1
/
5

今も、これからも、面白い人であり続けたい

今回は2019年卒のPSF生である、笑顔が素敵な鈴木さんのお話を伺っていきたいと思います!!

PSFに入ったのはいつ頃ですか?また、PSFに入った経緯を教えてください!

僕がPSFに入った時期は、3年生の11月でした。しかし、長期インターンをやろうと決心したのは3年生の春からでした。主にその理由は、学生時代にチカラを入れたネタが欲しかったからです。ですが、wantedlyやinfraなどに掲載している多くの会社はそのまま社員として採用する所が多くて、ミスマッチが発生していました。そんな時に、採用目的ではなく学生に教育を重視しているPSFと出会って入ろうと決心しました。



PSFにインターン生として入り、その後、主に営業活動に取り組まれた鈴木さんですが、何か入る前とのギャップなど感じたことはありましたか?

正直、テレアポの厳しさには驚きました。稼働初日、初めてテレアポをしましたがアポイントが全く取れませんでしたね。そこでビジネスの難しさを体感しました。とても悔しかったです。

そこでの課題を乗り越えるため、鈴木さんは何か工夫を重ねましたか?

当時、私は人材業界に興味があったので、人材紹介サービスの案件を運用してみました。そして、自主的に試みた工夫としては、ターゲッティング戦略を元に作り上げたリスト作成です。実際に自分が参加したイベントに出展していた企業を特にリサーチし、リストを作り上げ、ターゲットを決めてテレアポを行いました。その結果、3、4件のアポイントを獲得し、受注にも繋がりました。その時、味わった達成感は忘れられません!

PSFに入って自分の弱点などに気づく機会はありましたか?

テレアポを通して自分が苦手だと感じたことは、未知数な要素に対して柔軟に対応できなかったことです。一度経験していることであれば問題ないですけれど、例えば先方からスクリプトに書いていない例外な質問を聞かれると、上手な返し方ができませんでした。格上の人と話す時は特にかしこまってしまい、はぐらかし方にも悪影響が出がちです。しかし、会社に入ってからも上司と話す機会は沢山あると思ったので、PSFで経験を積み重ねて臨機応変に対応出来るコミュニケーション能力を培うことに努力しました。

鈴木さんは将来どんな人になっていたいですか??

そうですね。ビジネス面では立派なSEになってお仕事に励んでいたいです。現在も大学でプログラミングの勉強をしていて将来のために日々奮闘しています。プライベート面では、自分の趣味である旅行を満喫させながら、日常で関わる人たちを笑わせられる面白い人でいたいです。なぜなら大学に入って色んな人と関わって、面白い人ってなんて魅力的な人なんだと感じました。自分もそんな面白い人でいられること意識して、人生楽しんでいきたいです!

株式会社キャリア・ナビゲーションでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング