【挑戦的な内定者Vol.3】アメフト日本一の最強コンビ。バイセルテクノロジーズの頂点に立つのはどちらだ。

「僕たち、アメフトの時みたいにもう一度必死にやりたいんですよね」

学生アメリカンフットボール界の強豪・立命館大学でアメフト日本一に輝いた、中村くんと栃尾くん。

今回は、最強コンビと呼ばれる彼らの素顔に迫るとともに、内定者として同じスタートラインに立った仲間、そしてライバルとなっていくお互いの意識をのぞいてみた。

輝きだす、アメフト人生

中村くんと栃尾くん、アメフトを始めたのは、二人とも高校生になってからだそうだ。
元々スポーツは好きだったが、特にアメフトにはこれまでにないくらい惹かれていったという。
練習をすればするほど、上手くなっていく。
二人は自分自身の成長を実感しながら、さらに高みを目指した。

「お互い大阪代表にも選ばれて、進学の時は強豪の立命館大学から声をかけていただいて。僕たちは順調にアメフトの道を突き進んでいたし、大学でも活躍してやる!って、意気込んでいましたね」

アメフトに魅せられて、走り続けた先には、キラキラと輝く未来が見えていた。


希望への道のり

希望を胸に、順風満帆な大学生活・アメフト生活が始まった。
となれば格好良かったのかもしれない。

「中村くんは高校3年の冬に全治半年のケガをしてて。大学入学当初は練習にも参加できなかったんですよ」

栃尾くんは、当時の中村くんを振り返る。
「正直かなり悔しかっただろうし、つらかったと思うんです。大学でもアメフトやるんだ!活躍してやるんだ!!って意気込んでいた矢先の出来事だったので。練習ができない間は、他のメンバーと差が生まれてしまうし、不安でもあったんだろうと思います」

栃尾くんは、中村くんの辛さや不安に気がついていた。

「とにかくみんな背中を追うのに必死でした。その中でも、栃尾くんの練習姿には感化されましたね。誰よりも一生懸命に見えたんです。自分も、負けてられないなって」

中村くんの様子を気にかけていた栃尾くん。
栃尾くんの姿に勇気と熱意をもらった中村くん。
最強コンビが動きはじめる。

「中村くんが落ち込んだ話になってしまったけれど、僕は中村くんに支えられたんですよ」
栃尾君は、おもむろに口を開いた。

「大学2年の時、後輩ですごい選手が入ってきたんですよ。日本代表にも選ばれるような。後輩が入部してすぐにポジションで抜かれてしまって。本当に悔しかったです。後輩に抜かれるってこんなに悔しいんだって、その時初めて知りました。」

順調なアメフト生活を送っていたかと思いきや、栃尾くんにも試練はあった。
これまで一生懸命練習に励んできたのに。高校時代は選抜に選ばれて、大学でも活躍してやると一心不乱にやってきたのに。
「堪えましたね。」栃尾くんは苦笑いで話した。

「でも、中村くんのおかげで気持ちを取り戻しました。また頑張ろう、もっともっと練習をして、違うポジションでも、何としてでも日本一になろうって思えるようになったんです」

この時、栃尾くんは中村くんにこんな言葉をもらったのだという。

「日本一取るんだろ?一緒に頑張ろう!!」

ケガでスタートが遅れている中村くんは、日本一を目指して頑張っている。
自分がしっかりしなくてどうするんだ。

栃尾くんは、「とにかく、日本一になってやる」と強く思ったそうだ。

最強コンビ、誕生

栃尾くんと中村くん、互いが互いを支えあい、高め合っていることに気が付いた。
栃尾くんの頑張る姿でスイッチが入った中村くん。
中村くんの優しくも心強い言葉で挫折から立ち直れた栃尾くん。
「日本一」を目指すため、最強コンビは再スタートを切った。

アメフト中心の生活。猛練習の日々。
辛いことも多かったが、チームの仲間たちとの友情・熱意、そして最強コンビの深い絆によって、立命館大学アメリカンフットボール部は日本一を成し遂げた。

最強コンビは、名実ともに「最強」となったのだ。

同じ舞台で、再び。

アメフト生活を終え、就職を見据えるようになった二人。
最初にバイセルテクノロジーズの扉を開いたのは、中村くんだった。

「数年後には、必ずみんなが知っている会社にしてみせる。」
という採用担当の言葉が、胸に響いたのだという。

「自分もこんな高い志を持った人がいるところで戦いたいという、一種の闘争心が芽生えたんですよね。大学時代の栃尾くんのがむしゃらな練習姿が思い浮かんだんです。あの時みたいに、もう一度必死になって戦いたいって思えたんです」

中村くんには、あの時の一心不乱に練習に励む栃尾くんの姿がしっかりと刻まれていた。

「その後中村くんから熱い想いを聞いて、僕もやってやろうって思いました」
中村くんの熱意と闘争心、そしてなにより楽しそうで前のめりな様子に惹かれ、栃尾くんも中村くんと同じ就職先を選んだ。

これからが本番だ。

中村くんには、忘れられない言葉がある。
“誰かのため、会社のために必死に働いて成果が出た時って、本当に頑張ってよかったって思えるんだよね”
人事部長の言葉だった。

必死にやって、成果を出す。それがどれだけ嬉しいことか、喜ばしいことか、自分は知っている。

中村くんと栃尾くん、最強コンビは新たな舞台での人生をスタートさせる。

これまでは何をするのも一緒で、お互いに励まし合っていた彼ら。
しかしこれからは、仲間と同時に”ライバル”になる。

最強コンビの目標は、もちろん「1番」
「絶対に1番取ります!!」
二人は声をそろえてこう言った。

最強コンビは、最強のライバルとしての道を歩みだす。

株式会社 BuySell Technologies's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings