1
/
5

2017年にむけて

小売りに逆風が吹いた昨年、正月休みを宣言した伊勢丹を応援したけど、やっぱりそれじゃあダメなんだの声が聞こえてくる。その一方で時間外労働の規制、金曜日の時短など労働環境改善の号令は大きくなっている。
その前にショッピングセンターの正月休みや、営業時間短縮の旗を振ってほしいなあ。
金曜日に早帰りされたら、それでまたサービスする側のスタッフにしわ寄せがくるだけだ。もっとみんなが別々の時に休みをとって、サービス業の仕事量を平準化しない限り、お店の人達の仕事は楽しくならない。間違いなくみんなは、いつも適度に忙しいことにモチベートされるのに、大抵はかなり暇で、たまにとんでもなく忙しいだけだ。
もっと休みましょう、サービスは落とさずに、って難題に挑戦することが企業の役目かもしれないけど、それは人間のやる仕事を減らすことでしか達成できないでしょ?それでいいのかなあ、そして人間のやる仕事って何が残るのだろうと思う。
サービスを受けるほうだけが人間で、提供する側には人間がいない、みたいな感覚が蔓延って、その感覚がサービスの質をこれからも変えていくのだろうか。
それにしても、お正月の大規模商業施設の賑わいは年々増すばかり。施設の担当者から昨年の何%増しって、聞くたびに心が晴れないのは単なる懐古趣味なのかも。ということで、今年は商業施設にはオープンしないって決めています。

株式会社カフーツでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング