1
/
5

IT業界と無縁だった僕が世界15カ国を回り、エンジニアという職業に魅了された話

初めまして、こんにちは!

今年の4月からキャパに入社いたしました、平林拓朗です。今後はエンジニアとして成長して会社に貢献していきたいと思っています。

今回は私の初更新記事として簡単な自己紹介をさせていただきたいと思います!

Profile

平林拓朗
1997年11月10日生まれ
東洋大学ライフデザイン学部健康スポーツ学科卒業
旅行好き(世界15か国20都市を大学在学中に行きました!)
結婚式のアルバイトを4年間継続し最高の仲間たちと経験を得ました。
チャレンジ好き(3か月のアメリカ留学・ヒッチハイク・海外一人旅など)

以上が簡単な自己紹介なのですが、この記事ではエンジニアやIT業界と無縁そうな私がなぜキャパに入社することになったのか、その経緯を簡単にご紹介させてください。

私の大学生活


私は大学2年生まで、大学生になってから頑張ったと誇れることが結婚式場のアルバイトを大学1年生から続けていて、俗にいうバイトリーダーと言われるものをやっていることしかありませんでした。

さらに将来何になりたいのか、自分が何をしたいのかをずっと考えていても思いつかないような大学生でした。小学生から高校生まではサッカーを続けていたこともあり、大学生活の日々に張り合いを感じられていませんでした。

その中で元々興味があったアメリカ留学に挑戦することを大学2年生の冬頃に決め、学校の留学プログラムで行ったため時期は1年後の大学3年生の9月からでした。そこで3か月という短い期間ではありますが様々な良い経験や価値観が変わるようなことを多々経験しました。

そこから留学に挑戦してやりきったことで自信が生まれ、新たな価値観を知ることや知見を広げるため、帰国後の大学3年生の2月ハワイへ2週間一人旅や、大学4年生のGWに東京から神戸と広島までのヒッチハイク、夏休みのヨーロッパ3週間一人旅、春休みのアフリカ2週間旅と新しいことにチャレンジすることへのハードルが下がり、どんどんやりたいところや行きたいところに行き学生が終わりました!

エンジニアを目指した理由と出会い

先ほど記述した留学中のホストマザーがテクニカルライターとして家の中で自由に働いていたのを見て、私は衝撃を受けました。私はスーツも着たくないし満員電車にも乗りたくないと考えていたからです。

そこから留学中や留学後も日本でもそのように働けるような仕事を探しつつもワーキングホリデーに行って英語をもっと伸ばしたり、多様な価値観に触れたいとも考えていました。そう思いながら色んな縁もあり行った、ハワイでアメリカのIT企業に属しながらリモートワークをしているカナダ人エンジニアの方と仲良くなり、話を聞くうちに自由な働き方と今世界的にエンジニアが必要とされている現状を踏まえてエンジニアになることを決意しました。

キャパに入社を決めた理由とこれから

私がキャパに入社することを決めた理由は3つあります。

まず1つ目はエンジニアとして人として成長できる環境があると感じたからです。入社後の社会人としての研修やプログラミング研修などが3か月に渡ってあること、皆さんが当たり前のように使っているAppleやGoogleが生まれたシリコンバレーやLAに行けるので、最先端の技術に触れるのが今から楽しみで仕方ありません!

次に2つ目は自由な職場環境です。服装は私服OKや、出勤や退勤はフレックスタイム制など私が嫌がっていたことは全て解消されました!(笑)そしてそれ以外にも残業時間が少ないことや有休の制度や夏休み、年末年始の休暇などプライベートも充実させられそうです!

3つめは社員の方々の人柄です。説明会の時からすべての面接、さらに社員の方々のブログから人の良さが本当に感じられました。そして説明会と面接の際は自分が話すことに興味を持っていただけていることを肌で感じてとてもアットホームでした!そして無事内定をいただいた後も本当に皆さんによくしていただいています。

入社してまだ間もないですが、温かく受け入れていただいたこと、そして今まで私に関わって成長させていただいた方々に感謝して日々精進していきたいと思います。そして一日も早く会社に貢献できるような人材になり、多くの人のためになるサービスを創造したいと思います!!

入社1年目の平林拓朗からでした!ありがとうございました!

株式会社キャパ's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more