Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

様々な職を転々としていた私がC-FUに腰を据えたワケ

こんにちは。C-FUの ひろぴょん です。

社員インタビュー第1弾として、創業間もないころからC-FUで活躍している和田さんの紹介です。和田さんは、現在管理部門で実店舗の管理や運営のサポートを行っています。つい先日も、1年間かけたプロジェクトを成功させたばかり!そんな和田さんが、なぜC-FUに転職し、どのようなビジョンを描いているのか。和田さんのこれまでとこれからに迫ります。

ノリと勢いで生きていた学生時代

学生時代、デザインの専門学校に通っていたこともあり、将来はアパレル関係の店で働くのかな~とふわふわした将来像を描いていました。だから、どこに就職しても長く続かなかった。本当にいろいろな職業を転々としていました。時には、就活本で目をつぶって指をさしたところに就職するという荒々しいこともしてました(笑)

ただ、その時就職した会社で「営業」という仕事を初めて経験し、自分の得意分野はこれだと発見しました。人とのコミュニケーションの中でビジネスを作り出していく仕事は、ノリと勢いの経験を活かすことが出来ると!

 アパレル会社の営業をしていた時、当時の上司に会社を作るから協力してくれないかと出会ったのがC-FUです。まだマンションのワンルームに社員数名しかいないという駆け出しのベンチャー企業。ただ、社長の「“リアル”なコミュニケーションの追求」という想いには共感しました。今でも、この想いの実現のために仕事をしています。

組織を作り上げる

C-FUに入社してからは、経理以外すべての職種をやったと思います。自分でもびっくりです。ただ、圧倒的な成長環境ではありました。当時は人手が全然足らなかったので、すべての職種に上司がおらず自分で能動的に動くことが求められました。知識0の状態から始めた職種もあったので、ミスも多かった。その分、社内でコミュニケーションが密に求められ、社員同士の信頼関係はすごく強かったです。

成長した今も、その社風は残っていると思います。会議の際は、上司、部下関係なく熱い議論が交わされています。意見がバンバン出てきます。時には熱くなりすぎて喧嘩に発展してしまうことも(笑)

それでも、チームメンバーみんなで協力して仕事をしています。ホントに信頼関係が強く、社員全員が”良い人”なんだな~って感じます。

これほどまでに心が躍る職場はない

職業を転々としてきた私が、C-FUに入社して5年になります。はっきり言って毎日がシンプルに楽しいです。当社は“リアル”なコミュニケーションを追求し実店舗を運営しているので、関わる人が圧倒的に多い。その関わりの中から得る知見やひらめきは、自分にとって新たな仕事のモチベーションになります。

現在は、管理部門でデータの分析や現場のリスク管理などをしています。新規事業や既存事業がどれほど自分たちの想定しているターゲットに刺さっているのか、どれほどのコストがかかるのか、市場調査やサービスの打ち出し方、その後の展開への助言など、会社の事業を作り出す、運営することをサポートする業務です。

実は、来月から広報・PR部門に移動することになっているんです。これまでと違い、対外的な成果が求められる部署です。C-FUの顔となり、企業の理念を実現したいです。

これからも、リアルなコミュニケーションを追求し、努力していきます。      

==========

編集後記

和田さんのC-FUへの熱い思いが印象的でした。

株式会社C-FUでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
Anonymous
5 いいね!
Anonymous
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
Anonymous
5 いいね!

社員インタビュー

私が今の会社で働くワケ

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon