1
/
5

カリスタで活躍する鍼灸師の本音座談会@日本鍼灸理療専門学校編


みなさま、こんにちは。

今回はカリスタの事を少しでも知ってもらいたいなあと思い、実際にカリスタ株式会社で活躍されている鍼灸師の方々に話を聞こうと思います。

鍼灸師は国家資格で養成校があります。今回は養成学校ごとに分け、学校の特色も一緒にもて貰えればなと思っています^^

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

今回は、学校法人花田学園の日本鍼灸理療専門学校を卒業後、現在は、リフトアップ特化型サロンC by CALISTAの第一線で活躍するお二人に、話を伺っていきたいと思います。

プロフィール

岡田 也実(おかだ なりみ)

C by CALISTAエリアマネージャー

二野宮 希望(にのみや のぞみ)

C by CALISTA新宿南口店リーダー


インタビュー本文

中村)早速ですが、お二人が花田学園に入学を決めた理由はなんですか?

岡田)私は国家試験の合格率の高さを見て決めました。私の入学した年は圧倒的に花田学園が高かったので。

二野宮)私は知り合いの紹介です。もともと整骨院の受付になりたくて受けに行ったんですが、そこで出会った先生が花田出身でした。私が今後やりたいことをお話すると、鍼灸師の必要性を教えてくれたんです。

他の学校も一応見たのですが、渋谷にある立地という面で花田学園に決めました。

中村)岡田さんがおっしゃる通り花田学園は毎年国家試験合格率高いですよね。なにしろ、在籍人数も多い上でのこの数字は、非常に魅力的ですよね。

しかも、渋谷の立地も確かに魅力的です。よく学校帰りは遊びにでかけてたり・・・?(笑)

二野宮)そうですね~。めちゃくちゃ遊んでました。

岡田)だからこそメリハリをつけた学校生活が送れたのかも。

中村)お二人は今、鍼灸師として活躍されていますが、花田学園で良かったこと、仕事に活きている事を教えて頂きたいです。

二野宮)私は本科に在籍していたのですが、クラスメイトの年齢層が高く、様々な年齢、経験のある方と時間を過ごせたので、物事に関しての考え方や仕事に対しての価値観を学ぶことが出来ました。

お客様の対応にも活かせるような、考えの幅が広がったのは、すごい良い経験だと思っています。

岡田)私も本科だったので、にのちゃんとクラス構成はほとんど同じでした。鍼灸師になりたくて会社を辞めて入学してくる人も多かったから、本気度が強かった。勉強方法もすごい工夫したり、それを近くで見て学べたのはすごいよかったな~と感じます。たくさんのやり方や「ひとつうまくいかない時でも、次どうしよう?」って考える癖がついたのは、今の仕事でめちゃくちゃ活きてます。

中村)クラスメイトの方からの学びも大きかったんですね。

岡田)そうだね~。あと、東洋医学も、西洋医学も両方バランスよく学べたって感じがする。

二野宮)国家試験対策の手厚さは、本当にありがたかったです。

中村)カリキュラムや内容をホームページや資料で拝見したんですが、本当にいろんなことが学べて、卒業後も勉強会に参加できたり、サポートが手厚いですもんね。

中村)最後の質問になりますが、カリスタ株式会社に対して改善してほしいことを聞かせてください。

二野宮)ベンチャー企業なので、いろんなことに挑戦できる反面、仕事とプライベートの両立が難しくなったりした時期もありました。

岡田)鍼灸の認知度はまだまだ低く、集客の面で課題を感じる事が多いです。いいサービスを提供できるよう内側からのアプローチは今後も継続していきます。さらにマーケティングや集客できるコンテンツなどを作っていければいいなと思っています。

中村)岡田さん、二野宮さん、ありがとうございました。

カリスタ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング