新入社員が他己紹介ワークで同期にインタビュー〈vol.2〉

こんにちは、キャパの大塚です。
前回に引き続き、他己紹介ワークでの新入社員インタビュー記事です✨

今回は女性エンジニアの佐藤さん、川名さんペアです。前回の記事はこちら↓


3人目:川名さんが佐藤さんについて書いてくれました!

(内定者懇親会にて📷↓右から2番目 佐藤さん)


◆プロフィール
神奈川県相模原市出身。東京工芸大学芸術学部インタラクティブメディア学科を卒業。

◆趣味・特技
趣味はアニメ、ゲーム、漫画。特技は新体操(幼稚園から高校まで)

◆大学生活について
インタラクティブメディア学科はメディアを全般的に扱う学科で、最初は3CG等の映像、デザイン、グラフィック、少しのプログラミングを学んだ。
そこからweb等に興味を持ちインターンに参加。座学も楽しかったが、アウトプットすることが更に楽しかった。自分が満足するアートをがむしゃらに制作する日々だった。
大学生活で一番の思い出は3年生の時、ぜミのグループ制作にてメディアアート作品をゼミの展示会で出したこと。忙しくて(アルバイト、インターン:webデザイン、コーディング、モデルの経歴書作成など)時間がなくて大変だった。
大学にて泊まりこみしたほど…。3か月前は週3ペース、1週間前はずっと泊まり込みするほどでした。
実際に作った作品名は「三原混色」という作品で、色の混ざり方をモチーフとした、正方形の箱を動かすと映像が流れるという作品。佐藤さんはそのうちのシステムとテーブルを作ったそう。

◆エンジニア職に興味を持ったきっかけ
高校の頃にHTMLとCSSを触ったことから、webに興味を持ち始め、大学にてプロセッシング(javaで描けるデザインツール)によって制作が簡単にできることに感動した。
プログラミングでのものづくりに興味を持ち、デザイン自体も好きでしたが、ものづくり過程から最後まで直接自分でやってみたくなったのでエンジニアを志した。

◆なぜキャパに入社を決めたのか
最終選考の社長面接で「今日の私の面接の印象はどうでしたか?」と質問したところ、小甲さんが「すごい真面目な子だなという印象、良いことだと思う」と言ってくださり、
他社の面接では真面目という評価を面白みがないというマイナスの意味でとらえていたが、まじめな印象を社長に買っていただき、
うわべだけではない自分自身を認めてもらえたのが、率直に嬉しいと感じた。

◆会社選びの軸
風通しの良い会社であること、自由な環境も大事だった。

◆就活秘話
面接で緊張しがちでしたが、そのことを友達に相談したところ、アニメ「進撃の巨人」のオープニングテーマ「紅蓮の弓矢」聞いて作品からパワーをもらっていると聞いてマネしたところ、緊張が緩和された。

◆インタビュアーの印象
川名さんの第一印象➡音大と聞いて波長が合いそうと思った。
川名さんの今の印象➡第一印象と変わらない。さらにアニメとか趣味の話ができて嬉しい!

◆あなたにとって同期とは
わきあいあいとした雰囲気で、会社に行くことが楽しく思える同期です。

◆今後の目標
早くプログラミングを取得すること、会社に慣れること。
現在は人手不足だが、これからエンジニアが飽和状態になり競争が激しくなった時には「戦えるエンジニア」になりたい!

4人目:佐藤さんが川名さんについて書いてくれました!

(新人歓迎会にて📷↓左 川名さん)


◆プロフィール
生まれは愛知県一宮市。育ちは千葉県。
親の転勤で8回引っ越した。(鎌倉、大阪、千葉内、愛知)
大学は上野学園大学音楽学部音楽学科器楽コースフルート専攻

◆趣味と特技
趣味は映画鑑賞。ボヘミアンラプソディは12回観に行った(笑)。好きなアニメは宝石の国。
特技は長年続けていたフルート。

◆大学生活について
一番の思い出は3回イタリアにフルートを学びに行った。サレルノは2回(大学の人たちと一緒に)、ミラノ(プライベート研修)
フルートの本場で肌で学べた。より音楽と向き合えたので、異国で人間的にも音楽的にも成長できた。
帰国後、友達にたくましくなったといわれて人間力がついたと思う。

◆大学生活
シビアな世界だった。音楽とより向き合えると思ったが、自分の付加価値を求めすぎることがあった。演奏できることは当たり前。
授業は師匠と門下生の関係。一人の先生のもとにつく。個人レッスン週一。座学(音楽会のうらかたしごと、企画、アートマネジメント)。練習
コンペに参加。渋谷の某ホールで指揮者さんの演奏会の企画の流れ、全体。その時ビジネス的なことを学んだ。

◆エンジニア職に興味を持ったきっかけ
幼いころからPCを触っていたて、小学生からブログを作った。楽しかった思い出。
音大では就活する割合は少なく、自分も留学志望だったが、就活しようと思ったのは自分の価値を上げたいと思い、働かなくてはと思った。
PCを幼いころから触っていた経験からエンジニアが魅力的に映った。職人気質があるから、向いていると思った。

◆キャパに決めたきっかけ
バイトもいいと思ったが、Wantedlyでキャパを見つけた。
受けてみたら、音楽をやっていたことを受け入れてもらえた。他社では音楽からエンジニアに移ることに否定的な意見を受けることが多かった…。
また、感動を与えるというキャパの経営理念に共感できた。

◆会社選びの軸
エンジニアの勉強しやすい環境。音楽を続けたいのでワークライフバランスが取れることも重要だった。

◆就活秘話
始めたのは4年の秋。新しいことに挑戦したかった。

◆インタビュアーの印象
佐藤さんの第一印象➡芸術学部がいてよかった!シンパシーを感じた。
佐藤さんの今の印象➡今も変わらず、頼りの存在

◆あなたにとって同期とは
まだわからないことも多いが、和気あいあいとした雰囲気でとても嬉しい!距離感が丁度いいと思っている。

◆これからの目標、展望
0からのスタートだから、エンジニアの同期についていけるように頑張りたい。頼れる人になりたい。
遊びも仕事も全力で取り組み、成長していきたい。

いかがでしたでしょうか?既に仲良しな新入社員たち…✨研修後、一緒に働けるのが楽しみです!

キャパでは20卒採用を行っています。秋葉原のオフィスにきてみませんか?

株式会社キャパ's job postings
Anonymous
93d3f88b 50ae 4e1a 95a0 ef959ab2721e?1538534578
1 Likes
Anonymous
93d3f88b 50ae 4e1a 95a0 ef959ab2721e?1538534578
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon