1
/
5

文系大学生がIT企業で歓迎される理由

キャパ採用担当の阿部です。なんとなく「IT業界=理系」のイメージはありませんか?キャパへ遊びに来てくれた学生さんからも、「文系なんですが大丈夫ですか?」と心配そうな声をいただくことがあります。この記事では、そんなIT業界のイメージを覆す、文系学生がIT業界で歓迎される理由についてご紹介していきます。

文章が上手い人はプログラムもうまい?!

文章の得手不得手は主観によるものが大きいかもしれませんが、 分かりやすい文章を書くことができる人は、読みやすいプログラムを書くことにも長けていると言われています。

この「プログラムは上手い」と言うのは、言い換えると「ソースコードがキレイ」かどうかで、
両者はほぼ同義だ。で、何をもってコードがキレイかどうかと言うと、実はほとんど主観だったりする。
〜中略〜
分かりやすいプログラムというのは実装がシンプルで素直なんだと思う。それは誰が見ても理解しやすい。そんなプログラム。
素直に考えてプログラムを実装するというのは、簡単そうに思えるかもしれない。
でも、実は素直に考えるっていうのは、とても難しい。
むしろプログラムを難しく書く方が、実は簡単なんだ。
引用:プログラマyasuhoの隠れ家

また、SEの仕事はプログラミングだけではありません。

・資料を読んだり話を聞いたりして、顧客の要望を正しく理解する
・どんな物を作ってほしいのか、プログラマ(PG)に分かりやすく伝えるための資料を作成する

このように「伝える・汲み取る」力も重要になってきます。文系で、文章を書くことが好きな方やコミニケーションに自信がある方はSEの素質があるとも言えるかもしれません。

IT業界こそ文系出身者が必要
ちなみに文系出身の人と理系出身の人ではIT業界へ就職した場合、どのような違いがあるのでしょうか。
理系の人の特徴は論理的に考えることが好きで合理性を優先して考えます。
一方、文系の人は相手が示唆することを読み取る能力に長けています。
そのため、文系出身者の多くはお客様の立場や思いを瞬時に汲み取ることができ、
高いコミュニケーション能力を発揮します。
こういった理由から、文系か理系どうかはそれほど重要ではなく、コミュニケーション能力や人間性が
重視されるのです。実際、IT企業では数多く文系出身者を採用しており、
技術職以外にも営業職などで大活躍している人も少なくありません。

必要なのは、技術力より論理的思考

では、反対に文系大学生がIT業界への就職を目指そうと思った時、必要になるスキルはなんだと思いますか?それは、プログラミングスキルなどの技術力ではなく、論理的思考力(ロジカルシンキング)であるといわれています。

▽入門 考える技術・書く技術――日本人のロジカルシンキング実践法

ロジカルシンキングとは、簡単にいうと問題を要素に分けて整理し、結論を導き出すための思考法のこと。この考え方が開発者には重要となってきます。「理由がない直感的な説明が多い」「論理的・明解に物事を説明できない」という方は是非一度、本やインターネットなどで論理的思考について調べてみてくださいね。

結論:未経験・文系でもIT業界で活躍できる

▽キャパでも文系出身SEが多数活躍しています。

これまで、IT業界に興味はあるけど文系だしな〜と足踏みされていた方、ぜひこの機会に視野を広げて様々な会社に遊びに行ってみてくださいね。きっと、あなたが活躍できる環境がそこにはあるはずです。


