1
/
5

なにをやっているのか

当社タグライン
boost technologiesは「テクノロジーでみんなの日常をアップデート」というミッションのもと、カーボンフリーな未来の実現を目指すクライメート(気候)テックカンパニーです。 クライメートテックとは、CO2排出量の削減または地球温暖化の影響への対処に焦点を当てた技術のことです。 現在、地球温暖化に伴う気候変動に対し、世界中で危機感が強まっています。 気候変動問題を解決すべく、2015年のパリ協定にて ・世界的な平均気温上昇を産業革命以前に比べて  2℃より十分低く保つとともに、1.5℃に抑える努力を追求すること(2℃目標) ・今世紀後半に温室効果ガスの人為的な発生源による排出量と  吸収源による除去量との間の均衡を達成すること 等が世界共通の長期目標として合意されました。 日本は ・2030年までに温室効果ガス ( 以下、GHG ) の排出を2013年度の水準から46%削減する ・2050年までに80%の温室効果ガスの排出削減を目指す ・今世紀後半のできるだけ早期に脱炭素社会を実現することを目指す という目標を掲げました。 booost technologiesは、脱炭素化のブースターとして各事業を通して「次世代に誇れるカーボンフリーな未来を実現したい」、そんな想いでCO2排出量の可視化、レポート、CO2フリー電気等の調達、供給、カーボンオフセット、需給管理、など、カーボンフリーな未来に必要なサポートやシステムをワンストップで提供しています。 日本のCO2排出量の約4割を占める電力エネルギーのマネジメントから脱炭素への取り組みまで、一気通貫でサポートをしています。 ============================= 環境可視化を支える2つのプロダクト ============================= ■クラウド型脱炭素化プラットフォーム 『ENERGY X GREEN』 脱炭素化に必要なCO2排出量の「可視化」「計画策定」「予実管理・オフセット」「報告レポート」を容易にするCO2排出量可視化・脱炭素化クラウド。 企業のカーボンニュートラル実現に向けて、サプライチェーン巻き込みや計画の確実性担保までをもサポートします。 ■ クラウド型エネルギーマネジメントシステム『ENERGY X』 電力小売業事業向けにCO2フリー電力調達が可能なエネルギーマネジメントシステムです。 「事業立ち上げ」「事業開始後」「スケーラビリティ」「AI、機械学習」までワンストップでサポートでき、まさに日本の電力事業を前進させるAll in oneプロダクトです。 〜受賞・メディア掲載〜 「ENERGY X」はリリース以降、高い評価をいただきました。 ・導入実績:『ENERGY X』約120社、 『ENERGY X GREEN』約20,000拠点 <メディア掲載> ・週刊東洋経済2021年10/2【特大号】 タイトル:カーボンニュートラル実現に「収益性の高いプラットフォーム」を      ~2050年「脱炭素化」が自助努力だけでは難しい理由~ ・日本経済新聞電子版 2022年2月1日 タイトル: CO2排出量を業界別に試算 ブーストテクノロジーズ 記事リンク:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC257OW0V20C22A1000000/?unlock=1 ・ダイヤモンドシグナル2022年2月4日 タイトル:キーワードは「サステナブル」──編集部が厳選した、今週の注目スタートアップニュース      ~企業のCO2排出量を可視化するbooost technologiesが総額12億円の資金調達~ 記事リンク:https://signal.diamond.jp/articles/-/1034

なぜやるのか

================================== ■子供たちの将来を、自分たちで守るために ================================== 「14℃」 これは今の地球の平均温度です。 今から、約80年後の2100年には4.8℃上昇すると言われています。 しかし3℃以上上がると人間は地球に住めない状況となります。 現在世界的に1.5℃の上昇に収めようという取り組みに197カ国以上が宣言に参加していますが、1.5℃の上昇でも島国の日本にとってはとても深刻な問題です。 なんと、東京は水没し、日本全体の砂浜が60%消えてしまうと言われています。 私たちが想像する以上に環境問題は逼迫しており、脱炭素への対策は待ったなしの状況となっているのです。 ========================== ■プライム市場における情報開示 ========================== 日本も本格的に脱炭素への取り組みを始めました。 2022年4月から開始したプライム市場(東京証券取引所の最上位市場)。プライム市場に上場する企業には、SDGsの達成を後押しする新しい制度として、「気候変動から受けるリスク情報の開示」が義務付けられました。まずは一部の企業からはじまった取り組みですが、上述の通り今後全企業で求められることは必至です。 日本でも国をあげて本格的な取り組みが始まりましたが、世界ではすでに脱炭素への取り組みが始まっており、クライメートテックの市場規模は2020年に約260兆円で年平均成長率9.5%で成長し、2025年には約400兆円に達すると予想されています。

どうやっているのか

====================================== ■プロダクトとコンサルの一気通貫したサービス ====================================== 【プロダクト】 プライム市場によって情報開示が必要とされているScorp1〜3(※)までに対応しています。 エリア別や店舗別にも排出量を出すことができるため、大手企業を中心に需要が拡大しています。 例えばイオンさん。全国各地の拠点やイオングループ会社、その他多数のサプライヤーでそれぞれの排出量が取得できるため、ENERGY X GREENが採用されています。浸水リスク管理、地震対策管理の機能もカスタマイズし、CO排出量にとらわれない気候変動対策に活用されています。 また、大手企業だけでなくベンチャー企業もご利用いただきやすいプランを用意しております。   ※温室効果ガス ( 以下、GHG ) の排出量の開示  - Scope1:自社が燃料の使用などで直接的に排出した分  - Scope2:自社が電力の使用などで間接的に排出した分  - Scope3:調達や輸送、従業員の移動、自社製品の使用など、       バリューチェーン全体での排出分 また、海外にも対応できる水準でデータが取得できる点も好まれています。 実は海外と日本では、GHGの算出方法が異なります。( 世界基準ではGHGプロトコル、日本基準では地球温暖化対策推進法といいます。) 拠点が多い大企業では、国内外問わずそれぞれの拠点ごとにデータを算出することが求められていますが、弊社プロダクトは海外水準にも対応しています。 【コンサル】 プロダクトを通したデータ可視化のソリューションだけでなく、コンサルまでサポートできる点もbooost technologiesの強みだと感じています。 代表の青井が20年以上エネルギー系の領域でコンサルをやってきたことや、その他役員・メンバーもエネルギーの知見を持つ方が多いです。これまで、100社超のエネルギー事業の支援実績もあります。 ========================== ■booost technologiesで働く魅力 ========================== 【世界的な課題に対して、最前線で取り組めること】  大手企業を中心に市場価値が上がっています。またその市場価値は単純な流行ではなく、取り組んでいかなければならないという認識のもと高まっているのです。 booost technologiesでは、そんな領域の最前線で社会の流れを肌で感じながら働くことができます。また家族や友人など大事な人の未来を守っているという社会的意義を大きく感じることもできます。 【バリューチェーンのトップがクライアントであること】 booost technologiesのクライアントはバリューチェーンのトップ企業です。ベンチャーや中小企業向けのプランはあるものの、将来的にバリューチェーン全体を巻き込んだ脱炭素化が必須となるため、戦略的に大手企業と協業・連携しています。、その方々とも対話できる点はbooost technologiesの魅力だと思います。クライアントとともにより良いサービスを創っていくことで、仕事の幅が増え自分自身の市場価値も高まっていきます。