Wantedlyは、240万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

私たちは、テクノロジーの力を活用し、超巨大市場であるエネルギー業界の革新を追求するITベンチャーです。 新たに電力会社を立ち上げる際のプラットフォームの会社として、エネルギー業界に、Techで新しい価値を生み出すことに使命を持っています。 ■サービス概要■ ・事業検討サポート ・電力事業立ち上げサポート ・電力業務代行・電力調整業務・電力卸 ・Utility3.0サポート 2016年の電力規制緩和以降、民間の電力会社立ち上げをサポートしてきました。 これまでに120社以上の立ち上げに携わっており、電力業界内で実績NO.1を誇っています。 ■事業展望■ 創業6年目の若い会社のため、ゼロベースから取り組めることがたくさんあります。 テクノロジーの力で、エネルギー業界を革新していく第2創業期です。

なぜやるのか

■booost technologiesのMission■ 「テクノロジーでみんなの日常をアップデート」 ■booost technologiesのVISION■ 「次世代に誇れる未来を創造し、社会のために役立つテクノロジー集団」 ■解決したい問題■ 世界的に高額な電気料金の問題など、旧態依然な電力業界全体の革新を目指しています。 2016年に電力自由化が始まるまで、コストに一定割合を上乗せさせた電気料金がまかり通っていました。対して欧米諸国は、2000年に電力自由化を果たしています。電力業界からの牽制により国内の自由化まで20年はかかるとされましたが、東日本大震災で待ったなしの状態を迎え、電力自由化となります。 このような状況を経て、現状私たちが仕掛けているのは「コンテンツ電力」です。コストを抑えたサービス料金により、例えば、アイドルグループの名前を冠した新電力サービスを作り、それを運営する会社をファンクラブの人たちで立ち上げることが可能になります。 お客様が電力会社を選べる時代をつくっていく。それが私たちの大きな使命と感じています。

どうやっているのか

■事業の特徴■ まず、電力自由化には、システム面で初期投資が発生します。稼働後は一日に48コマを管理し、すべてのお客様の需要予測を立てるのです。これは新たなシステムのため、ベンダーに依頼すると大変高額となります。 この需給管理業務を手掛ける競合他社は10社近くありますが、私たちは多くのお客様にご愛顧いただいている分、サービス料金を低く抑えることができます。 また、私たちは、エネルギー事業におけるコア業務のBPOも請け負っています。お客様が事業を行いやすくなる機能を常にキャッチアップしながら、システム開発を行うことができます。実際に、全社の約5割がシステムエンジニアで、すべて内製による事業づくりをしています。 いずれの実績も、問い合わせや紹介によるものです。広告は一切うっていません。 ■共有するマインドセット■ 「圧倒的なオーナーシップ」 当事者意識、つまり圧倒的オーナーシップと圧倒的個人の力をVALUEに掲げています。 個の力を常にアップデートしつつ、チームで事業を行い、社会に貢献し続けていきます。 ■組織風土■ booost technologiesは何でも言い合える組織です。社会に価値を生む本質的な意見は、年次や役割に関係なく歓迎されます。あえて業界未経験者を優先採用し、一部に旧態依然の体が残る業界を革新するべく日々意見を交換しています。 ■活躍中のメンバー■ エネルギー業界未経験で入社したメンバーが多いですが、全員が圧倒的にキャッチアップし、活躍しています。20代半ば~30代半ばの若手メンバーが多いのも特徴です。古くからの巨大なエネルギー業界において、テクノロジーの力で変革が求められているのです。