1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

私の素敵な同期、よっちゃんこと山内君について

はじめまして、株式会社CAPAにて21卒新入社員として4月から勤務しております岡崎です。今は採用担当者である阿部さんと9人の同期と一緒に研修を受けています。この記事は、「お互いを知る」というテーマで山内さんにインタビューし、まとめたものです。実は、山内君は昨年の内定者懇親会には参加しておらず、入社日に初めてお会いしました。顔なじみの人とあいさつをする中、「彼にはどのように話しかければいいのだろう」と葛藤していました。しかし、研修を受けるにつれて彼が気さくで話しかけやすい人であったこと、そして私以上に多くのことに関心を持ち、将来を考えていることがわかりました。よっちゃんについて掘り下げていきます。

よっちゃんの趣味について

よっちゃんの趣味は映画鑑賞を含んだ映像コンテンツを観ることです。最近ではモンスターハンター、エヴァンゲリオンを映画館で観たそうです。音響や映像美、雰囲気を味わうために映画館へ足を運ぶそうです。好きな映画を大迫力の画面で観たいという気持ちは私も共感することができました。「社会人になったら映画は学生料金で観られなくなるけど、それについてどう思う?」という質問には「自分が投資する対象に金額は気にしない」という返事がきました。大人。

学生時代に取り組んでいたこと

よっちゃんの学生時代はインタビューすると色々なものに触れているなと感じました。サッカー、バイオリン、剣道、ゴルフなど幅広い分野に精通していました。私自身も多趣味である自負はあったのですが、彼には及ばないと感じました。そして特筆すべきはいずれも幼少期から長く続けていた点です。インタビューするとこれらの習い事は自分がやりたいと親に進言したものだそうです。幼少期の習い事は親の意向でやらされるものだと思っていた私にとって彼の言葉は意外でした。また自分からやりたいといった以上、簡単には休まないこと、嫌なことがあっても辞めないマインドで習い事に励んでいたそうです。この経験は仕事をするうえで必要になる「顧客の立場になって責任をもって業務にあたる」という点で活きるのではないだろうかと思いました。

大学生になったよっちゃんはネットワーク情報学部において映像メディア、情報メディアについて専攻しました。勉強した成果として所属する大学のCMや小学生が勉強に関心を持ってくれるために、理科の授業でプロジェクションマッピングを用いるなど学んだ内容を積極的にアウトプットしていました。この大学での学びがよっちゃんの就活、ひいてはCAPAへの入社へ繋がることになります。

よっちゃんの就活

よっちゃんはもともと興味があった広告系の企業と大学で学ぶうちに魅了されたVRやARなど様々な仮想空間技術を駆使したXR技術を手掛けているIT企業を見ていました。しかし、XR技術を用いる会社での新卒採用はほとんど存在せず、途方に暮れていました。あきらめていた時にWantedlyを通じて選考案内が来た企業がCAPAでした。CAPAではVR技術はもちろんのこと、会社のことをより多くの方に知ってもらうために情報発信、メディア運営をしていることを知り、彼は入社を決意しました。彼がやりたい2つを両方兼ね備えている企業でしたから、喜びは大きかったでしょう。就活は学生が企業へ赴き知ってもらうのが慣例ですが、彼の場合は逆です。まさに運命的な出会いだと思いました。

よっちゃんの目標について

よっちゃんに今後の目標について聞いてみました。彼はマーケティングを通して新規事業を立ち上げる時、エンジニアの人に理解を得られるよう円滑な関係づくりを心掛けるとともにCAPAのいいところを情報発信しファンを増やしたいと語っていました。素敵。

研修について思うこと

よっちゃんに研修についての感想を聞いてみました。真っ先に聞かれたのは「丁寧な研修でびっくりした」でした。確かに、新卒9人のために「ここまでするのか」と思うくらい手厚いなと感じています。阿部さんをはじめ、多くの社員の方が新卒である私たちのために動いてくれているのだなと思うと感謝の思いでいっぱいです。恩返しできるように頑張ります。

同期について

同期についてどのような印象を抱いているか聞いてみました。彼は「外部のマナー研修あたりから1人1人のキャラが強烈であることに気づいた」と言っていました。確かに、入社日と比べて日がたっていますし、素が出てきたのでしょう。面白くないギャグを言っても笑ってくれる人、手荒く突っ込んでくれる人…。良い同期に恵まれたと感じています

インタビュアー岡崎について

最後に、よっちゃんにインタビュアー岡崎についてフィードバックしてもらいました。「簡潔に、そしてシンプルな質問で回答しやすかった」とお褒めの言葉をもらいました。私はよっちゃんをインタビューして感じたのは質問に対して丁寧に返してくれるな、ということです。こちらが質問しなくても多くのことを話してくれたので助かりました。

最後に

以上がインタビューになります。私より思慮深く、大人な人だなと思いました。これからもよき同期として関係を築けたらと考えています。

株式会社キャパでは一緒に働く仲間を募集しています
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう