1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

無料・無制限の適性検査を提供しています
スマートフォンでも受検が可能です!
 学生と人事担当者の負担を減らし、新卒採用にかかる社会的コストを大幅に下げたい、我々が常に考えていることです。では、どうすれば、学生と企業の負担が減り、お互いフィット感を感じる出会いをつくることができるか。その1つの答えが、適性検査を使って企業と学生との間を橋渡しするというサービスです。  これらの仕組みにより、学生は自分と似た検査結果の社員が活躍していることを知れば、学生の会社選びの方法が変わるかもしれません。このビジネスを広げることで、一部の人気企業に応募が殺到し、学生も企業も疲弊する状態を変えたいと真剣に考えています。現在、多くの企業に対して目指す世界観をお伝えし、賛同する企業を増やしています。

なぜやるのか

 企業側と学生側の就職でのミスマッチを実感しているためです。誰もがこれは感じているもの。ベストな解決策は難しくとも、よりベターなものを世の中に出していくことで、よいものが残っていく。そんなことを考えると、志が同じ仲間とスピード感を持って進めていった方がよいと考え、このビジネスを始めました。  例えば、なぜ学生は多くのエントリーシートを、膨大な時間をかけて作成しなければならないのか。なぜ企業はあんなにも多くのエントリーシートを、膨大な時間をかけて読む必要があるのでしょう。本当にエントリーシートは必要なのでしょうか。もし形式的なものであれば、我々はエントリーシートをなくしたほうがよいと考えています。しかし、なくならないのはなぜか。その理由の1つが適性検査が高額だからです。1人の学生の採点するのに数千円、高い検査だと5,000円程度します。これでは、選考の初期段階に検査を導入できるのは予算のある一部の大企業になります。この課題に対する我々の答えが検査の無料化です。私たちはある適性検査を大学入試センター試験のように何かの機会に一度、すべての学生が受けることができれば、学生も企業も多くの時間を使わず、さらにはよりお互いにフィット感を感じる就職が可能になるはずだと考えました。それを信じて、私たちはこの会社を立ちあげ、採用活動・就職活動を変える意気込みで頑張っています。