【明日辞めるかもしれない】覚悟を持って入社した元芸能事務所広報が思うこととは!

10月よりBitStarで働いております。

野口と申します。

現在プロダクション部に所属して、マネージメントを担当しております。
前職では、某大手芸能事務所に11年間勤務しており、広報部で全てのタレント、アーティストを担当しておりました。

毎日充実した日々を送り、この仕事は自分にとっての天職だと思っておりました。

では、なぜその充実した日々、安定した仕事、
かつ給料も今より遥かに良かった仕事を辞めてBitStarにいるのか。

普通に考えたらありえないと誰もが思うと思います。
転職のキッカケは家族が増えることになるので、子供との時間を増やしたいためでした。
でもそれならもっと自分の時間が作れる仕事なんていっぱいあるし、わざわざBitStarじゃなくても良かったと思います。

転職エージェントに初めて紹介されて面接を受けたのが、今の会社でした。
面接受ける前はYouTubeなんて暇なときに見るくらいだし、今流行ってるけど数年後には過ぎ去るブームだから危険な橋は渡りたくないなと。

紹介されたからとりあえず話だけでも聞いてみようと。
でも、その考えは面接で渡邉社長にお会いして180度変わりました。

この人の下で働いたら、自分がどこまで役立てるのだろう。
自分がこの会社に入れば、どんな現象を社会に起こすことが出来るのだろう。

前の会社でも自分の思うように日々働かせていただいていましたが、それとは比べ物にならないくらい可能性に満ち溢れた会社だと思いました。

自分が働くにあたって、一番求めている「やりがい」がこの会社にはありました。
自分の目標はYouTuberをテレビに出して活躍させることです。

たかがYouTuber、されどYouTuberです。

出演、企画、撮影、編集を全て一人でこなしています。誰もが出来る仕事ではありません。
楽しそうだからやる、稼げるみたいだからやる。

そんな生半可な気持ちで活躍している人なんて誰一人いません。
今子供がなりたい職業の上位に位置するYouTuber。

その本当の魅力を少しでも世間に広めていきたいです。
でも自分が今感じている会社に対する思いが違っていたなら、明日にでも辞めると思います。

自分がもらっている給料に見合わない仕事しか出来ていないなら、明日にでもクビを切られる覚悟でいます。もし、このブログを見て入りたいと思った変わり者がいたとしてうちの会社に入ったときに自分はもういないかもしれません。

でも、まだ自分がいたらこの会社は本物だし自分の選択は間違ってなかったと思います。


株式会社BitStar's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings