Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【自分の地元に学びのコミュニティを! 〜勉強カフェスタッフインタビュー9〜】
      
北海道から沖縄まで、全国各地に店舗が存在する勉強カフェ。
「自分の地元に勉強カフェをつくりたい」
そんな思いから動き出した地方の勉強カフェが、今どんどん増えてきています。
 
今回は、そんな自分の地元、勉強カフェ岡山スタジオでスタッフをしている
米澤采花さんにインタビューしてきました!
勉強カフェではたらくことが気になっている方、ぜひ読んでみてくださいね。
  
    
---------------------------------------------------------------------
    
     
1.勉強カフェで働いてみようと思った理由
   
私は大学生のとき、就職活動に失敗してしまったんです。
就活の流れ自体に苦手意識があり、だからといって「仕事は何でもいいや」とも思えず、高飛車だった私は「ぜったい自分を安売りしない!」と決意。
結局、大学を卒業してからがっつり1年くらいニートをしていました。
      
その後、そろそろまずいなあ……と思いはじめたタイミングで現在は岡山スタジオのオーナーである父親から「勉強カフェっていうのを始めてみるから、そこで働いてみないか」と声をかけられて、さらに「断わってもイイから。でもホームページに載せるバナーだけは作ってほしい」と頼まれたんです。
正直はじめは父親と働くなんていやだな……なんて思っていたのですが、せめてバナーを作るくらいは手伝おうと思い、勉強カフェについて調べはじめました。
そしたらホームページを見てピン!ときて、高飛車だった私が「ここで働くしかない!!!」と思うほどに魅力を感じたのが、勉強カフェで働いてみようと思ったきっかけです。
ホームページを読み進めていく中で「私もこんな場所ほしかった!」という思いもあって鼓動が高まっていき、今では一年ほど勉強カフェ岡山スタジオで働いています。
     
     
2.勉強カフェで働いていて一番楽しいとき
     
一番楽しいのは、勉強カフェに入会したばかりの方やビジターの方が心を開いてくれた、と感じたときですね。
勉強カフェにいらっしゃる方って、初めはみなさん緊張していらっしゃるんです。
自分の知らないサービスを新たに受けに行くのは誰でもどきどきしますよね。
そうやって緊張していた方が何度か足を運んでくださる内にだんだん私と関係性を築いてくださって、「私と安心してお話してくださっているんだな」という様子が垣間見えたとき、得も言われぬ幸せを感じます。
      
      
3.勉強カフェでの仕事をとおして学んだこと
       
自分の思惑や感情は相手にすぐに伝わるから、一番大切なのは思いなんだ、ということです。
交流を大切にしているからこそ、会員さまはスタッフのことをよく見ていらっしゃいます。
しかも、まだそこまでメジャーではない勉強カフェを見つけて利用してくださっているみなさんなので、とてつもなく人を見る目をお持ちなのだな、と感じます。
だからこそ小手先だけのテクニックで通用することはごくまれで、結局はハートが大事。
関係性を大切にしている職場から、そんなことを日々学んでいます。
     
      
4.自分の故郷にとって、勉強カフェをどんな存在にしていきたいか
      
岡山には、まだまだ有料の自習スペースは多くありません。
全国学力テストの順位は少しずつ伸びてきているものの、上位に入っていないことも関係あるのかもしれません。
まずは県民の方が「勉強カフェに通ってみたい!」と思えるような場所になることが目標ですね。
高校生から定年退職された方まで「勉強って楽しいかも……?」と感じられるような空間づくりのために、尽力します!
      
       
5.最後に一言
     
もちろん一人の勉強も大切なのですが、一人で学べることには限りがあります。
より多くの勤勉な方と関わり、働きながら自分自身のステップアップも目指せる勉強カフェ。
少しでも興味をもった方は、ぜひ一度お越しください!

C0cd4608 42ff 4cf0 ab43 fba6ad80f206

Page top icon