1
/
5

【検証】キャスターの謳っている「100人に1人の優秀なアシスタント」の【100人に1人】とは本当なのか?中から検証してみた。

キャスターは、公式サイトで堂々と「100人に1人の優秀なアシスタント」と謳っていますが、正直ちょっと怪しんでいました。

キャスターHP:https://cast-er.com/

ご縁があり入社したので、これを中から検証してみることにしました。

まず、応募者一覧のページがこちら。

(※サマリーのページはもちろんあるんですが、リアリティを出すために生データのキャプチャでいきます!人事の皆さん許可なしにごめんなさい!)

4月初旬は応募が特に多く、4月8日だけでページが埋まる応募をいただいていました。

続いて、4~6月の3ヶ月で検証してみます。応募月を3ヶ月で絞り込んでみました。

カウント1,400件ジャストです!


ここからステータスを「採用」にし、コメント「フロント採用」でソートします。

カウント11名です!

7月現在、すでにオンライン秘書としてバリバリのアシスタントの方が名前を連ねていました!

「フロント」とは・・・お客様から直接チャット等で依頼をいただき、日常的にやり取りをさせていただくアシスタントのことを指します。


結果発表・・・・

1,400人のご応募に対し、採用が11名、採用率0.78%。

4〜6月に関しては、127人の応募に対し、1名の割合で選定されていました!

キャスターの「100人に1人の優秀なアシスタント」は中から検証しても「本当」だったようで、一安心です。

株式会社キャスターでは一緒に働く仲間を募集しています
17 いいね!
17 いいね!
今週のランキング