1
/
5

これは気付かないよ...

こんにちは!豊泉です。

私はいま、
地元吉祥寺の有名な
カレー屋さんに並んでます。

このカレー屋さんは
スープカレーが有名で
いつも大行列。

具材を
3つ~5つ選べます。

豚角煮。
チキン。
ホタテ。

などなど。


いつも
食べに行こう!と、
思って家を出ても
激混みなので諦めてます。


でも、
今日はいつもよりは、
並んでいないので
順番待ちをしています。


私がお店に到着した時、
既に7組ほど並んでいました。

▼こんな感じです




ざっくり30分くらいかな~と
思っていたら、

私の後ろに同い年くらいの
男女が。

「今日も混んでるねー。
 おれ“書いてくるわ”

、、、?
書いてくる、、、?


そうこのお店は、
並ぶ前に一度お店に入って
順番まちボードに名前を書く

ファミレススタイルでした、、、。

そのあとすぐに
名前を書いたのですが、
私より後ろに並んでた人が
先に案内をされるという、、、。

「ルールを知らなかったので仕方ない。
 、、、でも看板に書いといてよ、、、」

と思っていると

んん!?

看板の裏になんか書いてある。


▼実際の看板の画像(裏面)は、コチラ




書いてあるー!!!
でも何故か看板の裏!!!

みないでしょ誰も笑

並ぶ場所によっては見えるかもだけど、、、

いや~これは笑




でもなんで裏に書いてるのか。

おそらく

お店側が想定している
お客さんの並び方と

実際のお客さんの並び方が
違うから。




こういうことって
よくあると思います。


顧客目線に立ってるんだけど
ズレてて、伝わらない。


このズレは、
0にはできないですが
0に近づけることはできます。


例えば、
私が活用している方法は

『お客様インタビュー』です。

少しカッコつけました。
お客様と電話するレベルでも
オッケーです。

お客様から
ダメ出しが出ることって
ほとんどないので

こちらから
「何か気になったことありませんか?」

と聞くのが良いです。

「ダメ出ししていいのか!」と
なると、結構でてきます笑

少しショックな時もあります。

でも

それが1番のアドバイスです。

よくわからない専門家の
難しいセミナーにお金を払うより

お客様に話を伺うのが1番です。

こんな事書いてるうちに、
カレーが届きましたので
美味しく食べたいと思います!

それでは!

株式会社Buying's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more