▽株式会社キャパでは20卒SEを募集しています。

システムエンジニア
20卒SE/秋葉原のキレイなオフィスに来ませんか?新卒社員との座談会開催
ITサービスの提供を通じてお客様のビジネスを成長させる事が、私たちのビジネスです。 Marketing 大半の中小ソフト開発会社は大手SIからの二次請けです。数年前まで、キャパも二次請け開発が中心の会社でしたが、2016年度よりWebマーケティングを自社で運営し、開発案件の殆どをエンドユーザ様から直接請け負う元請け企業にシフトすることに成功しました。 IT系記事が人気のオウンドメディア(https://www.capa.co.jp/blog)は月間20万PVを記録し、毎月多くのお問い合わせをWeb経由で頂いています。 Product Development & Produce 自社サービスの開発や他社とのコラボレーションによる自社サービスの企画・開発を行っています。代表的な自社サービスはCAD製品の「nascaRookie」とスマートフォンに実際のスタンプを押せる「TapStamp」ソリューションがあります。 AI(人工知能) Development これまでの実績としては、自然言語によるPCとの対話を行うPoCを実施しました。 今後も継続してお客様にPoCを提案しつつ有効となった場合には本開発をする流れで進めていきます。 IoT  Development 小型デバイスからドローンの様なデバイスまで様々なデバイスをPCからコントロール、またデバイスから収集される情報を記録する開発を行っています。 開発を通じてBLEやWiFiなどの通信に関する技術やデバイス制御の技術、また現場での活用方法などを習得する事が出来ます。 Rapid Application Development 自動生成ツールGeneXusを利用した高速開発に取り組んでいます。全てを自動生成で開発するのではなく、自動生成出来る所はGeneXusに任せ、GeneXusがカバーできない高度な実装はプログラマーが実装する住み分けを行い、プログラマーにはより高度な技術習得に集中できる環境を目指しています。 CAD Development CAD(製図ソフト)製品のカスタマイズ開発を中心とした受託開発に取り組んでいます。 お客様のご要望を聞きながら図面管理、自動作図、図面解析などの業務効率を改善するためのソリューションを提供しています。 大手製造業様と取引することも多く、要件定義からテストまで一貫して開発を行っております。 VR/AR Development 弊社はCADエンジニアが多く、そのノウハウを生かし製造業、建築業に向けたVR/ARシステムを開発しています。 最近では、コンシューマー向けのご相談も頂いております。
株式会社キャパ
システムエンジニア
体育会系苦手な方歓迎!自由度が高い環境で働きたいSEをWanted/21卒
※新型コロナウイルス感染症への対策について 新型コロナウイルス感染症対策として、当社では全ての従業員が原則出社を自粛し、テレワーク(在宅勤務)を実施しています。 上記に伴い、会社説明会・面談・面接すべてオンラインで対応させていただきます。 ご理解・ご協力をお願い申し上げます。 キャパは、お客様のご要望に合わせソフトウェア(CAD関連/業務システム中心)を開発するBtoBの受託開発をメインビジネスとしています。 最先端技術に挑戦するベンチャー思考と大手企業に負けない福利厚生で社員をサポート! 「ベンチャーと大手のいいとこどり」それがキャパの魅力です。 ▽10秒で分かる、キャパの事業内容と特徴 ・CAD、BIM/CIM、AR/VR、IoTなど新規参入障壁が高い技術を得意としています ・CADが強みのため、クライアント企業様は製造業・建設業の比率が高いです。今後はIT化の遅れている建設業により注力する予定です ・自社でマーケティングを運営し、IT系記事が人気のオウンドメディア(https://www.capa.co.jp/blog)は月間25万PVを達成。毎月多くのお問い合わせを頂いています ・マーケティングが強いから、メイン事業であるCAD・業務システムの受託開発の一次請け比率は5-70%を誇ります。大手企業様と直接取引することで、要件定義からテストまで一貫して開発を行っています ・本社が東京で従業員数100~200名規模の受託開発ソフトウェア業企業415社のうち、CADの受託開発を行なっている企業は9社、BIMの受託開発を行なっている企業は1社しかありません。経営方針である差別化で高収益を狙う「ブルーオーシャン戦略」を実行することで、業界内で独自のポジションを確立することに成功しています。コロナ禍ではありましたが、高いアサイン率を維持し、安定して売上をあげています。 ★詳しくは特設リクルートサイト内、採用ピッチ資料にて公開しています。ぜひご覧ください https://recruit.capa.co.jp/information-about-the-company/
株式会社キャパ
株式会社キャパでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社キャパからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?