1
/
5

【NYC現地レポート記事】NYCで流行りの自動レストラン・モバイルペイ&オーダーシステムの調査をしてきました!

2018年、BULBの新規事業がスタートします!

BULBでは現在新規事業として、飲食店テックのサービス開発の準備をしています。

今回、折角NYCにきたので、今年から本格稼働するこの飲食店テック周りの最先端のサービスを調査してきました!

米での先行事例:自動レストランEatsa

BULBにて現在進めている新規事業の参考にしているEatsaというサービス。以前はNYCに出店してたのですが、残念ながら既に撤退してしまっており、見ることが出来ませんでした。残念!

Embed image

Eatsaは当初は自社ブランド店舗をガンガン出していく戦略だったようですが、途中で全米盲人協会に「目が見えない人には使えないだろ!」と怒られたことをきっかけに、他にも色々検討した結果戦略転換したようです。今ではシステム売りに舵を切って、自動飲食店の仕組みをパッケージ化して販売しようとしています。

今回は残念ながら、そんな渦中のEatsaは見ることができませんでしたが、他にも多くのサービスを見ることが出来ました。

モバイルオーダー&ペイ


実は数年前から、米国のスターバックスは事前モバイルオーダーによる店舗ピックアップの取り組みをしています。スターバックスは日本でも米国でもいつも行列が激しいですが、この仕組みを使うと店舗到着前にスマホアプリから時間指定してオーダーしておけば店舗到着時にタイムリーにピックアップすることができます。便利!

米国スターバックスは既に顧客の20%の購入者がこのモバイル事前オーダーを利用していた時期がありました。実は、この事前オーダーを利用する顧客の行列ができ、一見さん顧客が店舗から離れる現象が発生し、結果的に売上が落ちるという事態になってしまうほどのインパクトをもっているそうです。

NYCでいろいろな店舗を回ってみた所、同様の取り組みをハンバーガーチェーンのShakeShackをはじめ多数のファーストフードチェーン店が行っていました。

色んなお店の入り口に、行列解消のためのアプリインストール誘導がある


最初は楽しく写真を撮影していたのですが、どこの店舗にもピックアップの箱があり、キリがないので撮影を止めてしまいました。それだけ浸透しています!

ShakeShackの場合、スターバックス同様に専用アプリから事前モバイルオーダーしておけば、店頭でタイムリーにピックアップができます。受け取り時刻は15分単位で設定可能。

DunkinDonuts、SweetGreenなどおしゃれ系飲食チェーンではこのモバイルオーダーが積極的に利用されており、特に都市部、オフィス街のランチタイムや帰宅タイムには行列必須なので非常に重宝しそうです。

上記はそれぞれ自社専用アプリを提供している例ですが、それとは別に飲食店ポータルを作って汎用的なサービス提供をしているのが、Seamlessです。

Seamless / デリバリーとモバイルオーダー&ペイのプラットフォーム

日本でいうと、UberEats+店舗ピックアップサービス、みたいな感じでしょうか。加盟飲食店のポータルサイトからデリバリーorピックアップができる店舗検索ができます。店舗数は1,300都市、75,000店舗と非常に多いです。街を歩いていてもSeamlessのシールを貼ったお店がたくさんありました。Seamlessを運営するGrubHub社は既に上場しており時価総額約6000億円!!!

Seamlessのマークのあるお店もたくさんありました


SeamlessはUberEats同様に、これまで店舗内で飲食する前提だったレストランのメニューを店舗外で飲食する機会を最大化してくれます。一般の飲食店でピックアップというのは日本であまり浸透していない文化だと思います。

ですがピックアップ/店舗外での利用なら「一人暮らしであまり量も食べない...」「栄養もこだわりたい」という時に、「いつも帰り道でみかけるあのお店のサラダ"だけ"が食べたい...」とか、「あの店のハンバーグ"だけ"食べたい...」とか、「あの店の寿司が一貫"だけ"食べたい...」といったマイクロオーダーなども実現できそうな気がします。単品注文だと入店が申し訳ないような場合に使えたら便利かもしれないし、コンビニに対抗する個人飲食店の市場拡大になるかもしれない...?などと色々と想像が広がりました。

ちなみにSeamlessは自社の配送網ももっていて、UberEatsのようにデリバリーも行ってくれます。

本日紹介したいずれのサービスも、デリバリー・ピックアップという形で飲食店の効率化と利益の最大化を目指しています。

ユーザ向けのオーダー機能や配送機能も大事ですが、店舗側のオペレーションシステム提供とその定着が大きな課題になりそうです。 Grubhubはそのあたりもパッケージとして提供していますが、日本の場合は日本独自の文化があるので、Airレジや飲食店向けCRMやシフト管理など、そういった業務管理系との連携が重要になると思われます。

上記の様な日本の文化的な背景も踏まえ、まだまだこの分野でテクノロジーを用いて出来ることはたくさんあると確信しています!

冒頭にも書きましたが、2018年はBULBにとって新規事業の年!

一緒に飲食店向けサービスの立ち上げに参画してくれるメンバーを募集しています!興味がある方は是非下記の募集要項からエントリーをお待ちしております!


UBER EATSが好きな人
NYCではスタンダート?最先端のフードピックアップIoT新規事業!
BULBは札幌発のスタートアップです。本社は札幌ですが、コロナ禍以前からフルリモートで事業を行っており、全国からメンバーが活躍しています。フルリモート・フルフレックスを文化の中心に据え、新規事業の創出支援に挑戦しています。 「ヒラメキを解放して世界を照らす」をミッションに、スタートアップの開発・新規事業立ち上げ支援のほか、自社開発事業なども幅広く手がけています。 ■ スタートアップの新規事業開発支援ビジネス 「スタートアップの事業開発を支援するスタートアップ」として、これまで100社以上の支援を行ってきました。下記は実際にBULBと共同で事業の立ち上げを進めて来た事例になります。 ・ubo(飲食 × Tech) ネットで注文、無人で受け取りができるサービス「 Servbo01」を展開するuboとの共同事業です。オーダー、商品受渡、デジタルサイネージ、調理など飲食店のあらゆる作業を無人化する自動レストランのシステムを開発。2018年11月に秋葉原に店舗オープンして実証実験中です。 ・STYLE PORT(不動産 x Tech) いつでも、どこでもVR内覧ができるサービス「ROOV」。マンション販売における新しいツールを提供します。 ・売り子ーる(スタジアム x Tech) 野球やサッカーなどをスタジアムで観戦されていらっしゃる方が、座席からスマホで簡単にフードやドリンク、グッズなどを注文することができるサービスです。オーダーが入った後には座席まで直接売り子の方がグッズをお届けし、新たなスタジアム体験を提供します。アプリDLもユーザー登録も不要で、観客の方は大事なシーンを見逃すことなく観戦することができます。 ・CoLife(住宅 x tech) 「おうちの体調管理をはじめよう」をコンセプトに、暮らしを快適にする家ナカのトータルサービス「iecon」を開発支援。該当の分野では、大手導入実績において高いシェアを占めています。 ■自社事業 100社以上の支援実績の中から得られた知見と高い技術力を活かし、新しい自社事業開発に取り組んでいます。下記はその一例です。 ・108Sharing Airbnbのクローンサービスをベースに、シェアリングエコノミーのサービスの開発を簡単に行えるサービスです。これまで、500社以上のヒアリング・コンサルティング実績、100社以上の導入開発実績があり、日本のシェアリングエコノミーサービス開発を牽引してきました。 ・AUTOFLOOR オフィス間取り自動シミュレーションサービスの”AUTOFLOOR”. プロダクトの根幹である3Dエンジン”TARUMAE”も内製しており、モバイルデバイスでも快適に動作するサービスとなっております。 ・MatchaNote 茶道のお稽古支援アプリです。お稽古記録の投稿、共有、茶道事典、茶道ニュースなどの機能を提供しています。
BULB株式会社
BULB株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング