1
/
5

脱・無い内定!就活生が主導権を握って企業を選ぶ3つの方法

みなさんこんにちは。秋葉原のシステム開発会社、株式会社キャパの採用担当阿部です。

今回は採用担当らしく、「無い内定」を防ぐ!効果的な就職活動について私の考えていることをご紹介したいと思います。

前提:「何のための就職活動なの?」入社することが人生のゴールではない。

就職活動を始める前に、何のために時間とお金(リクルートスーツやバッグに靴、交通費など地味にお金がかかります。)をかけて就職活動をするのかを自分の中で明確にすることをオススメします。

大学などでは当たり前のようにある時期になると就活準備講座就活意識調査などが始まるので、特にその理由を考える間も無く就職活動をスタートする人も少なくないように思います。「学校を卒業したら、就職するもの」これが常識であるとも言える昨今だからこそ、多くの人が疑問を持たずに就活に挑むことはある意味当たり前のことかもしれません。

しかし、冷静になって考えてみれば学校を卒業した後の進路の選択肢は、何も正社員として勤めることだけではないのです。

・起業

・大学院へ進学する

・フリーター

・留学

・結婚

などなど、あなたには「就職すること」だけが選択肢でないことも事実です。その上で「よし!就活しよう!」と決めたならば、何のために就職するのか一度考える時間を作ってみて下さい。それは、「やりたいことをやるため」「安定した生活を送るため」「夢を叶えるための通過点として必要」「親を安心させるため」何でもいいと思うのです。「就活を成功させることが人生のゴールではない」という認識があることが重要です。これを考えたことのある人/ない人とでは、「仕事をする」ということに対する価値観が大きく違います。そしてその価値観は、直接的でなくとも就活で問われる機会が非常に多いものでもあります。

1.「この仕事しかやりたくない!」は危険。その理由を深堀りできますか?

思うように内定をゲットできない人の共通点として、「目指す業界・職種が限定的すぎる」ことがあると思います。「絶対ここに入りたいんだ!」という強い意志は就活において強みにもなりますが、その思考が強すぎてしまうことも考えものです。あなたが将来やりたいことは、本当にその会社でないと実現できないことだと言い切れるでしょうか。そこに迷いがあると、その目的は「入社すること」だけである可能性が高いといえます。どんなに強く憧れ念願叶って入社した会社でも、学生の頃見聞きしていたことと実際に入社し自分が体感してみるのとでは、絶対に多少もしくは大きな誤差があります。「入社すること」が目的だと、そうしたギャップに遭遇した時にそれでもその会社で頑張る理由を見出すことは難しくなってしまいます。大卒の3年後離職率は31.9%というデータもあるように、入社した会社でその後の人生が決まる、なんて人は決して多くないのです。広い視野で就活を行うことが、「自分で会社を選ぶ」ための重要なキーだと思います。


2.「就活Howto本」「先輩の体験談」を鵜呑みにしない


個人的に、これらはあまり意味を持たないと思うからです。もちろん、すべての人に同じことが言えるわけではなく、「これまでアルバイトの経験が一度もない」「着席の仕方や敬語の使い方などに自信がない」という方は就活のHowto本にも目を通した方がいいと思います。それでも目を通す程度をオススメするのは、企業の担当者はだいたいそんなこと気にしていないからです。人並みに常識がある方なら、誰もがやっているような経験/志望動機より、その人が積み上げてきた経験やこれからのビジョン自社とのマッチングに重きを置く採用担当者がほとんどだと感じます。就活では就活のために準備した数ヶ月ではなく、あなたがこれまで生きてきた20数年間を見られていると思って下さい。Howto本に頼ったESや面接ではなく、あなたらしい答えを採用担当は求めています。先輩の話を鵜呑みにしないほうがいいのも、理由は同様です。「先輩がこう言って採用になった!」からといって同じ書き方/答え方をしてもあなたが採用になるとは限りません。就活のスケジュール感や現状など、先輩の意見を参考にすべきところと、そうでないことは線引きをつけるように心がけることをおすすめします。


3.社会人に「ビジネス」で張り合うべからず!謙虚な気持ちを大切に



私の話になりますが、私はキャパに入社する前高校を中退してから、いくつかの会社で働いた経験がありました。そのため、面接などではそうした社会人経験を自身の売りとして捉え、自己アピールとして話すようにしていました。これは今になってわかることですが、学生の頃のアルバイトやインターン経験と「社会に出て正社員として働くこと」は責任も、自覚も、重圧も、何もかもが違います。これまで何らかのビジネスに参画したことのある経験は素晴らしいものですし、それを自己PRとしてアピールすることは問題ないのですが言い方には十分な注意が必要です。あなたの目の前にいる面接官は、社会人としてもあなたの先輩であり、その業界や会社をあなたよりも知る先輩です。自分の経験や知識をアピールすることに気をとられるあまり、面接官などと張り合ったりすることは避けましょう。学生の皆さんに対し、知らないことが問題であると考える面接官はほとんどいないはずです。「今はあまり知らないけれど、これから知っていきたい」という謙虚さを持ちながら自身の強みをアピールできる方法/言い方を考えるのが得策です。



いかがでしたか?

これから就活をスタートさせるみなさんは、以上の点を意識するだけでも面接官により良い印象を与えることができると思います。

「企業があなたを選ぶ」のではなく「あなたが企業を選ぶ」就職活動をするために、ちょっと意識してみてほしい3点でした。

それでは、また!


▽あなたのことを聞かせて下さい!業務拡大につき、幅広い職種で仲間をWanted


セールス・事業開発
<第二新卒歓迎>飛込みなし!有名企業への提案営業にチャレンジしたい方を募集
ITサービスの提供を通じてお客様のビジネスを成長させる事が、私たちのビジネスです。 Marketing &amp; Sales 大半の中小ソフト開発会社は大手SIからの二次請けです。数年前まで、キャパも二次請け開発が中心の会社でしたが、Webマーケティングを自社で運営し、開発案件の殆どをエンドユーザ様から直接請け負う元請け企業にシフトしました。プログラムの開発だけではなく、マーケティングやデザイン、そして御用聞きで無い提案型の営業が、弊社のコア業務です。毎月、大手優良企業様が新規のお客様として増えています。 Product Development &amp; Produce 自社サービスの開発や他社とのコラボレーションによる自社サービスの企画・開発を行っています。代表的な自社サービスはCAD製品の「nascaRookie」とスマートフォンに実際のスタンプを押せる「TapStamp」ソリューションがあります。 AI(人工知能) Development IBM Watson やAzure Machine Learning等を用いて業務の効率化や生産性アップを目指したシステム開発を行います。Visual Recognition APIやOpenCVを用いた画像解析APIを用いたシステムの開発も行います。例えばInstagramの大量の写真から自社商品を探すといったシステムを開発します。 Mobile Development BtoBおよびBtoC向けのiPhone/iPad、Androidアプリケーションの受託開発を行っています。クライアントの大半はエンドユーザ様で、企画・提案からUI/UX設計、開発、運用・保守まで一貫したサービスを提供しています。 Web Development 社内で利用する業務用システムやECサイトなど、多くのWebシステムを開発しています。主な開発言語はPHPです。今後はPython、Rubyの利用も計画しています。 エンジニア不足(いわゆる2015年度問題)となっている大型案件が終了した後は、多くのJAVAエンジニアが市場にあふれる可能性が高いため、JAVAエンジニアからPython、PHP、Rubyエンジニアへのシフトを積極的に行っています。 Rpid Aplication Dvelopment 自動生成ツールGeneXusを利用した高速開発に取り組んでいます。産業革命の工場と同様にアプリケーション開発も手作業のプログラミングから自動生成ツールでの開発にシフトしていくことでしょう。未来のアプリケーション開発を先取する先進性と先見性を持っています。 CAD Development 自社製品の「nascaRookie」をベースにした受託開発やCADのデファクトスタンダードであるAutoCAD関連の受託開発を行っています。 AR/VR・画像解析 CAD開発で培った技術をベースにAR/VRアプリ開発や画像解析を用いたアプリを開発しています。
株式会社キャパ


VR×CAD開発エンジニア
VR×CAD開発の最先端分野に転身したいエンジニア募集~CAD35年の実績
ITサービスの提供を通じてお客様のビジネスを成長させる事が、私たちのビジネスです。 Marketing &amp; Sales 大半の中小ソフト開発会社は大手SIからの二次請けです。数年前まで、キャパも二次請け開発が中心の会社でしたが、Webマーケティングを自社で運営し、開発案件の殆どをエンドユーザ様から直接請け負う元請け企業にシフトしました。プログラムの開発だけではなく、マーケティングやデザイン、そして御用聞きで無い提案型の営業が、弊社のコア業務です。毎月、大手優良企業様が新規のお客様として増えています。 Product Development &amp; Produce 自社サービスの開発や他社とのコラボレーションによる自社サービスの企画・開発を行っています。代表的な自社サービスはCAD製品の「nascaRookie」とスマートフォンに実際のスタンプを押せる「TapStamp」ソリューションがあります。 AI(人工知能) Development IBM Watson やAzure Machine Learning等を用いて業務の効率化や生産性アップを目指したシステム開発を行います。Visual Recognition APIやOpenCVを用いた画像解析APIを用いたシステムの開発も行います。例えばInstagramの大量の写真から自社商品を探すといったシステムを開発します。 Mobile Development BtoBおよびBtoC向けのiPhone/iPad、Androidアプリケーションの受託開発を行っています。クライアントの大半はエンドユーザ様で、企画・提案からUI/UX設計、開発、運用・保守まで一貫したサービスを提供しています。 Web Development 社内で利用する業務用システムやECサイトなど、多くのWebシステムを開発しています。 エンジニア不足(いわゆる2015年度問題)となっている大型案件が終了した後は、多くのJAVAエンジニアが市場にあふれる可能性が高いため、JAVAエンジニアからC#、Python、Rubyエンジニアへのシフトを積極的に行っています。 Rpid Aplication Dvelopment 自動生成ツールGeneXusを利用した高速開発に取り組んでいます。産業革命の工場と同様にアプリケーション開発も手作業のプログラミングから自動生成ツールでの開発にシフトしていくことでしょう。未来のアプリケーション開発を先取する先進性と先見性を持っています。 CAD Development 自社製品の「nascaRookie」をベースにした受託開発やCADのデファクトスタンダードであるAutoCAD関連の受託開発を行っています。 AR/VR・画像解析 CAD開発で培った技術をベースにAR/VRアプリ開発や画像解析を用いたアプリを開発しています。
株式会社キャパ


RADエンジニア
プログラミングより要件定義で活躍したい自動生成ツールエンジニア募集
※新型コロナウイルス感染症への対策について 新型コロナウイルス感染症対策として、当社では全ての従業員が原則出社を自粛し、テレワーク(在宅勤務)を実施しています。 上記に伴い、会社説明会・面談・面接すべてオンラインで対応させていただきます。 ご理解・ご協力をお願い申し上げます。 キャパは、お客様のご要望に合わせソフトウェア(CAD関連/業務システム中心)を開発するBtoBの受託開発をメインビジネスとしています。 最先端技術に挑戦するベンチャー思考と大手企業に負けない福利厚生で社員をサポート! 「ベンチャーと大手のいいとこどり」それがキャパの魅力です。 ▽10秒で分かる、キャパの事業内容と特徴 ・CAD、BIM/CIM、AR/VR、IoTなど新規参入障壁が高い技術を得意としています ・CADが強みのため、クライアント企業様は製造業・建設業の比率が高いです。今後はIT化の遅れている建設業により注力する予定です ・自社でマーケティングを運営し、IT系記事が人気のオウンドメディア(https://www.capa.co.jp/blog)は月間25万PVを達成。毎月多くのお問い合わせを頂いています ・マーケティングが強いから、メイン事業であるCAD・業務システムの受託開発の一次請け比率は5-70%を誇ります。大手企業様と直接取引することで、要件定義からテストまで一貫して開発を行っています ・本社が東京で従業員数100~200名規模の受託開発ソフトウェア業企業415社のうち、CADの受託開発を行なっている企業は9社、BIMの受託開発を行なっている企業は1社しかありません。経営方針でもある「差別化で高収益」を実現し、3年連続増収増益を達成しています ★詳しくは特設リクルートサイト内、採用ピッチ資料にて公開しています。ぜひご覧ください https://recruit.capa.co.jp/information-about-the-company/
株式会社キャパ


WEB&モバイルエンジニア
WEBアプリ・スマホアプリなど有名企業のアプリを開発したいエンジニア募集
※新型コロナウイルス感染症への対策について 新型コロナウイルス感染症対策として、当社では全ての従業員が原則出社を自粛し、テレワーク(在宅勤務)を実施しています。 上記に伴い、会社説明会・面談・面接すべてオンラインで対応させていただきます。 ご理解・ご協力をお願い申し上げます。 キャパは、お客様のご要望に合わせソフトウェア(CAD関連/業務システム中心)を開発するBtoBの受託開発をメインビジネスとしています。 最先端技術に挑戦するベンチャー思考と大手企業に負けない福利厚生で社員をサポート! 「ベンチャーと大手のいいとこどり」それがキャパの魅力です。 ▽10秒で分かる、キャパの事業内容と特徴 ・CAD、BIM/CIM、AR/VR、IoTなど新規参入障壁が高い技術を得意としています ・CADが強みのため、クライアント企業様は製造業・建設業の比率が高いです。今後はIT化の遅れている建設業により注力する予定です ・自社でマーケティングを運営し、IT系記事が人気のオウンドメディア(https://www.capa.co.jp/blog)は月間25万PVを達成。毎月多くのお問い合わせを頂いています ・マーケティングが強いから、メイン事業であるCAD・業務システムの受託開発の一次請け比率は5-70%を誇ります。大手企業様と直接取引することで、要件定義からテストまで一貫して開発を行っています ・本社が東京で従業員数100~200名規模の受託開発ソフトウェア業企業415社のうち、CADの受託開発を行なっている企業は9社、BIMの受託開発を行なっている企業は1社しかありません。経営方針でもある「差別化で高収益」を実現し、3年連続増収増益を達成しています ★詳しくは特設リクルートサイト内、採用ピッチ資料にて公開しています。ぜひご覧ください https://recruit.capa.co.jp/information-about-the-company/
株式会社キャパ
株式会社キャパでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング