BitStarが決めた行動指針

BitStar 代表の渡邉です。

今回初投稿ということで、普段中々書くことがないのですが緩く長く続けていこうと思いますのでどうぞ宜しくお願いします。

さて、本日はBitStarの行動指針についてのお話です。

BitStarでは30人規模になってきて、様々なバックグラウンドの方が入社してくるので会社として何を良しとしているのか、という暗黙知を明文化することにしました。この人数規模になると、何を評価の対象として会社はメンバーを見ているのか、どうしても人それぞれで認識が異なってしまうことが起きうるので会社全体での合宿を通じて行動指針の洗い出しを行いました。



最終的には出てきたアイデアの中で僕自身が決めていったのですが、その考えの大元になる軸をお伝えしたいと思います。

まず、行動指針策定にあたり重要なのが、ミッション・ビジョンだと考えました。

ミッション・ビジョンによって、どういう会社を作りたいのか、その上でどういう組織が必要で、どういう行動指針が必要なのかが見えてくるからです。

そこでBitStarのケースに置き換えると、

▼ミッション

事業を通じて、新しい産業・新しい文化を作る

▼事業ビジョン

インフルエンサーが活躍できるようなインフラを作る

▼組織のビジョン

事業創造集団を作る

▼行動指針の前提となる考え方

行動指針とは、ミッションや、組織としてどうあるべきか(組織ビジョン)を実現するために、会社として重要としているものだと考えています。したがって、同時に大事にしないことも明記しました。また、どうやったら浸透するか、という観点でも会社として飛び交いそうなワードを明記しました。



以下、考え出した行動指針となります。

5つの行動指針の徹底により事業創造集団を作っていきたいと考えています。

▼行動指針

1.エッジを効かせろ

・普通の成功ではなく10倍を目指す

・+αの価値提供

・毎日改善、改善+飛躍したアイデア

奨励できないこと:今の仕事に付加価値をつけないままでいること

社内の掛け声:それエッジ効いてるの?エッジ効いてなくない?


2.プロフェッショナリズム

・責任を持つ、目標に対してやりきる、顧客の期待を超える

・顧客中心主義であること。圧倒的当事者意識が重要。新しいサービスは顧客の課題から生まれる。

奨励できないこと:顧客の課題解決が不十分であること、クレーム、クレームに対する対応、期待に応えないこと、期待を超えないこと、責任を果たさないこと。

社内の掛け声:プロ意識あんの?


3.自ら機会を作り出し自らを変えよ

※これはリクルートの受け売りですが、素晴らしい言葉なので設定しました。いつか自分たちの会社にフィットする言葉に変えたいと思います。

・我々はスタートアップとして挑戦を奨励する会社である。自らの責務を果たしつつ、会社として、自分としての可能性を広げよう。※責務を果たしつつ、新しいチャレンジをすることは生半可でないと心得よ。

・仕事の報酬は仕事。仕事の悩みを解決するのも仕事。悩むより考えろ。

奨励できないこと:自分で結果を出さずに、アクションをせずに、努力せずに、会社に機会を求めること

社内の掛け声:で、自分はどうしたいの?どんなチャレンジ(アクション)したの?


4.one for all, all for one

・個人より組織で勝つことを意識しよう。我々は営業、インフル、開発、コーポレートと多様なメンバーが同期することで成果が最大化される。

・社内への共有を徹底するや仕事の見える化、情報の差異を埋める。

・皆で掴む成果は個人の成果よりも何倍も嬉しい

奨励できないこと:組織へのネガティブな言動・行動。個人プレーに走ること

社内の掛け声:個人としては良いけど組織としてはどうなの?その行動、組織への影響考えた?


5.超速スピード

大企業になく、スタートアップとして最も重要なのはスピードである。競合他社が3年かかることを1年でやろう。

奨励できないこと:いつまでたってもアイデアに留め、実現へのアクションを起こさないこと。

社内の掛け声:それ他社の3倍のスピードでやってるの?スピード遅くない?それ動いているの?動いてないのなんでなの?


▼それぞれの行動指針の考えた背景

”1.エッジを効かせろ”は普通の仕事じゃなくて、+α価値提供しよう、少しでも前進しようよ、という意思表示です。

前に進めていくことが事業の推進や新事業の創造、強いては産業作りにつながると考えています。


”2.プロフェッショナリズム”はプロであること。これは仕事をする上で絶対外せないと考えています。ユーザーファースト(顧客中心主義)であることが新しいサービスを生み出す源泉であると考えています。


”3.自ら機会を作り出し自らを変えよ”は個人が新しいことをやっていく上での心構えです。何か結果を出していないといけないし、新しいチャレンジをするにしても成果を出しつつ、1〜2割のリソースで少しずつ進めることもできるはず。成果を出しながらなので新しいことやるのは大変な負荷がかかるし、生半可なことじゃないんだよ!、けど機会を作るのは自分なんだよ!というのが伝わると良いかと。


”4.one for all, all for one”はうまく組織化することで、事業や組織がスケールするのと、組織としてうまく部署間が連動することで新しい事業が生まれるであろうと思っていることの表れです。


”5.超速スピード”はスタートアップが新しい事業・産業を作るのに何十年もかけていられない。イノベーションとは通常かかる事象の早戻しであるし、スタートアップの強みはスピードなのでこれを忘れてはいけないというこの表れです。


以上がBitStarの行動指針となります。



まとめると、「事業を通じて新たな産業・文化を作る」というミッションのもと、組織としては「事業創造集団を作る」というビジョンのもと、5つの行動指針β版を策定しました。


行動指針策定する上でどこの会社を入れたわけではないので、我流の荒削りと思って温かく見ていただけますと嬉しいです。


そして、こんなエッジの効いた会社に興味を持ったそこのあなた!

応募エントリーお待ちしておりますので宜しくお願いします!


株式会社BitStar's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings