This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

誰もが知っている女性メディアを超えるものを創るため「Candle」へ

株式会社Candleに入る前

私は某H大学を辞め、「フリーランス」のデザイナーとして様々なプロジェクトに携わってきました。フリーランスとしての活動を続ける中で、クライアント企業よりオファーを頂くことも多くありましたが、どの企業もどことなく自分には響かず、拒んできました。

そして、 Candleも当初は自分の「クライアント」であり、Candleという会社も、運営しているメディアも、何も知りませんでしたし、会社のメンバーも若い人ばかりで、大丈夫なのかな?と思ったのが第一印象です(笑)

現在

現在は、デザイン責任者として、弊社が運営する「MARBLE」と「MimiTV」のデザインとユーザービリティを追求しています。 クリエイティブチームのデザイナーは現在、私を含めて2名ですが、クリエイティブは会社全体で追求するものだと考えているので、メンバーは社内のメンバー全員だと思っています。

そして、私はこれまでのフリーランスでの経験の中で、様々なチーム体制や開発体制を見てきて、私なりの「クリエイティブチーム」のイメージがあり、そうしたチームを作りたいなという思いと、エンジニアサイドとデザイナーサイドが共に対話しながら ”共創” する理想の体制を作りたいなという思いがありました。

ただ、ゼロからそうしたチームや体制を作れるような機会ってほぼありませんし、企業によってはデザイン業務は全て外注していたり、エンジニアサイドとデザイナーサイドとで完全に分業制となっていて、インタラクティブな開発が行われていないということもあると思います。

弊社はこれまで内部にクリエイティブチームはなく、記事質やSEOなどを追っていましたが、CTOの山口をはじめ、社内のメンバーも「デザイン」を非常に重視しており、クリエイティブを向上させ、会社やサービスのブランドを形成していきたいという思いを持っていました。

そのような背景から、Candleであれば自分の考える理想のチームや体制が作れるのではないかと思い、入社を決めました。

今後どういうことをしていきたいか

Candleは、まだ若い会社です。会社のメンバーも若い人ばかりなので、多様性と主体性に溢れたメンバーが躍動しています。だからこそ、良い意味で "型" にはまっていなく、クリエイティブ性の高いものを作れているのだと思います。

これから、私たちが目指すクリエイティブチームは、サービスの課題や社内のメンバーの要望やアイディアを汲み取り、Candleの1つ1つのプロダクトに体現し、リードしていけるようになる必要があると思っています。

そして、それらをエンジニアサイド、社内のメンバー、ユーザーと対話しながら、より良いサービスを共に創っていく、そんなチームを目指します。

あとは、MERYやC Channelと並ぶものを創りたいですね(笑)

株式会社Candleでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
68b5dc1f 315a 4770 9b2e 53c5079ba93e?1501416375
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
17 いいね!
Anonymous
68b5dc1f 315a 4770 9b2e 53c5079ba93e?1501416375
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
17 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon