1
/
5

【エントリーシートのNGワード、知ってますか?】就活で気をつけたいポイントまとめ

みなさんこんにちは。株式会社キャパ採用担当の阿部です。

今回は、エントリーシート(ES)の書き方採用担当がチェックしているポイントについてご紹介していきたいと思います。

▽どうやって考える?志望動機についてはこちらをご参考に


ここを特に気をつけて!大事にしたい3つのポイント

1.誤字脱字に注意する

これだけ書くと、当たり前じゃん!と思うかもしれませんが意外にも多いんです。抜け字や、漢字のミス。学生さんも1枚だけESを作成するなら時間をかけて丁寧に作成できるものの、複数枚をこなしているとミスを見落としがちになってしまうんですよね。その気持ち、かなり分かります...だけど、採用担当としては「見直しの2分でさえも時間がなかったのかな?」と若干悲しい気持ちになってしまうのも事実です。また、「ミスに気づけない=注意力がない」印象を与えてしまうこともあります。手書きの場合ももちろんですが、PCで入力する際には特に変換ミスにも注意して、丁寧に作成することをまずは心がけましょう。

▽書き方のコツはこちらをご参考に

2.送り状を添えて、社会人としての常識をアピール

送り状って文化、みなさんは知っていましたか?恥ずかしながら、私はキャパに入社するまで知りませんでした... が!社会人になって会社へ入ってみると、ほとんどの書類のやり取りに"送り状"が含まれていることに気がつきました。学生生活の中では触れる機会の少ない送り状ですが、ES送付の際には必ず添えるようにしましょう。入社してからも必ず役立つ知識の1つです。

▽とはいえ送り状の書き方は?!例文もあるのでサッと作成が可能です。

3.「コミュニケーション、行動、成長 」などの多用を避ける

これらのワード、非常に汎用性が高く使いたくなってしまいますよね。(かくいう私も記事でよく使うワードなので偉そうなことは言えませんが...)だからこそ、多用してしまう傾向がありますがこれはできれば避けたほうが良いでしょう。人事や採用担当者などESに目を通す人間は、何百・何千単位の自己PRや志望動機を毎日目にしています。つまり、上記のワードを織り交ぜた無難なESは彼らの目にとまる可能性が低くなってしまうのです。また、「成長」というワードを例に考えたとき、学生のみなさんが考える成長と、企業が求める成長とがイコールではないケースが多くあります。そうなるともはや「じゃあ何書けばいいのよ!」という話になってしまいますが、気をつけて欲しいのはあくまでも「多用」。これらのワードに頼りすぎず、自分なりの表現で自信をアピールできる方法をぜひ考えていただきたいと思います。

▽合格率100%のエントリーシート作成講座があるらしい(個人的に興味があります)


力を入れよう!「学生時代に頑張ったこと」

ESでは、志望動機や趣味特技、自己PRなど様々なポイントを総合的に判断しチェックしている採用担当が多いと思いますが、個人的なこれまでの経験から「特にここを具体的に書いて欲しい!」と感じているのが学生時代に頑張ったことです。これは、その経験がどんなに立派か・特別かということではありません。学生時代に頑張ったことから、「この経験やスキルをどのように自社で伸ばし、活かしてくれるか」を想像するためです。そのため、「学生時代に頑張ったこと(力を入れたこと)」をいかにビジネスシーンで再現して反復できるのかが想像できる記載があるとかなりグッときてしまいます。採用担当者がそれを読んで自社で活躍しているあなたを想像できる、企業の理念や業務内容に寄せた自己PRを意識してみるだけで、通過率がグンと上がるはずですよ。

▽例文を参考にして、ES記入の練習に活用できます。


いかがでしたか?

今回は採用担当目線から、ES作成の際にちょっと気をつけてみてほしいことをまとめてみました。このブログでは、これまで多くの就活記事を書いてまいりましたが、2017年度の更新は本日が最後となります。

来年以降も、就活生のみなさんが少しでも参考にできるような記事をご紹介できるよう、頑張っていきたいと思います☆

どうぞよいお年をお迎えくださいね〜( ´ ▽ ` )

それでは!



▽19卒採用、始動。まずはお気軽にご連絡ください。「記事のイメージ通りな方ですね!」と評判(?)の私阿部が、オフィスをご案内します♪

Webエンジニア
<19卒>アイデア求む!新サービス開発にチャレンジしたいSEをWanted
※新型コロナウイルス感染症への対策について 新型コロナウイルス感染症対策として、当社では全ての従業員が原則出社を自粛し、テレワーク(在宅勤務)を実施しています。 上記に伴い、会社説明会・面談・面接すべてオンラインで対応させていただきます。 ご理解・ご協力をお願い申し上げます。 キャパは、お客様のご要望に合わせソフトウェア(CAD関連/業務システム中心)を開発するBtoBの受託開発をメインビジネスとしています。 最先端技術に挑戦するベンチャー思考と大手企業に負けない福利厚生で社員をサポート! 「ベンチャーと大手のいいとこどり」それがキャパの魅力です。 ▽10秒で分かる、キャパの事業内容と特徴 ・CAD、BIM/CIM、AR/VR、IoTなど新規参入障壁が高い技術を得意としています ・CADが強みのため、クライアント企業様は製造業・建設業の比率が高いです。今後はIT化の遅れている建設業により注力する予定です ・自社でマーケティングを運営し、IT系記事が人気のオウンドメディア(https://www.capa.co.jp/blog)は月間25万PVを達成。毎月多くのお問い合わせを頂いています ・マーケティングが強いから、メイン事業であるCAD・業務システムの受託開発の一次請け比率は5-70%を誇ります。大手企業様と直接取引することで、要件定義からテストまで一貫して開発を行っています ・本社が東京で従業員数100~200名規模の受託開発ソフトウェア業企業415社のうち、CADの受託開発を行なっている企業は9社、BIMの受託開発を行なっている企業は1社しかありません。経営方針である差別化で高収益を狙う「ブルーオーシャン戦略」を実行することで、業界内で独自のポジションを確立することに成功しています。コロナ禍ではありましたが、高いアサイン率を維持し、安定して売上をあげています。 ★詳しくは特設リクルートサイト内、採用ピッチ資料にて公開しています。ぜひご覧ください https://recruit.capa.co.jp/information-about-the-company/
株式会社キャパ


セールス・事業開発
19卒/飛び込み無し!有名企業への提案営業にチャレンジしたい方Wanted
※新型コロナウイルス感染症への対策について 新型コロナウイルス感染症対策として、当社では全ての従業員が原則出社を自粛し、テレワーク(在宅勤務)を実施しています。 上記に伴い、会社説明会・面談・面接すべてオンラインで対応させていただきます。 ご理解・ご協力をお願い申し上げます。 キャパは、お客様のご要望に合わせソフトウェア(CAD関連/業務システム中心)を開発するBtoBの受託開発をメインビジネスとしています。 最先端技術に挑戦するベンチャー思考と大手企業に負けない福利厚生で社員をサポート! 「ベンチャーと大手のいいとこどり」それがキャパの魅力です。 ▽10秒で分かる、キャパの事業内容と特徴 ・CAD、BIM/CIM、AR/VR、IoTなど新規参入障壁が高い技術を得意としています ・CADが強みのため、クライアント企業様は製造業・建設業の比率が高いです。今後はIT化の遅れている建設業により注力する予定です ・自社でマーケティングを運営し、IT系記事が人気のオウンドメディア(https://www.capa.co.jp/blog)は月間25万PVを達成。毎月多くのお問い合わせを頂いています ・マーケティングが強いから、メイン事業であるCAD・業務システムの受託開発の一次請け比率は5-70%を誇ります。大手企業様と直接取引することで、要件定義からテストまで一貫して開発を行っています ・本社が東京で従業員数100~200名規模の受託開発ソフトウェア業企業415社のうち、CADの受託開発を行なっている企業は9社、BIMの受託開発を行なっている企業は1社しかありません。経営方針である差別化で高収益を狙う「ブルーオーシャン戦略」を実行することで、業界内で独自のポジションを確立することに成功しています。コロナ禍ではありましたが、高いアサイン率を維持し、安定して売上をあげています。 ★詳しくは特設リクルートサイト内、採用ピッチ資料にて公開しています。ぜひご覧ください https://recruit.capa.co.jp/information-about-the-company/
株式会社キャパ


マーケティング・PR
19新卒!会社の顔として活躍できる、マーケティング・広報担当をWanted
※新型コロナウイルス感染症への対策について 新型コロナウイルス感染症対策として、当社では全ての従業員が原則出社を自粛し、テレワーク(在宅勤務)を実施しています。 上記に伴い、会社説明会・面談・面接すべてオンラインで対応させていただきます。 ご理解・ご協力をお願い申し上げます。 キャパは、お客様のご要望に合わせソフトウェア(CAD関連/業務システム中心)を開発するBtoBの受託開発をメインビジネスとしています。 最先端技術に挑戦するベンチャー思考と大手企業に負けない福利厚生で社員をサポート! 「ベンチャーと大手のいいとこどり」それがキャパの魅力です。 ▽10秒で分かる、キャパの事業内容と特徴 ・CAD、BIM/CIM、AR/VR、IoTなど新規参入障壁が高い技術を得意としています ・CADが強みのため、クライアント企業様は製造業・建設業の比率が高いです。今後はIT化の遅れている建設業により注力する予定です ・自社でマーケティングを運営し、IT系記事が人気のオウンドメディア(https://www.capa.co.jp/blog)は月間25万PVを達成。毎月多くのお問い合わせを頂いています ・マーケティングが強いから、メイン事業であるCAD・業務システムの受託開発の一次請け比率は5-70%を誇ります。大手企業様と直接取引することで、要件定義からテストまで一貫して開発を行っています ・本社が東京で従業員数100~200名規模の受託開発ソフトウェア業企業415社のうち、CADの受託開発を行なっている企業は9社、BIMの受託開発を行なっている企業は1社しかありません。経営方針である差別化で高収益を狙う「ブルーオーシャン戦略」を実行することで、業界内で独自のポジションを確立することに成功しています。コロナ禍ではありましたが、高いアサイン率を維持し、安定して売上をあげています。 ★詳しくは特設リクルートサイト内、採用ピッチ資料にて公開しています。ぜひご覧ください https://recruit.capa.co.jp/information-about-the-company/
株式会社キャパ
株式会社キャパでは一緒に働く仲間を募集しています
株式会社キャパ からのお誘い
この話題について、
話しませんか?
気軽な情報交換や相互理解に活用できます
5 いいね!
5 いいね!
今週のランキング
株式会社キャパからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?