標を持って頑張ってこなかったことに気づきました。

それまでは、なんとなくで出来たことだけをやって、目標も目的も持たずにいたから、なんとなくの憧れで大手に行き、そこで理想と違っていたことに対して人のせいや環境のせいにして逃げていたんですね。

ああ、そうか、自分に足りないものはこれだったんだ!だったら、ちゃんと自分自身を見つめ直して、自分自身の目標を見つけたい!きっとここでこの人たちと働いたらその自分だけの目標が見つかるはずだ!と考えました。

・今の私

そんな風に考えてBEYOND CAFEにジョインした私の今の目標は、「働く=楽しい」を体現することです。

インターンをしていた時の自分を振り返った時、働くことを楽しんでいたんですね。

それに、周りの辛そうに働いている大人や、会社に行きたくないと、くだを巻く社会人を見て、自分は絶対にそんな風にならないと思っていました。

でも、実際には、前職の自分は、そんな、なりたくなかった大人になっていたんですよね。

だからこそ、私がすべきことは、就活生の頃なろうと思っていた、楽しく働く、ということを体現していくことだとおもっています。

BEYOND CAFEにジョインしてもっとも変わったなと思うことは、虚勢を張ることをやめたことかな、と思います。

今まで出会ったことのない、すごく優秀な人たちを目の当たりにして、自分がいつも張っている虚勢がひどくちっぽけでくだらないものだな、と感じる様になったんですね。

この人たちのから学びたい!と思ったら、そんなちっぽけな虚勢を張ることをやめることが出来ました。

「みんなみたいに素直に心から仕事を楽しみたい!」と思ったら、「自分も素直になって、仕事に向き合って、全力で楽しもう!」と思うことが出来ました。

そんな風に素直になった結果、今は働くことがとても楽しいです。

まだまだBEYOND CAFEにジョインして日は浅いですが、一歩ずつ着実に、自分の今の目標を達成できていると思います!

・自分の仕事に違和感を抱えている人へ

私自身もそうでしたが、自分が働く意味ってなんだろう?とか、自分って何が大切なんだろう?ということをちゃんと考えなきゃと思いながらも、ちゃんと考えられていなかった人に対して、そこから逃げずに考えて欲しいな、と思います。

楽しくない、つまらない、そんな風に現状に不満を心に抱えながら、日々の生活のためになんとなく働いてしまっている人たちに対して、BEYOND CAFEの理念である、「MeetYourself」自分の働く意義や目的について考えて欲しいと思います。


この記事に少しでも共感していただけたら、ぜひお話だけでも聴きに来てください!

あなたも楽しく働くを考えましょう!!!

株式会社Beyond Cafe's job postings
15 Likes
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more