1
/
5

カリスタサマーキャンプ2018での気付き








みなさま、こんばんは^ ^
採用担当中村です。


今回は先日行われたカリスタ最大規模の
学生体験イベント
カリスタサマーキャンプ2018で感じた
"学生さんの考える将来"について
お話させて下さい。



カリスタサマーキャンプは、
午前、午後の二部構成になっており
午前は主に院長のCHIHIROや代表の
前田のプレゼンから始まり、
午後は学生さんが実際に美容鍼や、
カリスタでのメニューを体験して頂くものです。


その中で、学生さん5人位とカリスタスタッフが
話す座談会エリアがあります。


学生さんから多かった質問は、


・就活を始めるタイミングはいつがベストか?
・面接で意識する事は?


といった就職についた質問もありましたが


・やりたいことが見つからない。
・鍼灸師として働く姿がイメージ出来ない。
・どういう事をすれば、キラキラ輝けるのか?


といったものでした。
みなさんは、学生さんからこのような質問を受けたとき
どのように返答されますか?


これは私の一意見ですが、
・就活を始めるタイミングは早ければ早いほど良いと思います。
 時間は誰しも平等に、なおかつ有限です。
 三年生は卒業テストや国家試験対策などあっという間に時間が過ぎます。
 就活に大切なのは"情報量"です。早めに早めに動いてたくさんの鍼灸院さんを実際に見て感じることを
 おススメします。


 ちなみに私は専門2年生の冬から就活を始めました^^


・面接で意識すること
 これは、自分の意見を、自分の言葉で^^
 あと、きちんと目を見て話すことです。




・やりたいことがみつからない、鍼灸師としてのイメージが出来なのは自分自身の参照枠が少ないということ。
  →選択肢が広がれば広がる分参照枠が広がり自分の可能性を開花することが出来ます。
   ゴールまでの道のりを3通りしか知らない人と10通り知っている人、みなさんはどちらになりたいですか?
・キラキラする人になりたければまずはキラキラしている人を見つけマネをする事をおススメします。




ある意味、選べる幅が広がり、自由度が高まれば、
こういった悩みがどんどん増えるのかと。


こうやって、直接お話しできて、
私がたくさん学ばせて頂きました。


学生さんが、少しでも
"はやく卒業したい!"
"はやく鍼灸師になりたい!"


そう言ってもらえるよう"夢を与えれる鍼灸師に"
私たちが道を照らしていく必要が
更に必要だと感じました。





カリスタ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
今週のランキング