1
/
5

なにをやっているのか

BOATRIPはソフトウェア開発によりレガシー産業の商習慣アップデートに挑戦するテックカンパニーです。事業としては ①受託事業 と ②共創事業 の2軸で展開をしています。 受託事業といっても、ただの下請けではなく “ 戦略的パートナー ” であることを重要視しています。 医療や飲食をはじめ、業界の課題解決に向けたIT施策を開発観点で意見出しもさせていただきつつ、顧客の理想を実現すべくテクノロジーを駆使します。

なぜやるのか

BOATRIPのミッション(≒存在意義)は、 「Beyond Code, Lead Your Vision.」です。 単に顧客の要望に沿ったコーディングをすることではなく、その先にある顧客の願いを叶えていくことこそが、私たちが顧客に提供したい価値です。 ソフトウェア開発のプロとして、Webサービス、システム、モバイルアプリ等の提供を通じて、業界や産業の時代遅れな慣習をアップデートし、働く人・消費者の両者のHAPPY最大化を目指します。

どうやっているのか

【行動指針|3つのバリュー】 当社ではミッションを実現するための行動指針として、以下3つのバリューを掲げています。 ▶︎Heart(共感・誠実) 私たちは、クライアントはエンドユーザーの幸せを願い、日々精進しています。 どうすれば喜んでくれるのか、何をすれば課題解決につながるのか、常に心を寄せて働きます。 ▶︎Action(行動・思考) どれだけ心を寄せて相手を思いやっても、実際の行動が伴っていなければ課題解決できません。 まずやってみる。そしてより良くするために考えてみる。1秒でも早く、1つでも多くの課題を解決するために、行動することと考えることに尽力します。 ▶︎Progress(成長・学習) 相手にどれだけの価値提供ができるかは、私自身や当社の持つ力がどれほどのものかに委ねられているのは間違いない事実です。 クライアントはエンドユーザーの幸せを実現するために、自分たちが成長すること、学習することをやめません。 【成果最大化に向けたカルチャーづくり】 バリューの体現は放置していても実現できませんので、実現するためのカルチャーづくりにも注力しています。カルチャーづくりは、メンバー全員で取り組んでいくものですので、当事者意識を持ち積極的に関わることを期待しています。 現在取り組んでいる施策として、以下があります。 ▶︎心理的安全性の醸成 自分の考えや思いを発することへの壁が低くなるように、コミュニケーションにおけるガイドラインを定めています。具体的には、人格否定は禁止、良くない部分の指摘は改善案と共に、できるだけ高頻度でのフィードバック etc. ▶︎積極的な雑談 フルリモートワークだからこそ、業務外の何でもない雑談機会が減少していることは間違いありません。一方で、雑談はチームワークを高めたり、業務に対するヒントを生み出すこともあります。 コミュニケーションツールの運用等を通じた雑談機会の創出にも挑戦しています。 ▶︎四半期ごとのキックオフ 開発業務に集中すると、案件単位の進捗等は把握することができますが、案件と事業や会社の結びつきがあまりイメージできなくなってしまうこともあります。砂漠で目印もなく歩くような状態です。 それでは仕事に対するやりがいも薄れてしまいますので、そうならないように四半期ごとに振り返りと今後の展望を共有する集合機会を設けています。 遠方に住んでいても、会社経費で移動・宿泊を行い、一体感を持って事業推進すべく努力を続けています。 ▶︎ペアコーディング ポテンシャル採用も積極的に行なっているからこそ、業務中に「これであっているかな」と不安になることもあると思います。適切な不安です。 一方で、不安が勝り行動・思考が鈍化してしまうと、その分だけ課題解決や自己成長が遅れてしまいますので、それを防ぐために先輩とのペアコーディングも推奨しています。 一人ひとりが忙しい中ではあるので主体的なコミュニケーションが求められるのも事実ですが、それを善とするべく、このような施策に取り組んでいます。