1
/
5

【社員インタビューVol.4】ITや営業が未経験でも、ブルーポートなら活躍できる(営業・福村さん後編)

ブルーポートの魅力的な仲間を知ってもらいたい、と始まった社員インタビュー。今回は、営業推進事業部 福村さんのインタビュー後編です。前編では、営業としての仕事内容や嬉しい瞬間、課題などお話いただきました。後編では会社の好きなところ、チームの雰囲気、今後の展望を語っています。是非ご覧ください!(前編のインタビューはこちらから)

プロフィール:

福村勇治さん(28)

2017年入社/社会人6年目

営業推進事業部

年齢や役職問わずに仲の良いメンバー。チームで目標を追いかける

ー前編で、営業としての仕事内容をお伺いしました。続けて、会社の好きなところを教えていただけますか?

会社の全体感が理解できるところです。毎月の売上や経費、利益が全社員に公開されているので、数字に関しても細かく把握できます。少数精鋭のチームなので、自分のアクションが会社の業績にダイレクトに影響するところも、やりがいのひとつですね。

また、社長も含め、メンバーの仲が良く、会社の雰囲気が良いところも好きです。年齢や役職関係なく、色んな話をします。言いづらいことがないので、自分は何でも発言するのですが、逆にもう少しセーブした方がいいかな、と自分で思うくらい何でも話しています(笑)

▲左:福村さん 右:営業部 マネージャー(上司) 会話が弾んでいて何やら楽しそう

ーメンバーの年齢層を教えてください。

20代後半から30代前半のメンバーが中核です。年が離れているメンバーもいますが、その方々も含めて、仲が良いです。

ー他の方から「ブルーポートは働きやすい」と聞いたのですが、福村さんはどう感じていますか?

そうですね、すごく働きやすいと思います。

残業はほぼありません。定時は18時なのですが、私は基本18時を過ぎたらすぐに帰っています。ここ半年、19時まで会社にいたことはないですね。土日祝は休みで、休日出勤もないです。制度も充実していると思います。

ーどんな制度があるんですか?

「フレックス制度」というものがあります。月に1回取得することができ、その日は出社義務がなく、また1時間以上働けば出勤に見なされます。平日でも身の回りの事や、身体のメンテナンス、プライベートな用事などをこなす日として使って欲しい、と会社が独自に設定した制度です。

フレックス制度を使った日も、自然とメールチェックなどしており、なんだかんだ1時間以上仕事しちゃうのですが(笑)でも、いい制度だなと思います。

ーブルーポートに向いている人は、どんな人だと思いますか?

コミュニケーションが得意な人が向いていると思います。お客様とのコミュニケーションはもちろんですが、オフィスにいてもメンバーの誰かが話していることが多いです。静かに集中して仕事する時間ももちろん大切ですが、それだけでなくメンバーとの会話からも仕事のヒントや刺激をもらえたりするので、貴重な時間です。

▲奥側、真ん中の席が福村さん

あと、代表の桑鶴もよく言っているのですが、「素直な人」ですね。残業がない、メンバーが仲良し、というと楽な環境に思えるかもしれませんが、決してそうではありません。オンオフしっかり切り替え、チームで目標を追いかけています。やる時はやる、失敗しても学びに活かす。そういう実直な人が向いていると思います。

▲ブルーポート 男性メンバーの集合写真

入社時に、営業やITの経験は必須ではありません。私自身も、営業やITは未経験で入社しています。

ITや営業経験がなくても、ブルーポートなら活躍できる。組織づくりに携わる機会も

ー福村さんは、前職ではどのような仕事をされていたのですか?

新卒で、不動産会社に入社し、賃貸物件の管理を担当していました。入居者様からの問い合わせに対応する形で、エアコンや水道などの修理をしていました。お客様と接することはありましたが、営業職ではなかったです。

ー営業やIT経験がない中で、ブルーポートを選んだのはなぜですか?

元々、営業職に興味があったんです。人と話すことが好きですし、今後のキャリアを見据える上でも、営業をしてみたいなと思っていました。

ーIT経験がない状態で入社して、どうでしたか?

最初は、ITに関する用語が全くわからなかったので、会議で出た用語をメモし、自分で調べてキャッチアップする、ということを繰り返していました。結果、知識が増えたのはもちろんですが、「自分から学ぶ」というスタンスが身についたのは大きかったと思います。

しかし、難しいことはしてないので、「IT未経験でも挑戦したい!」という気持ちのある方は、ブルーポートで活躍できると思います。

ひと通り知識が身についてからは、お客様が何を求めているのか、を傾聴することを大切にしていました。企業や担当者ごとに、様々な背景やニーズがある中で、お客様自身がそれらをうまく言語化できていないことも多いんです。それらを聴いたり想像したりして会話を進めていくと、最後に「聞きたいこと聞けました」と言っていただけることが多くて。役に立てたかな、と思える瞬間です。

ーブルーポートの課題は何だと思いますか?

成長期のベンチャー企業で、社内の制度やシステムが十分に整っていないことですね。現在それらを整えていこうと、社内でもプロジェクトが進んでいます。それらを通して、会社の組織づくりに関われるのは、なかなかできない経験なので、とてもいいことだと感じています。

ー最後に、今後の展望を教えてください。

ブルーポートは、iTutorを軸として企業のDXを実現できるような商品を増やしていこうと動いています。企業の働き方改革やDX化を、iTutor単体で支援するのではなく、総合的にサポートできる存在になっていきたいと考えています。

2回にわたりお届けした福村さんのインタビュー、いかがでしたか?ブルーポートでは、現在営業職のポジションで、新しい仲間を募集しています。福村さんのように、営業やIT経験のない方も多く活躍しています!ぜひブルーポートの公式HPをご覧の上、エントリーしてください。

株式会社ブルーポート's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings