1
/
5

オムツが買えなくて、僕はビットコインに出会った

みなさん、こんにちは。採用チームの金森です。

さて、先日公開したこちらの記事が嬉しいことにTrendingPostsに掲載されました!

引き続き、社員インタビューしていきますので是非チェックしてくださいね。今回はFLOCブロックチェーン大学校(ブロックチェーン専門スクール)で教育者としても活躍中のジョナサンです。

【登場人物】
金森:インタビュアー。採用チーム。
ジョナサン:技術顧問としてビットバンクにジョイン。現在は社員としてブロックチェーン周りの開発や研究に携わる。FLOCブロックチェーン大学校の校長でもある。

金森:よろしくお願いします。早速ですが、ご出身はどちらでしょうか。

ジョナサン:生まれはアメリカのニューヨーク州。4歳から日本に行くまではずっとアリゾナ州にいたよ。

金森:ジョナサンは日本語がお上手ですが、興味を持ったきっかけを教えてください。

ジョナサン:そうですね。小さい頃から言語学に興味がありました。当時の90年代はアメリカにたくさんの日本のアニメが入ってきたので、そのアニメが大好きになって、日本語にも興味を持つようになりましたね。もともとスペイン語を学んでいたんだけど、スペイン語は英語と文法の構成は似ていて、面白いところとしては形容詞とか名詞とかに性別をつけるところくらいかな。でも、日本語は言語レベルで日本の社会性が出ていて、言葉を理解するのに「察すること」が必要だったりする。こういうところが特に面白いなぁって。

金森:ちなみにどんなアニメをみていたのでしょうか。

ジョナサン:ドラゴンボールを見ていました。他にもセーラームーンも見たことあったかな。最初は日本のアニメということを知らず、アメリカの変わった絵だと思っていました。放送を毎回楽しみにしていたんだけど、吹き替えは時間がかかるし、字幕は翻訳がおかしくて......。もっと早く、正確な内容を把握したいと思って、それなら自分で学べばいいじゃんっ!となり学ぶようになったんです。


金森:日本に来たきっかけは?

ジョナサン:私は日本語が好きで、趣味ではプログラミングをしていて、ゲームも好きだったことから日本のゲーム会社へ就職したいと思いました。日本の就活サイクルには合わせられないから大学の夏休みを利用して大手ゲーム会社へ履歴書を持って売り込みに行ったよ。「私を採用してください」って。それで内定をもらって、大手ゲーム会社に就職したんだ。

金森:ゲーム会社で働かれていたのですね。では、ビットコインと出会ったきっかけは何でしょう。

ジョナサン:結婚して子供が生まれ、ある日オムツを買うためにATMへ行ったら、残高不足っていわれて。残高はあるはずなのにって思い、携帯で確認したら全額差し押さえられてたんだ。差し押さえって督促状とか届くイメージじゃない?全くそういうのがなくて、何がなんだか分からなかった。翌日問い合わせたら、3年前に住んでいた区の区役所が差し押さえたらしくって、最終的には彼らの間違いだったんだけど凄く迷惑被ったよ。それで差し押さえられている時期にVPNの更新があり、更新費の支払いをどうしたら良いか検索したところ、ちょうどビットコインでVPNが買えるみたいなニュースがあったんだ。それで知らない人と落ち合って現金でビットコインを買ったんだ。それを使ってVPNを購入できた。それからはブロックチェーンの仕組みにも興味を持ち、オープンソースコミュニティの中でたくさん開発してたよ。

金森:ビットバンクとの出会いはどこでしょうか。

ジョナサン:廣末さん(CEO)とは、ビットコインのMeetupで知り合った。最初は技術顧問ということで、定時まで別の会社で働いて、夜からビットバンクで働いていたよ。気づいたら、正式にジョインすることになって、2017年3月に正式にビットバンクの社員になりました。

金森:当時の周りの反応ってどんな感じでしょうか。現在とは全く違ったと思うのですが。

ジョナサン:マウントゴックス事件まではあんまりビットコインに関わっていることを大声で言えなかったのが正直なところで......。唯一、ビットコインと関わっている人が分かるのはビットコインのMeetupくらいだったかな。マウントゴックス事件が起きた時、しばらくビットコインについての話題は世間に出ないんじゃないかと思ってたね。そしたら、価格は下げ相場だったけど、興味を持つ人は増え、そこについては上げ相場だった。次第に「ジョナサン、ビットコインの開発に関わっているんでしょ?ちょっと手伝ってちょうだい。」と周りから言われるようになったんだ。

金森:そんな中でいろんな会社と関わりがあったかと思いますが、ビットバンクへジョインした決め手はなんでしょうか。

ジョナサン:一番大きいのはビットコイン好きが多いところかな。ビットバンクにはコミュニティで仲の良かった仲間が結構いました。そして「ビットコインをすべての人に」、こんなミッションなかなかないですよ。これはビットバンクの良いところだと思うね。


金森:ジョナサンにとってビットコインの魅力的なところはどこでしょう。

ジョナサン:ビットコインに出会って初めて、自分のもの、資産を持てたという気がするんだ。さっきも少し話したけど、自分の財産って政府に止められたりするじゃない。これって本当に自分のものなのかって考えるようになってね。でも、ビットコインは差し押さえ不可能な仕組みをつくることができる。簡単ではないけど(笑)。そういう仕組みも含めて面白いと思っているよ。

金森:教育方面でもご活躍されていますが、FLOCブロックチェーン大学校についても聞かせてください。

ジョナサン:最初は無償で勉強会をやっていたんだけど、需要が増えて有償にしました。ブロックチェーンを学びたい人が増えているけれど、ネット検索ではICO等の営業トークがついてくるから正しい情報をキャッチできないという人も多い。そんな人に正しい知識を得て欲しいと思っているよ。無料体験コースでもある程度理解できるから、興味ある人は是非来てほしいね。ブロックチェーンについて学ぶならFLOCブロックチェーン大学校でしょって言われてるようにしたい、そして私が感じるブロックチェーンに対する愛情や興味に共感を持っていもらいたいんだ!

金森:ビットバンクでは福利厚生の一環としてFLOC無料受講できますもんね。私も受講中です。それでは最後にどんな人と働きたいか教えてください。

ジョナサン:そうだなぁ。仮想通貨の話題について、客観的な分析ができて、かつ自分の意見を持っている人かな。他人任せだったり、頑固すぎるのはちょっと......。また、エンジニアだけではなくお客様目線での意見もなるべく多く欲しいからサポート業務の人にもそんな人が更に増えて欲しいです。

金森:ジョナサン、今日はありがとうございました。

FLOCブロックチェーン大学校では無料体験コースがあるのでご興味ある方は是非ご参加ください。

また、ビットバンクで活躍いただけるブロックチェーンエンジニアも募集しております。

ビットバンク株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
19 いいね!
19 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
ビットバンク株式会社からお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?