Bizerの働き方について

はじめまして、Bizerでサービス開発のプロジェクトマネジャーをしています田中です。社員1号として入社後、産休育休を経て現在は2歳の娘を育てながら時短で働いています。

Bizerがどんな会社なのかもっとリアルに伝えたい、ということで、いまさらですが、ブログを書いてみることにしました。まずはライトな内容から、ということで、Bizerのメンバーがどんな働き方をしているのか、について今回はご紹介です。

働く時間

私は現在時短勤務ということで、9:30-16:00の時間帯で働いています。仕事が計画より遅れているようであれば帰宅後子供を寝かせてから自宅で仕事をすることも。他にも、週3日で働いていたり、夜大学に通っていたり、Bizerではみんなそれぞれのペースで仕事をしています。

田中のある日の1日

通勤中は電車でチャット(Slack)を確認、電車を降りてからオフィスまで徒歩10分歩く間に今日1日やることのシミュレーションをします。

9:30 出社後、メールチェック&返信/タスクの進捗状況のチェック

10:00 エンジニア/デザイナーとサービスの仕様について確認

10:30 作業(仕様作成など)

12:00 ランチ

13:00 作業(仕様作成など)

13:30 全員揃っての定例ミーティング

14:30 作業(開発環境の動作確認など)

16:00 退社

その後、家で育児家事に集中。23:00頃に再びチャットを確認し、その日のうちにやっておきたいことがあれば仕事をします。

オフィスにいられる時間が短いので、いつ何をするのかというのを意識して仕事をするようにしています。

働く場所

基本的には全員オフィスですが、在宅やカフェワークも可能です。私は最近は一人で集中してやりたい仕事をためて在宅で片付けたりしています、通勤時間を仕事にあてられるのでとても効率的です。

この場所選びというのは、各自の環境や性格によってもだいぶ違って来るのかな、とメンバーを見ていると思います。例えば、在宅だと子供がいてそもそも仕事にならないという場合もあります。また、静かな方が仕事が捗る人もいれば、カフェのように音があった方が捗るという人もいたり。画一的に在宅ワーク導入!というのではなく、みんなが一番パフォーマンスを出せる環境を自由に選べる、というのが大事だと思います。

コミュニケーション

上記のような状況なので、コミュニケーションは基本的にオンラインのチャットです。(BizerではSlackを使っています)時短勤務の身としては、自分がいない時間のことも後でまとめて確認できる、というのは本当にありがたいです(仕事に関係ない雑談も含め)。

逆に先日、お盆休みにイレギュラーで一人仕事をしていたときはチャットができず本当に寂しかった…不憫に思ったのか代表の畠山が反応してくれました。笑

とはいえ、対面で話した方が早い、ということももちろんあるので、その辺はバランスよく。


ーーーーーー

Bizerで働いていると、働き方を選ぶこととどんな仕事をするかは別のことだと改めて感じます。

以前は時短や在宅など働き方を選ぶと、仕事の内容にも自然と枠ができてしまう状況があったように思いますが、ツールや社会的な雰囲気やいろいろなことが変わってきて今は選択肢がだいぶ広がっていますよね。それでもまだまだ制限が多いという環境もあるのではないでしょうか。

そんな中で、Bizerでこのような働き方ができているのはとても幸せなことです。これからも日々自分に合った、Bizerという組織に合ったやり方を試行錯誤しながらますます良いチームをみんなで作っていきたいと思います。

そして、Bizerはバックオフィスという領域でサービスを提供していますが、バックオフィスに関わる人がいろいろな働き方、仕事を選べるそんな環境を作るお手伝いをしていきたいと考える夏の終わりでした。

Bizer株式会社's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings